おすすめの乳酸菌と水溶性食物繊維による腸活サプリ「ねこファイン」

猫サプリメント/モコ

こんにちは!レウです。

さっそくですが、猫には様々な悩み事がありますよね。

猫の目やに、涙やけ、下痢、便秘、嘔吐、毛並み、肥満、食物アレルギー、食欲や元気がない等々。

それらは病気が原因の場合もありますが、その原因がよくわからないってことも多々あるかと。


ネットで色々と勉強したり口コミや掲示板を見て、良いとされるキャットフードに変えたのに期待してた効果が現われず、それらの悩みがまったく解消されないどころか、下痢や嘔吐をしてしまう・・・。

もういったい何が正解なのかわからない・・・

そんな飼い主さんも多いのではないでしょうか?

とは言え、大切な愛猫のこと、そのままにしておくワケにはいきませんよね。

出来るだけのことはやってあげたいものです。


そこでこの記事では、

なかなか改善しない猫のお悩み、ちょっと視点を変えて考えてみよう。

内側から身体環境を整えることで猫の健康を維持しよう。

さらには、様々な病気から猫を守ってくれる免疫力の維持にも期待出来ちゃう。

といったお話。


食物繊維や酵素によって腸内を洗浄、乳酸菌を増やしつつオリゴ糖で効率良く育てることで、猫の腸内環境を健康に保つ。

そうすることで、猫が様々なお悩みから解放され健康を維持、さらに猫に本来備わっている免疫力の維持にも繋がる。

そんな猫用のサプリメントはこれだけで十分なんじゃないかとも思える無添加の猫用腸活サプリメント「ねこファイン」をご紹介します。

サプリメントとは、病気を治療したり予防するような医薬品ではなく、足りていない栄養を補い健康を維持するための栄養補助食品です。

※本記事で使用している愛猫モコとミミ以外の画像は、株式会社ウィズキャットさんよりお借りしています。

乳酸菌と食物繊維は猫にも必要!

ねこファイン/モコ

人間の間では便秘の改善や腸内環境を整える栄養素として、もはやお馴染みと言っても過言ではない乳酸菌と食物繊維。

ですが、乳酸菌はともかく猫は食物繊維の消化が苦手なので、その辺どうなの?って考える方もいるかと思います。

ではどういった理由で、猫にも乳酸菌や食物繊維が必要になってくるのかを書いていきます。

乳酸菌の必要性

猫の腸内にも、もちろん善玉菌、悪玉菌、日和見菌といった腸内細菌が存在しています。

2割が良い影響をおよぼす善玉菌、1割が悪い影響をおよぼす悪玉菌、7割が強い方に味方する日和見菌という割合になっていて、日々善玉菌と悪玉菌がその勢力争いをしているのです。

乳酸菌を含む善玉菌が勢力を維持出来ていれば日和見菌は大人しく静観し、健康を維持する為に必要な物質を作り、消化吸収能力の維持、食物アレルギー症状の緩和、免疫細胞の活性化、便通もよくなる

逆に大腸菌など悪玉菌が日和見菌を取り込み勢力を拡大してしまうと、そういった善玉菌の増加や活動を妨害するにとどまらず、未消化物質を腐敗させ有害物質を放出しお腹の調子を悪くしてしまう

つまり、善玉菌に勢力を維持してもらう為にも、善玉菌の代表格となる乳酸菌は猫にも必要になってくるのです。

ただ、人には人、猫には猫、それぞれ健康を維持するのに必要な乳酸菌の種類は違って来ますので、猫に合った乳酸菌を摂らせるようにした方が良いでしょう。

食物繊維の必要性

猫は肉食動物であるがゆえに、食物繊維は消化しづらい腸の構造となっているので、確かに食物繊維を多く摂り過ぎると消化不良や、かえって便秘になってしまう場合もあります。

ですが、適度な食物繊維は便秘や毛玉ケアといった効果が期待出来るので、まったく必要が無いわけではありません。

食物繊維にも不溶性繊維と水溶性繊維の2種類があり、そのバランスが崩れると便秘や下痢の原因となってしまうのです。

特に不溶性食物繊維はデトックス作用があるものの、水に溶けず水分を吸収する為に猫にとってはうんちを固めてしまう(便秘の兆候とも言えるコロコロうんちになる)作用が大きいので、摂り過ぎには注意が必要です。

一方、水溶性繊維は水に溶けやすく、便通に良いのはもちろんのこと、食後の糖の吸収を緩やかにしてくれたり、乳酸菌など善玉菌のみに栄養源となる為、善玉菌が有利に傾き腸内の健康維持にも期待できます。

食物繊維が含まれる食材には、不溶性、水溶性ともに繊維は含まれているのですが、どちらかと言えば不溶性繊維の割合多くなってしますし、キャットフードなどでは水溶性繊維は摂りづらい傾向に。

良質なキャットフードと新鮮な水だけではダメ!?

猫サプリメント/モコ

良質なキャットフードと新鮮な水を与えることが重要なのに変わりはありません。猫にとってタンパク質が最も重要な栄養素であることも然りです。

ですが、そんな良質だと言われているキャットフードに、食物繊維の割合が記載されていないことにお気づきでしょうか?

当ブログでもキャットフードの記事を書いていますが、食物繊維が多く含まれると謳いつつもその割合については書かれておらず「なんでやねん!」といつもヤキモキしていました。


ちなみキャットフードの成分表にある粗繊維は、酸とアルカリによる煮沸後に残った不溶性食物繊維を示しています。

不溶性食物繊維は便の量を増やし硬くしてしまうので、便秘や下痢、消化不良の原因となってしまう。

つまり、粗繊維というのは純粋な食物繊維の値とはならず、そこを期待して参考にすべき数値ではありませんし、猫の状態などによってはむしろ少ない方が良いということになります。


また、タンパク質の量が多いと、腸が弱っている猫の場合には上手く消化できずに、未消化のタンパク質がお腹に溜まってしまいます。

そんな未消化のタンパク質に悪玉菌が集まり腐敗させ、そこから有害物質が放出される

その有害物質が腸粘膜を炎症させたりして、便の不調や、目やに、涙やけなどのアレルギー症状といった猫にとって悪い影響を及ぼしてしまうのです。


そして、猫は年を重ねれば重ねるほど、腸内環境も老化していきます。それは腎臓とかとも一緒で自然の流れでもあります。

消化・吸収に大きく影響する腸内細菌も然り。

腸内細菌が老化して消化・吸収能力が落ちてしまうと、どんなに良質なキャットフードに変えようとも、どんなに良いサプリメントを与えようとも、そもそも栄養の吸収が上手く出来ないので、それらの効果が発揮されにくくなってしまうのです。


じゃ、どうすりゃいんだよ!」って話ですよね。

ごもっともです。

乳酸菌はなかなか増やせない、ならば育てよう!

猫サプリメント/ミミ

そこでそれらが解決できるかもしれないのが、猫用の腸活サプリメント「ねこファイン」

「え?サプリメント!?」

「消化や吸収能力が落ちていたら、効果薄いんじゃないの!?さっき書いてたじゃん!?」

って思うかと思いますが、「ねこファイン」はただ栄養を与えるだけのサプリメントではなく、猫の体内にいる乳酸菌を育てて、猫本来の腸内環境を取り戻そう!という腸活サプリメントなのです。


先にも書きましたように、腸内が弱ってしまっている猫には、いくら良いキャットフードに替えても効果を得にくく腸内環境もなかなか改善されない

そこでなんとなく思いつくのが、「腸に良いとされる乳酸菌を含む物をいっぱい食べて増せばいいじゃん!」ですよね。

ですが、実は経口摂取した乳酸菌が腸に届くのは1%未満、体外から摂取した乳酸菌は、腸に届くまでに胃酸などで壊されてしまうのです。

なので、猫にヨーグルトなどを食べさせたとしても、かなりの量を食べさせなければ、ほとんど効果が得られない・・・。

だからと言ってあまり多く食べさせるとヨーグルトは脂肪分が多いので今度は太ってしまったり、ミネラル過多となり泌尿器系の病気が怖いorz

また、少し話が逸れますが、ヨーグルトついでに猫の便秘にオリーブオイルを与えるという方法もありますよね。

ただ、その効果は一過性に過ぎず、多く与えすぎるとこれまた下痢を起こしてしまいかねません。

何が言いたいのかと言うと、元から正さなければ意味が無いということです。


そこで「ねこファイン」では・・・

元から猫の体内にある乳酸菌など腸内細菌を強く育てていこうじゃないかっ!

下痢や便秘など様々な原因の元となる腸内環境の健康を守ろうではないかっ!

それが遠回りに見えて一番の近道なんじゃないのかっ!

といったことを目的とするサプリメントとなっているのです。

「ねこファイン」の特徴と腸内環境を健康に保つしくみ

ねこファイン

「ねこファイン」は、徹底した調査と研究、安心の国産で無添加の原料や原産国、獣医さんや専門家が認定する栄養成分といったこだわりから、6つの『育成&ケア』成分が配合されているサプリメントです。

その6つの成分とは、フコダイン、デキストリン、大根、乳酸菌生産エキス、オリゴ糖、セラミド

「ん?何それ?」って感じですが、腸内環境を健康に保つしくみと一緒に詳しく書いていきますね。

①食物繊維と酵素で腸内洗浄

まず、水溶性食物繊維となるフコダインとデキストリンといった2つの食物繊維は、水に溶けやすく腸内でゲル状となり体内のコレステロールなど余分な脂を絡め取って排出してくれます。

さらに、食物繊維だけではなく、消化しにくい物(キャットフードに含まれる穀物由来の物など)の消化を助ける大根の酵素。

それらフコダイン、デキストリン、大根によって腸内の腐敗した食べ物を体外へと排出し綺麗にしていきます。

②乳酸菌で腸内環境を整える

そうやって腸内を綺麗にしたところで、再び腐敗してしまう前に間髪入れず、乳酸菌生産エキスを投入。

乳酸菌は、人には人、猫には猫、といった具合にそれぞれ必要な種類が違うので、「ねこファイン」では16種類もの豊富な乳酸菌を配合し、猫本来の乳酸菌を育てて腸内バランスを整えます。

ねこファイン

ちなみに、16種類というのはヨーグルトの8倍以上になるとのことですよ。

乳酸菌生産エキスは、調整・補給・増進・活性化といった4つの役割を担うという優れもの!

③オリゴ糖で乳酸菌を育てる

腸内が綺麗になり、乳酸菌を育てて腸内バランスを整えたら、その場しのぎでは終わらせず、今度はオリゴ糖にてそれを維持します。

オリゴ糖は乳酸菌との相性も良く、素早く効率的に乳酸菌を育てる働きのある栄養素で、さらに元気に、そして活発な乳酸菌へと育てるのです。

④セラミドで内だけでなく外も綺麗に

最後はセラミドです。

美容関係に詳しい方はお分かりだと思いますが、セラミドは全身の表皮に存在し、角質層にて細胞と細胞の間を埋めている細胞間脂質です。

セラミドを配合することで、その保湿とバリア機能で、猫の表皮を乾燥からしっかりと守ってくれる。

つまり「ねこファイン」は、愛猫を内側だけでなく外側も元気にしてくれるというワケなのです。

腸内環境を整えると免疫力維持に繋がる!?

ここまで、いかにして“「ねこファイン」が腸内環境を健康に保ってくれるのか”について書いて来ました。

実はその腸内環境を健康に保つこと自体が免疫力の維持にも繋がるのです!

免疫力を高めるというサプリメントは数あれど、「このサプリメントはこんな成分が入っているから免疫力を高める!」って言われても、なかなかピンと来ないものですよね・・・。


免疫力を維持させるには「腸」が鍵


ご存知の通り、免疫力とはウイルスや病原菌など外敵から猫の体を守ってくれる大切な細胞(免疫細胞)のこと。

特に子猫や老猫は免疫力が弱く、病気にかかりやすくもなりますので、免疫力の維持は欠かせません。

猫風邪や感染症はもちろん、ひいては癌や猫エイズウイルスに対しても免疫力はとても重要となります。


そんなとても大切な免疫力を、腸内環境を健康に保つことで維持させるとは、いったいどういうことか。


食べ物にはウイルスなど有害物質が付着している可能性が高く、腸はそんな有害物質の攻撃を防いだり排出する役割があるのです。

そんな役割を担っている腸にとって、免疫力(免疫細胞)は欠かせない存在。

腸内には約60~70%の免疫細胞が集中していて、巷では「腸は最大の免疫臓器」とも呼ばれるほどなのです。

さらには、免疫細胞は腸内細菌と闘う(特訓する)ことで活性化してきます。

腸内細菌が増えれば増えるほどに、免疫細胞にとって特訓する相手が増えて、どんどん強くなっていく。


つまり、腸内環境を健康に保つ上に、腸内細菌である多くの乳酸菌を配合し、さらに食物繊維やオリゴ糖で増やし強く育ててくれる「ねこファイン」は、免疫力の維持をサポートしてくれるというわけなのです。

「ねこファイン」は安心・安全が徹底されている

猫サプリメント/モコ

猫が口にするキャットフードなどでも気になる安全面ですが、もちろん「ねこファイン」も安心と安全が徹底されています。

獣医師・専門家からアドバイス

診察歴40年のベテラン獣医師さん、日本ホメオパシー医学会認定獣医さん、オーストラリア認証オーガニックフードメーカー「六つ星PET FOOD EXPERT」取得のペットケアサロンのオーナー(フード専門家)さんのお墨付きってところ。

ねこのきもち等メディア掲載や書籍、セミナーなど多数の実績のある方々からアドバイスを得て「ねこファイン」が開発されたというのは安心に繋がりますよね。

国産・無添加サプリメント

国産であり、危険で不要な添加物は一切使用していない無添加サプリメント。

「いやいやいや、無添加は当たり前でしょ!」と思うかもしれませんが、サプリメントの中には添加物が含まれているものも多いのです。

ちなみに原材料と成分は以下の通り。

原材料
難消化性デキストリン、大根粉末、イソマルトオリゴ糖粉あめ、デキストリン、モズク抽出エキス(フコダイン含有)、乳酸菌生産物質(大豆、乳酸菌)、米抽出物(セラミド含有)
1g(添付スプーン2杯)あたり
エネルギー3.71kg、たん白質0.054g、脂質0.013g、炭水化物0.84g、灰分0.037g、水分0.053g、食塩相当量0.005g

医薬品レベルの徹底管理

製造に関しても「ISO(国際標準化機構)」「GMP(医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準)」の2つを取得した工場で、人間レベルの世界最高水準の品質と安全管理を徹底して製造。

また、製造前段階で成分一つ一つに、生菌数、大腸菌数、ブドウ球菌数の検査、アレルゲン物質や遺伝子組み換えの検査を行い、それら厳しい検査をクリアした成分のみを使用していますよ。

賞味期限も製造日から2年間、手元に届くサプリメントも賞味期限が1年以上あるものになります。

副作用はない

気になる副作用に関しても、サプリメントは栄養(健康)補助食品、つまり食品となりますので、基本的に副作用はありません

ただ、通院中や投薬中の猫に関しては、希に相性が悪い場合もあるので、獣医師さんと相談の上使用してほしいとのこと。

ちなみに「ねこファイン」は子猫から高齢猫まで全年齢対応です。

最も多くの栄養素を吸収する必要のある子猫、便秘や下痢または目やにや嘔吐などの食物アレルギーの症状が見られる成猫、消化吸収能力が低下し食欲不振や元気がなくなりがちな高齢猫、それぞれの腸活におすすめのサプリメントです。

猫に与えやすいふりかけ式サプリメント

ねこファイン

サプリメントと言えば、錠剤であったり固形となる物が多い傾向にありますよね。

その場合、手から直接与えたり、そのままか、もしくは砕いてキャットフードに入れたりすることになるかと思います。

うちの子たちだと、まず手から直接だと匂いを嗅いで終わり、食べてはくれないでしょう。なので砕いて食事に混ぜるしか食べないかなぁ・・・一手間かかるパターン。

猫って好き嫌いも激しいですし、なんでもかんでも食べてくれるって子はなかなかいないからなぁ。


ですが、そんな不安も問題ありません。

「ねこファイン」は、粉状となっていますので、猫が好んで食べている普段の食事、キャットフードにそのままふりかけて与えれることが出来るのです。

これって何気に大きいですよね。

また、キャットフードにふりかけて上手く混ぜてやればちゃんと食べてくれるとは思いますが、初回購入時にはレシピガイドも付いて来るようなので、安心して試すことが出来ますよ。

割引キャンペーン終了で価格が高い・・・

猫サプリメント/モコ

「ねこファイン」では、猫の『新腸活』応援キャンペーンなるものが行われ、これまで割引価格で購入が出来ていたのですが、そのキャンペーンはもう終了してしまったようです・・・。

通常価格の7,980円(税込)での購入のみとなってしまいました・・・。

Amazonなど他のところで少しでも安く買えないかと探してみたのですが、「ねこファイン」を取り扱っているウィズキャットさんからでしか購入することが出来ないようです。(※Amazonはずっと在庫切れ)

ちょっと高いけどそれでも試してみたい!という方は、ウィズキャット公式サイトにてご購入ください。

ウィズキャット公式サイト

う~ん・・・「ねこファイン」の内容はとても良いのですが、この価格ではさすがに、手放しで皆さんにおすすめすることが出来なくなってしまいましたorz

ここまで読んで頂いたのに申し訳ありません(汗)

そこで、「ねこファイン」同様に、腸内環境の健康維持を目的とした他の猫用乳酸菌サプリメントもご紹介していますので、この価格ではちょっと厳しいとお思いの方は、そちらをご覧頂ければと思います。

「ねこファイン」とは少しコンセプトが違うのですが、生きたままちゃんと腸まで届く乳酸菌と、猫が消化を苦手とする穀物や食物繊維などの消化吸収をサポートする植物性酵素が配合されたサプリメントとなっています。

こちらはお得にお試しも出来ますのでおすすめですよ。

安くておすすめ!猫におやつのように与える乳酸菌と酵素の腸活サプリ「毎日爽快」
腸内環境の健康維持に!カツオ味の錠剤タイプなので、おやつのように与えることが出来る完全無添加でしっかり生きて腸まで届く乳酸菌と、消化吸収に優れた植物酵素が配合され、比較的安くお試しもできる猫用の腸活サプリメント「毎日爽快」をご紹介します。

乳酸菌を育てる腸活サプリ「ねこファイン」まとめ

猫サプリメント/ミミ

猫用サプリメント「ねこファイン」の特徴と効果をまとめてみます。

[特徴]

  • フコダイン、デキストリン:水溶性食物繊維で腸内を綺麗に
  • 大根:消化を助ける酵素
  • 乳酸菌生産エキス:16種類もの豊富な乳酸菌
  • オリゴ糖:乳酸菌を育てて増やす
  • セラミド:表皮を乾燥から守る

猫にとって腸内環境はとても大事。

「ねこファイン」に配合されている有効な食物繊維や豊富な乳酸菌によって腸内環境を健康な状態に保てば、本来の消化・吸収能力が発揮されます。

有害物質を放出する腐敗物や余分な脂、キャットフードに含まれる穀物など体内に残すこと無く消化・排出できれば、目やにや涙やけなど食物アレルギー症状にも有効です。

お腹の調子が健康に維持されれば、毛玉がしっかりと排泄できて嘔吐の回数も減り、食欲も戻ります。また、それらが健康な体重管理にも繋がってくる。

つまり、原因が腸内環境にあれば矢継ぎ早に猫の悩み事が解消され健康な状態を維持出来ることになるのです。

猫の腸内環境の健康維持には、手っ取り早く乳酸菌を摂取するだけでなく、強くしっかり育ててあげることが、遠回りに見えて一番の近道なのです。


愛猫の黒くて硬いコロコロした便秘気味のうんこや下痢気味のうんこが、柔らかいバナナ型になればこっちのもの!

それは「ねこファイン」の効果が現われ、猫のお腹が健康な状態になり始めた証拠です。


腸内環境を健康な状態に保ち、猫本来の消化・吸収能力が発揮されれば、なかなか実感出来なかった良質なキャットフードの効果もきっと現われてくる

ひいては、免疫力の維持にも繋がるというのだから、まさに良いこと尽くめです。


そんなおすすめの「ねこファイン」なんですが、割引キャンペーンが終了してしまい、通常価格でしか購入出来なくなってしまったのが、とても残念です。

1回だけとかならまだしも、続けていこうって思うとちょっと厳しい価格ですよねぇ・・・。

さすがにこの価格では厳しいという方は、上記しました他のおすすめ乳酸菌サプリメントなんかもありますので、興味があればそちらをご覧下さいね。