猫歴

猫歴

猫歴♯6:精一杯生き抜いた6年、おっとりのんびり斜頸の黒猫カイくん

我が家にやって来た初の黒猫カイくん。めまいを起こし特発性前庭障害による首が傾いてしまう斜頸の後遺症が残ってしまい、さらには短くて数ヶ月という余命宣告…脳に爆弾を抱えながらも、6年間精一杯に生き抜いてくれた黒猫カイくんについて書き綴りました。
猫歴

猫歴♯5:親猫の愛に包まれ、優しく育った優しい茶色の茶トラ猫チャウ

管理人の猫歴です。5匹目となる茶トラ猫チャウ。家出から無事に生還した愛猫タムと、タムの家出をきっかけにやって来た愛猫ピーの間に生まれた子。タムが流産を繰り返す中、唯一生き残ってくれた子。穏やかで優しい性格の茶トラ猫チャウについて書きます。
猫歴

猫歴♯4:いつも元気で甘えん坊そして食いしん坊だった長毛種の猫ピー

管理人の猫歴です。4匹目となる長毛種の猫ピー。愛猫タムの家出事件をきっかけに運命的にうちにやって来たピー、彼とお別れする日が来るなんて想像もつかなかったほど…元気でちょっとアホな子。食いしん坊でおかんにベッタリな甘えん坊だったピーについてです。
猫歴

猫歴♯3:2ヶ月の家出や出産!僕が猫を語る上で欠かせないサビ猫タム

管理人の猫歴記事。3匹目となるサビ猫のタム。僕が溺愛した子で、タムタムと飛び跳ねていたのでタムと命名。出会った時は瀕死の状態、母猫や兄妹との死別、家猫でありながら2ヶ月の家出(脱走)や出産など様々なことを経験し、タムの猫生は波瀾万丈でした。
猫歴

猫歴♯2:ふわふわもこもこの毛並みで狸のような尻尾、片目のミュウ

管理人の猫歴記事。2匹目となる猫ミュウ。弟が溺愛していた子。生まれつき片目を悪くしていたものの、肌触りの良い毛並みと狸のようなゴージャスな尻尾、他の猫たちに母親、または姉の様に慕われていた子。ミュウとの思い出を出来るだけ書いてみます。
猫歴

猫歴♯1:初めての猫、気高く凜としたペルシャ猫のペルシャ(ペル)

管理人の猫歴記事。我が家で初の猫となったペルシャ猫のペルシャ。犬派だった我が家(家族)を思いっきり猫派に変えた子。はじめての猫、はじめての経験がいっぱい。凜として威風堂々だったペル、そんな彼女について思い出せる限りのことを書き綴ってみます。