ランキングはしない!安全性とグレインフリー中心&安くて安全なプレミアムキャットフード比較

大切な家族でもある猫が毎日食べているキャットフード。

猫たちは物言えぬ子たちです。

特に室内飼いしている猫たちは人間が与えたものを食べるしかありません。

そんなキャットフードの中には、猫の体にとって良くないものなど危険が潜んでいる場合も・・・。

そこで、数多くあるキャットフードの中から、成分表を調べ当ブログなりに厳選したキャットフードの比較表を作ってみました。

当ブログではランキング形式にはしていませんので、表の並びも五十音順にしています。

ご家庭の経済状況や愛猫の体質、状態、好みによってベストなキャットフードは変わってきます。

良くランキング(順位付け)されているサイトを見掛けますが、上位はだいたい一緒、勧めてくるキャットフードも一緒(もう見なくてもわかるレベル)、正直またこれかよ・・・って思ってしまいますもんね。

・・・そんなハズないんですよ普通。

確かに成分表を見る限り、それらも良いキャットフードだと思いますが、正直それらのキャットフードと同等のものは他にもありますし、先にも書きましたように、猫の体質や好みによってどれが一番良いキャットフードなのかは変わって来ますから。

というわけで、当ブログではご自身で比較して選びやすいように、それらも含めて比較表を作ってみました。

とは言え、なんせ数の多いキャットフード、全てのキャットフードを調べ終えたとは言えませんので、お使いのキャットフードなんかとこの表とで比べてみるのもアリかと思います。

愛猫のことはあなたが一番良く分かっているハズです。

あなた自身でよく調べ、家族でもある愛猫に適したキャットフードを選んであげてくださいね。またそのお手伝いとなれたなら、同じ猫と暮らす者として、とても嬉しく思います♪

キャットフードの選定基準

プレミアムキャットフード比較/モコ

格安となるエコノミーキャットフードに関しては、添加物などが含まれる場合が多く安全とは言い切れないのでおすすめしません。

また、ウェットフードも栄養素や価格面などを考えた場合、常食には向いていないので、この記事ではドライフードのみで選んでいます。

メイン食材が肉や魚類でタンパク質が30%以上であること、危険なものがなるべく含まれていないこと、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準に則し猫に必要な栄養素が含まれていることが最低基準。

つまり、その定義は曖昧なのですが、プレミアムキャットフードと呼ばれるモノを中心に選んでいます。

高価なキャットフードではグレインフリーを中心に選び、比較的安価なキャットフードでは1kgあたり2,000円以下でなるべく安全性の高いものを厳選しています。

除外した一例ですが、有名なキャットフードで言えば、ロイヤルカナンには酸化防止としてBHAなど添加物が使われている。シンプリーはオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の割合に違和感を感じた為。サイエンスダイエットはAAFCO(米国飼料検査官協会)の最低基準を満たしていない。などの理由から当ブログでは外させてもらいました。

ただ、これはあくまでも独断と偏見であり、どこを重要視するかにもよりますので、皆さんそれぞれの考え方はある思います。ロイヤルカナンなんかは獣医さんがよく勧めるキャットフードであり、療法食などもありますからね。

なので、当ブログではオススメやランキング形式は取らないことにしたのです。

そもそもプレミアムキャットフードとは?

プレミアムキャットフード比較/モコ

プレミアムっていうからには、高級な食材が使われているってことでしょ?贅沢な食事ってことでしょ?と、その程度に俺は思っていました。

ですが、そうではありません。

特に定義などは無いようですが、主にプレミアムキャットフードとは、着色料や科学薬品、酸化防止剤が含まれず、絶対ではありませんが主に人間が食べられるレベルの原料が使用されたヒューマングレードであり、栄養バランスにも優れているようなキャットフードのことを指すようです。

ちなみに、AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準をクリアしたものをプレミアムキャットフードと呼ぶ場合もあり、その定義はかなり曖昧だったりしますが・・・。

つまり、プレミアムキャットフードは高級(間違いではないですが)というよりも、高品質と捉えた方が良いのかもしれません。

猫にとって無駄だったり危険なモノはなるべく排除され、素材にもこだわり満遍なく栄養素が配合されている。

それがプレミアムキャットフードなのです。

比較表の項目について

プレミアムキャットフード比較/ミミ

[価格]
あくまでも1kgあたりの税別価格です。展開されているパッケージサイズの中袋サイズから算出している為、小袋や大袋の場合では上下します。また、オープン価格のものも有り、なるべく正規価格に近づけるようにはしたつもりですが、誤差があることはご了承ください。

[メイン]
原材料のメイン(最も多く含まれる)食材。メインになる食材は、穀物や家禽ミールなどでは無く、肉や魚類が良いとされます。

[グレインフリー]
穀物不使用を意味します。肉食動物である猫にとって穀物(特にイネ科)は不要なもの、穀物アレルギーや消化不良を起こし嘔吐する可能性があります。

[添加物]
着色料や科学薬品、酸化防止剤が使用されているかどうか。特に酸化防止剤であるBHA、BHT、エトキシキン、着色料は発癌性があると言われ危険です。

[タンパク質]
猫にとって最も重要とされる栄養素。AAFCOの基準では26%以上となっていますが、あくまでも最低基準であり猫本来の食生活を考えた場合、近年ではより多くのタンパク質が必要とされています。

[マグネシウム]
尿ph値やリンなどとも関係してくるので一概には言えませんが、ストラバイト結石に関係し、その部分だけを見れば0.08%~0.1%が良いとされています。ただ、骨や歯など健康を維持する為に必要な栄養素でもあるので、少ないから良いというわけではない。

[リン・カルシウム]
バランスよく摂取する必要があり、割合で言えばリン:カルシウム=1:1.2~1.5が良いとされているので、大雑把に言えば数値の開きが大き過ぎたり、カルシウムよりリンが多かったりすると良くないです。

[タウリン]
成長に必要なタウリンは猫の体内で作ることが出来ないため、日々の食料から摂取する必要があります。不足すると目・心臓・肝臓に悪影響を及ぼします。

[脂質・カロリー]
年齢や体質により異なりますが、肥満ぎみや太りやすい猫に与える際、数値が高すぎる物に関しては注意が必要です。

[ヒューマングレード]
人間でも食べられる食材が使用されていることを意味します。

[オーガニック]
承認機関によってオーガニックの意味合いが変わってくるので一概には言えませんが、オーガニック=有機です。農薬や化学肥料を使用せず、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして育てられるものを食材としていることを指します。

[特徴・気になる点]
それぞれあくまでも一部であり、より詳しく知りたい方は、各キャットフードに詳細・口コミまたはラインナップ比較といった個別記事へのリンクを貼っていますので、そちらでご覧下さいね。

グレインフリー中心で厳選した12のプレミアムキャットフード比較表

プレミアムキャットフード比較/モコ

1kgあたり2,000円以上する高価なプレミアムキャットフードです。

高価になってしまう理由は、猫に不必要な穀物などの量を減らし、代わりに新鮮な肉や魚といった逆に猫にとって必要でアミノ酸バランスが良い高品質な動物性タンパク質の含有量を増やしている為に、その分コストがかかり価格が上がってしまうようです。

ここでは、そんなちょっと高級で高品質なプレミアムキャットフードの中から、安全であり、猫が消化しづらくアレルギーの原因ともなる穀物を使っていないグレインフリーのキャットフードを中心に厳選し比較しています。

アカナ ワイルドプレイリー アディクション サーモンブルー アーテミス オソピュア
フィーライン サーモン
&ガルバンゾー
アカナ ワイルドプレイリー アディクション サーモンブルー アーテミス オソピュア フィーライン サーモン&ガルバンゾー
価格(税別)/kg 約 2,783円 約 2,139円 約 2,111円
原産国 カナダ ニュージーランド アメリカ
対応年齢 全年齢対応 全年齢対応 子猫~成猫
メイン 新鮮鶏肉 サーモン粉 フレッシュサーモン
グレインフリー
添加物 不使用 不使用 不使用
タンパク質 37%以上 30%以上 35%以上
マグネシウム 0.1%以上 非表記 0.1%以下
リン 1.1%以上 非表記 1.4%
カルシウム 1.5%以上 非表記 1.97%
タウリン 0.15%以上 非表記 0.15%
脂質 20%以上 15%以上 18%以上
カロリー 410kcal/100g 400kcal/100g 386.1kcal/100g
ヒューマングレード
オーガニック
特徴 肉70%フルーツや野菜30% アレルゲン徹底排除 アレルギー対策万全
気になる点 高カロリー高タンパク高脂質 生肉ではなく粉を使用 魚系は好みが分かれる
詳細・口コミを見る 詳細・口コミを見る 詳細・口コミを見る
オリジン キャット&キティ カナガン クプレラ
ホリスティックグレインフリー
オリジン キャット&キティ カナガン クプレラ ホリスティックグレインフリー
価格(税別)/kg 約 3,500円 約 2,640円
※定期・まとめ買いで最大20%OFF
約 2,254円
原産国 アメリカ イギリス オーストラリア
対応年齢 全年齢対応 全年齢対応 全年齢対応
メイン 新鮮鶏肉 乾燥チキン 魚類
グレインフリー
添加物 不使用 不使用 不使用
タンパク質 42%以上 37% 31%以上
マグネシウム 0.1%以上 0.09% 非表記
リン 1.0%以上 1.4% 非表記
カルシウム 1.2%以上 1.58% 非表記
タウリン 0.2%以上 非表記 非表記
脂質 20%以上 20% 12%以上
カロリー 406kcal/100g 390kcal/100g 395kcal/100g
ヒューマングレード
オーガニック
特徴 食材の80~90%が肉 総合的に栄養素が良い プロバイオティクスや酵素配合
気になる点 高カロリー高タンパク高脂質 海外では一定の評価だが賛否両論 悪くは無さそうだが非表記が多い
詳細・口コミを見る 詳細・口コミを見る 詳細・口コミを見る
ジャガー ナウフレッシュ
(アダルトキャット)
ファインペッツ
ジャガー ナウフレッシュ アダルトキャット ファインペッツ
価格(税別)/kg 約 2,853円
※定期・まとめ買いで最大20%OFF
約 2,872円 約 2,286円
※初回:1,000円
※オートシッププログラム有り
原産国 イギリス カナダ オランダ
対応年齢 全年齢対応 成猫期 全年齢対応
メイン 乾燥チキン ターキー生肉 アヒル肉
グレインフリー
添加物 不使用 不使用 不使用
タンパク質 40% 31% 32%
マグネシウム 0.12% 0.09%以上 0.06%
リン 1.58% 0.6% 0.68%
カルシウム 1.7% 非表記 0.7%
タウリン 2.000mg 0.24%以上 0.075%
脂質 20%以上 18%以上 20%
カロリー 384kcal/100g 386.2kcal/100g 427.2kcal/100g
ヒューマングレード
オーガニック
特徴 肉や魚が80%、血糖値を上げない 年齢に合わせて選べる4タイプ 肉類85%、消化吸収率が87%
気になる点 微量のオレンジが配合 多頭飼いには不向き カロリーが高め
詳細・口コミを見る 詳細・口コミを見る 詳細・口コミを見る
フィーラインナチュラル
チキン&ラム・フィースト
モグニャン ヤラー キャットフード
グレインフリー
フィーラインナチュラル チキン&ラム・フィースト モグニャン ヤラー キャットフード グレインフリー
価格(税別)/kg 約 4,160円 約 2,640円
※定期・まとめ買いで最大20%OFF
約 3,167円
原産国 ニュージーランド イギリス オランダ
対応年齢 全年齢対応 全年齢対応 成猫期
メイン 鶏肉 白身魚 鶏肉
グレインフリー
添加物 不使用 不使用 不使用
タンパク質 36%以上 30%以上 32%
マグネシウム 0.1%以下 0.12% 0.15%
リン 1.3%以下 0.53% 0.7%
カルシウム 非表記 0.62% 1.04%
タウリン 0.2%以上 非表記 111ml/kg
脂質 23%以上 16%以上 14.5%
カロリー 355kcal/100g 374kcal/100g 394kcal/100g
ヒューマングレード
オーガニック
特徴 非加熱フリーズドライ製法 シンプルでトッピングしやすい 96%がオーガニック食材
気になる点 与える際に一手間かかる・高価 成分は問題無さそうだが賛否両論 尿路結石の配慮がされてない
詳細・口コミを見る 詳細・口コミを見る 詳細・口コミを見る

比較的安くて安全性の高いキャットフード

プレミアムキャットフード比較/ミミ

高級で高品質なプレミアムキャットフードの方が安全で好ましいとは言え、やはりお値段の高キャットフードばかり・・・とても現実的では無いという方もいらっしゃるかと思います。

うちもそうです・・・いつかは高級なプレミアムキャットフードを食べさせてあげたいとは思いつつも・・・なかなかね。

そこで、ここでは、さすがに高価なプレミアムキャットフードには及ばないものの、中でも比較的安価でありつつも安全性の高いキャットフードを厳選して比較しています。

ただ、プレミアムキャットフードの定義が曖昧で、正直どこまでがプレミアムキャットフードと呼べるのかが分かりませんが・・・。

ANF タミアミ アダルト セレクトバランス アダルト C&R プレミアムキャット
ANF タミアミ アダルト セレクトバランス アダルト C&R プレミアムキャット
価格(税別)/kg 約 1,600円(オープン価格) 約 1,250円(オープン価格) 約 1,757円(オープン価格)
原産国 アメリカ アメリカ オーストラリア
対応年齢 成猫期 成猫期 全年齢対応
メイン 鶏肉粉 チキン ラム肉
グレインフリー
添加物 不使用 不使用 不使用
タンパク質 32%以上 30%以上 31%以上
マグネシウム 非表記 非表記 非表記
リン 非表記 0.6以上1.6%以下 非表記
カルシウム 非表記 0.6以上2.0%以下 非表記
タウリン 非表記 0.1%以上 非表記
脂質 20%以上 17%以上 11%以上
カロリー 381.7kcal/100g 375kcal/100g 362kcal/100g
ヒューマングレード
オーガニック
特徴 栄養素をバランス良く配合 コエンザイムQ10配合 一部オーガニック食材
気になる点 ビートパルプ ビートパルプ 食材は良質だが非表記が多い
詳細・口コミを見る 詳細・口コミを見る 詳細・口コミを見る
ニュートロ ナチュラルチョイス
穀物フリー アダルト(ダッグ)
ピュリナワン
美味を求める成猫用チキン
ホリスティックレセピー
(猫用 7才まで)
ニュートロ ナチュラルチョイス 穀物フリー アダルト ダッグ ピュリナワン 美味を求める成猫用チキン ホリスティックレセピー猫用7才まで
価格(税別)/kg 約 1,600円 約 791円(オープン価格)
※定期購入で最大20%OFF
約 1,437円
原産国 アメリカ アメリカ アメリカ
対応年齢 成猫期 成猫期 幼猫~7歳まで
メイン ダック生肉 チキン 鶏肉
グレインフリー
添加物 不使用 不使用 不使用
タンパク質 33%以上 33%以上 32%以上
マグネシウム 0.15%以下 0.09% 0.1%以下
リン 0.8%以上 1.1% 0.8%以上
カルシウム 0.9%以上 1.3% 1.0%以上
タウリン 0.18%以上 0.15% 0.18%以上
脂質 16%以上 13%以上 19.0%以上
カロリー 380kcal/100g 430kcal/100g 365kcal/100g
ヒューマングレード
オーガニック
特徴 生肉や魚&グレインフリーで安め 安価で十分な栄養と最低限の安全性 泌尿器系や毛玉など多角的配慮
気になる点 ビートパルプ 家禽ミール ビートパルプ
詳細・口コミを見る ラインナップ比較表を見る 詳細・口コミを見る

最後にうちの愛猫は・・・

プレミアムキャットフード比較/モコミミ

ランキングしない!おすすめもしない!比較表だけって・・・それが知りたいのに!!ほな、お前はどのキャットフードを食べさせているんだ!と言われそうなので、最後にうちの愛猫モコとミミの食事について書きます。

うちもこれまでは特に考えてもいなかったのですが、様々なキャットフードを調べ始めてから、いつかはうちの猫にも高級なプレミアムキャットフードを食べさせてあげたいと思うようになりました。

ただ、経済的な面で考えると、お試しならともかく毎月毎月そういった高級なプレミアムキャットフードを購入出来るかと言えば・・・無理orzうちの懐事情ではとてもじゃないけど現実的ではないです。

格安のキャットフードよりは少々お高いのですが、この記事で比較したキャットフードの中では一番価格の安いピュリナワンシリーズが精一杯で、長年うちのモコとミミはピュリナワンのインドアキャットと避妊・去勢した猫の体重ケアを混ぜて食べさせています。

それらを選んだ理由は、そのネーミング通り室内飼いであり避妊・去勢をしているからってのもあるけど、俺としては大前提として無添加、高タンパクであり、毛玉ケア、尿路結石対策はしたいと思ったからです。

インドアキャットにはピュリナワンで最も気になる点である家禽ミールが含まれていなかったりしますし、高タンパク、マグネシウム値を適切な数値にすることで尿路け結石対策、毛玉ケア、そして体重管理が可能です。

避妊・去勢した猫の体重ケアは、同じく高タンパク、マグネシウム量は少々多めだけど尿pHを弱酸性にコントロールすることで尿路結石対策、毛玉ケア、これまた同じく体重管理がしやすい。

味もサーモンとターキーにすれば、この2種類を混ぜることで気になる部分への対策がちょうど良い感じになるのではないかと考えました。

たまに鰹節ふりかけやウェットフードを混ぜつつ、もう何年もピュリナワンを与えて続けています。

価格が安い分、穀物の使用や家禽ミールといった不安要素もあるのですが、うちのモコミミはそろそろ高齢期に差し掛かろうとしているんだけど、とても元気に走り回っていますよ。

俺としてはピュリナワンが安全面と栄養面での最低ラインなのではないかと勝手に思っています。

格安なキャットフードを愛用している方にとっては、ピュリナワンもお安くはありませんが、ネスレの通販サイトで定期購入すればお安くお得に購入出来ますしね。

ってな感じで、懐事情や生活環境、そして猫たちの体質や好みなど、自分なりにできる限りのことは考えながらやっているつもりです。

それでいいんじゃないかな?

こだわりたい方はとことんこだわればいいし、こだわりたいけど諸事情でこだわれないって方は、自分に出来る範囲内でこだわってあげればいい。

下段の比較表にあるような安めのキャットフードをメインにして、高級なプレミアムキャットフードをトッピングとしてあげるとか色々と方法はあると思います。

とにもかくにも、愛猫の体質や好みに合う、そして安心して愛猫たちに食べて貰えるキャットフードを探し出してあげてください。この中からでなくても、他にもキャットフードはいくらでもありますのでね。

そういった意味合いで、このキャットフードの比較表が少しでもお役に立てれば嬉しいなぁ。

以上、いつの日かきっと・・・高級なプレミアムキャットフードを食べさせてやれるよう頑張りたいと強く思いつつ、今日もピュリナワンを一心不乱に混ぜ混ぜする俺でしたorz


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ