【猫のゴロゴロ】猫にも人にも良い効果!猫が喉を鳴らす理由と仕組み

猫のゴロゴロ/モコ

こんにちは!レウです。

猫を撫でてやったりするとよく喉をゴロゴロ鳴らしていますよね♪

モコもミミも名前を呼んであげただけ、いや、近くに寄ってあげただけでもゴロゴロ鳴っちゃいます。

ちなみに、うちではゴロゴロの音をグルグルと表現していますが、すみませんどうでも良い話です(苦笑)

『幸せのゴロゴロ音』と何処かで目にした記憶があるぐらい、皆さん基本的に猫のゴロゴロ音は、猫が嬉しい時に鳴らすものだとお考えだと思いますし、実際大半がそうだったりします。

ですが、猫がゴロゴロ音を鳴らすのには、あまり良くない物も含めて様々な理由があるんですよ。

また猫のゴロゴロを聞くと、なんだか嬉しくもなるし、人間的にも癒やされるというか落ち着くというか、言葉では言い表せないような感覚になりません?

じつはそれにもちゃんと理由があるのですww

今回は、そんな猫が喉を鳴らすゴロゴロ音について、その仕組みや猫がゴロゴロ鳴らす理由、人間が得られる効果などについて書いてみようと思います。

猫のゴロゴロ音の仕組みとは?

猫のゴロゴロ/モコ

実は猫がどうやってゴロゴロ鳴らしているかについてのメカニズムは現時点では解明されていません。

有力とされているのは、人間の喉仏に位置に値する場所「喉頭」の筋肉が収縮することで声帯が振動されて鳴っているという説です。

ですがそれも、その喉頭を切開した猫がゴロゴロ音を鳴らしたという話もあって定かではありません。

他には、喉ではなく「横隔膜」の筋肉の収縮運動が関係しているという説や、胸の辺りが振動していることから、血流が「胸腔内」で反響しているという説、または喉の奥にある「軟口蓋」という柔らかい部分が動いているという説など様々な説があるようです。

まぁハッキリしない、真相は定かではないということです(汗)

っていうか、多くの研究者の方が、猫のゴロゴロについて調べていることが微笑ましく思えてしまいましたww

ちなみに周波数の関係で、猫自体は自分で鳴らしているゴロゴロ音が聴こえていないそうです。ただ振動自体は伝わっているので、猫本人が知らないうちにゴロゴロ鳴らしちゃってたってことは無いようですがww

猫がゴロゴロと喉を鳴らす理由(気持ち)

猫のゴロゴロ/ミミ

さて、次に猫がゴロゴロと喉を鳴らす理由についてです。

猫のゴロゴロ音は幸せのサインでもあるのですが、主に勧誘や懇願を意味するとされ、誰かの注意を引く為にする行動とみられているようですよ。

幸せ感

猫が喉をゴロゴロと鳴らす理由としては、おそらくこれ、幸せを感じている、リラックスしている、喜んでいる時が一番多いのではないでしょうか。

飼い主と一緒に過ごしている時、膝の上で寝ている時、撫でてもらったり、名前を呼んでもらったり。または心地よい状況になった時などリラックスしている時に鳴らすゴロゴロ音です。

このゴロゴロ音を聞くと、猫だけでなく飼い主も嬉しくなっちゃいますね♪人間も鳴らして猫に伝えたい・・・あ、猫は聞こえないんだった(汗)


また赤ちゃん返りしているという説もあるようです。

猫がタオルや飼い主をフミフミモミモミしながら、ゴロゴロ鳴らしてるような場合ですかね。

お母さんのことを思い出しながら、そういった行動を取っている可能性もあるそうですよ。

ちなみに、おそらくお母さんと接触した記憶のない捨て猫だったモコは、ゴロゴロ音は鳴らすもののフミフミはしません・・・それが理由かどうかは分らないのですが。

母子間のコミュニケーション

生まれて間もない子猫は目がまだ開ききっていないので、母猫が子猫に近づく際には、ゴロゴロ鳴らしながら近づいて知らせます。子猫はそのゴロゴロ音によるお腹の振動によってお乳の位置を探り当てます。

また、子猫も生まれて数日後にはゴロゴロ音を鳴らせるようになり、母猫に自分の存在、位置を知らせたり、お乳の要求をしているとのことです。その音を母猫が聞くと安心してお乳の出がよくなるとも言われているようですよ。

母子の絆おそるべしっ!

猫が飼い主を心配してゴロゴロ音を鳴らす時もあるらしく、それはこういった母性本能から来ているのかもしませんね。

要求

ご飯が欲しい!もっと撫でてほしい!遊んでほしい!などと要求している時にも猫はゴロゴロ音を出すことがあります。

この時のゴロゴロ音を人に聴かせると、切迫した感じだとか緊張した感じがするという意見が多かったようです。

俺はちょっとゴロゴロ音を聞き分けてみたことが無いので分らないのですが、ゴロゴロ音の中でもこれはちょっと甘い音と言いますか、少し高い音でゴロゴロ鳴らしている場合は、何かしら飼い主に要求しているとのこと。

子供や彼女などに何かをおねだりされる時と一緒ですな(遠い目)

危機的状況

猫が喉をゴロゴロ鳴らす時というのは、良い時ばかりではありません。

危機的状況、緊張・苦痛・不快感といったピンチの時にもまたゴロゴロ鳴らすのです。

怪我をしたり、分娩時の痛みに耐えている時、喧嘩を避けたい時、そして死の直前なんかもゴロゴロ鳴らすようです。

先ほども書きましたように、猫のゴロゴロ音は勧誘と懇願を意味するところもあり、「痛いよ」「助け欲しいよ」「ケンカするつもりは無いよ」「怖いよ」と訴えているのかもしれません。

また、何かしらの痛みに耐えている時にゴロゴロ鳴らすのは、その行為によって脳内麻薬とも言われるエンドルフィン(鎮痛作用もある)などが分泌されているからではないかとも考えられているそうです。

エンドルフィンを分泌することで、苦痛を和らげたり、なんとか自分を落ち着かせようとしているのかもしれませんね。

あと、猫は骨折の治癒が早いらしく、猫のゴロゴロ音はその周波数(25~150Hz)から、骨・腱・靭帯に対する治癒、鎮痛の効果があるという説もあるようです。

これらもまた“説”止まりでありハッキリと解明されているわけではありませんが、いずれにせよ猫が危機的状況でゴロゴロ鳴らしている場合には、嬉しかったり落ち着いている状況とは真逆ですので、少し注意した方が良さそうです。

また、病院での診察にて聴診を行なう際、猫的危機的状況となり猫がゴロゴロ鳴らしてしまった場合には、胸の音がしっかりと聴き取れずに苦労する場合があるようです(汗)

そういった場合には、蛇口から水を流すと、かなりの確率でゴロゴロがピタリと止まるそうですよww

猫のゴロゴロ音は不思議が多すぎですね(苦笑)

猫のゴロゴロ音の見分け方

猫のゴロゴロ/モコ

俺もゴロゴロ音を聞き分けてみたことが無いので、ちょっと気になる部分です。

これは、その猫の置かれた状況と、ゴロゴロ音の高低差で判断するしかないようですね。

上記した猫がゴロゴロと喉を鳴らす理由と照らし合わせると以下のようになります。

  • 幸せ感:中低音
  • 母子間のコミュニケーション:中低音
  • 要求:高音
  • 危機的状況:低音

この中で一番多く発せられるゴロゴロ音、幸せを感じている時の音を普段からよく聴いておき、それよりも音が高ければ要求、低ければ危機的状況といった感じでしょうか。

と言っても、個体差もあるだろうし、そんなに大きな音を発するわけではないので、なかなか聞き分けづらいとは思いますが・・・。

もし・・・もしも・・・猫を呼んだり触れた時に、近くに寄っていった時に、猫が低温のゴロゴロ音鳴らして来たら・・・俺きっと立ち直れませんorz

あと、こういった高低差による微妙な違いではなく、あきらかにゴロゴロ音がおかしく、他に何らかの症状を伴っている場合には、猫風邪や呼吸器疾患、心臓病など病気の可能性もありますので、一度病院で診て貰ってくださいね。

全くゴロゴロ鳴らさない猫もいる?

猫のゴロゴロ/ミミ

さて、ここまで、猫が喉をゴロゴロ鳴らすのが当たり前のように書いて来ましたが、実は生まれてから死ぬまで一生ゴロゴロ鳴らさない猫もいるようです。

その理由も解明されていないとのことですが、ゴロゴロ音にも個体差はあるということなんでしょうねきっと。

人とあまり接触しない猫、あまりスキンシップを好まない猫、甘えない猫、親離れ(飼い主離れ)して自立した猫なんかは、ゴロゴロ音を鳴らさない傾向にあるようです。

猫のゴロゴロ音は、勧誘や懇願、何かを誰かに伝える手段でもありますので、そういった猫たちには必要無いのかも。

そこはもう飼い主の腕の見せ所、じっくり時間をかけてスキンシップを行なって猫との信頼関係を作り、人を信じて頼って何かを訴えてくれるような間柄になるしかありませんね。

でも、自立した猫の場合は親離れでもありますので、飼い主も子離れするしかないのかな(汗)


また、ネコ科の動物では、ヒョウ系統以外のチーターやピューマなどはゴロゴロ音を鳴らし、骨の構造上の問題も含め吠えることの出来るライオンやトラ、ジャガー、ヒョウなどといったヒョウ系統の動物はゴロゴロ鳴らさない(鳴らすかどうかハッキリしていない)そうです。

うー、何故だか分らんが、ライオンやトラもゴロゴロ音は鳴ってほしかったなぁ・・・大型のがゴロゴロ鳴らすと雷や振動によっては地震かとも思っちゃいそうですけどもww

猫のゴロゴロ音は人間にも効果がある

猫のゴロゴロ/ミミ

冒頭にも書きました、猫のゴロゴロ音を聴くと人間も落ち着く感じがするっていう話です。

それは気分的なものではなく、ちゃんとした理由が存在するのです。

猫が喉を鳴らすゴロゴロ音の周波数は25~150Hzという低周波となっていて、人間の副交感神経(リラックス状態)を優位に立たせる効果があり、ストレスが解消され心拍数も低下する上に免疫力向上にもなるそうです。

それで、猫のゴロゴロ音を聞くと、なんだか癒やされたり、落ち着いたりする感覚になるんですね!

しかも、この現象は猫が好きな人だけではなく、猫が嫌いな人にも効果があるという・・・戦争無くなるレベル!は言い過ぎかww

あと、先ほど猫が骨折の治癒が早いと書きましたが、猫のゴロゴロ音は骨密度を強化する周波数とほとんど一緒だそうで、それは人間に対しても有効なのではないかとのこと。

猫のゴロゴロ音が人間にも効果があるってのは驚きですよね!

動物と暮らすと心身ともに癒やされて長生き出来るという話を聞きますが、猫の場合はまさにそれ、幸せのゴロゴロ音は猫のみならず人間をも幸せにしてくれるのかもしれません。

愛猫モコのゴロゴロ音(動画)

愛猫モコのゴロゴロ、グルグル音を急遽撮ってみました(汗)

タイミング良く横に来てゴロゴロ音を鳴らしていたのでww

良かったらご覧下さいませ。

画面は暗いは、雑音は入っているはで、ちょっと見づらかったり、聴き取りづらかったりですがご了承下さいね(汗)

上のが撫でてない状態で、下のが撫でている時のゴロゴロ音ですが、どちらもご機嫌な状態だと思うので特に変わりないかな?

ってか・・・ご機嫌な時(幸せのゴロゴロ)だとは思いたい(汗)

猫のゴロゴロ音まとめ

猫のゴロゴロ/モコ

以上、猫のゴロゴロ音について書いてみました。

まだハッキリしていることはあまり無くて、まだまだ不思議がいっぱい、まだまだ研究中といったところの猫のゴロゴロ音って感じですね。

だけど周波数の話題に関しては実験なども行なわれて結果が出ているようなので信憑性は高い。

やはり猫にとっても飼い主にとってもお互いのスキンシップが大切なんですね。

なんだか疲れたなぁって精神的にまいった時なんかは、休日には猫とゆっくり過ごしてリフレッシュすると良いかもしれません。

まぁ猫的には四六時中べったりされるのは嫌かもしれませんが(苦笑)

猫も人間も心身ともに癒やされる猫のゴロゴロ音。

愛猫をいっぱい愛でて、いっぱい幸せのゴロゴロ音を鳴らしてもらい、飼い主も愛猫もストレスフリーで長生きしちゃいましょう。


その他の猫の鳴き声や、猫のストレスについてはこちら↓

【猫の鳴き声】意味と猫の気持ちは鳴き方や声の高さなど総合的に判断
猫の鳴き声、鳴き方から推測されるその意味や猫の気持ちです。だけど、鳴き方だけでは完全に猫の気持ちを推し量ることは出来ないので、猫の鳴き方は参考程度にして、鳴き声の高さ、仕草、状況、時間、場所など総合的に判断して、猫の気持ちを読み取りましょう。
【猫のストレス】猫の過剰グルーミングによる薄毛(ハゲ)に悩まされた日々…
猫のストレスによる薄毛(ハゲ)、モコも過剰なグルーミングにより毛を噛みちぎってお腹や両手足が薄毛になった頃がありました。当時のことを振り返りながら猫の薄毛(ハゲ)について、そして猫のストレスについて、症状や原因と解消方法を調べてみました。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする