【猫のストレス】猫の過剰グルーミングによる薄毛(ハゲ)に悩まされた日々…

猫の薄毛

こんにちは!レウです。

数年前(2015年初頭ぐらい)のある日のこと。

ハチワレグレーの愛猫モコと遊んでいる時に何か違和感を感じ、よく確認してみると・・・

胸より下部の肌(ピンクとグレー)が見えていたのです・・・。

猫の薄毛

え?こんなんだっけ??

いやいやもっとフッサフサだったハズだけど・・・。

過去の写真と見比べてもハゲとまでは言えないけど確実に薄毛になっている。

さらに観察してみると、手の肘より下や、足の太ももより下も、手袋を外したかのように薄毛に・・・。

猫の薄毛

肌は特に荒れているとか赤みがかっているとかは無いが・・・。

そんなモコの薄毛(ハゲ)の原因、それに伴い、猫のストレスについて、原因や改善方法などを、体験談を交えながら書き綴ってみたいと思います。

猫が薄毛(ハゲ)になる原因とは?

猫の薄毛

【原因】

  • アレルギー性皮膚炎
  • ノミやダニ
  • カビ(真菌)
  • ストレス
【薄毛(ハゲ)ている箇所と考えられる原因】

  • 顔のまわり(円形脱毛):カビ(真菌)が原因の皮膚糸状菌症
  • 頭部や額:食物性アレルギー
  • 顔や耳のふち:ダニが寄生して起こるヒゼンダニ症
  • 首まわり:首輪が原因
  • 下腹部、内股、背中、両脇:過剰なグルーミング
  • 首から背中、尻尾まわり:ノミアレルギー性皮膚炎
  • 後ろ足の後ろ側:好酸球性肉芽腫群
  • 白猫の場合、耳先や頭部:日光性皮膚炎
【治療】

  • ほとんどの場合は、動物病院で診てもらえば原因は解明出来て、それぞれの治療を行なえば改善する。
  • アレルギー性の場合は、アレルゲンに触れさせないようにする。
  • ストレスの場合は、原因を突き止め取り除く、または改善する。

原因を突き止めるのが難しいのは、アレルギーとストレス。

アレルギーはアレルゲンを特定するのが難しいとされていますが、薄毛の場合に関しては、ハゲている場所やその状態によって、それなりに特定出来るかもしれませんね。

つまりは、もっとも難しいのはストレスってことに・・・。

ストレスが原因って話になると、思い当たる点を一つ一つ潰していくしかなく、動物病院に連れて行ってもダメで、最も原因が解明しづらい。

ただ、病院に連れて行って、その他の原因を確実に潰すことは可能ですし、アドバイスも貰えると思うので意味が無いわけではないと思います。

で、ストレスが原因とみられる薄毛の猫さんブログなどを読んでいると、一端治ってもまた薄毛になってしまうこともあるようで・・・。

モコの薄毛の原因は・・・ストレス

猫の薄毛

まず、カビ(真菌)が原因の皮膚糸状菌症ってのは、過去幼少期のミミがかかっていたので、どういったものかは知っていて、その症状とはかけ離れているので違う。

ミミの皮膚糸状菌症についてはこちら↓

皮膚糸状菌症を患っていたキジシロ猫ミミの幼少期、モコとの初顔合わせ!
皮膚糸状菌症を患っていたキジシロ猫ミミの幼少期、モコとの初顔合わせ!
なし崩し的に引き取ることになったミミの幼少期です。皮膚真菌症を患っていたので隔離生活から始まり、先住猫との顔合わせ、そして立派(おデブ)に育つ成長比較となっています。

食物性アレルギーに関しても薄毛になる場所も違うし、キャットフードもずっと変えていないので違うだろう。

ブラッシングしていても、うちでノミは一度も見たことが無いのでノミでもない。

残るはダニかストレス。

ダニならまだ分かりやすい(対処しやすい)のだけどストレスだと厄介・・・。

で、モコの様子をずっと観察していると、痒そうにしているわけでもないし、掻きむしってもいないが、グルーミングの時にパキパキと音がして何やら毛を噛み千切っている様子

猫の薄毛

で、最終的に行き着いたのが残念ながらストレスだろうと・・・。

猫のストレス

猫のストレス

とても神経質な猫はストレスを感じやすい動物。

しかも、猫は病気や体調不良などギリギリまで表に出そうとしません。我慢したり隠しちゃうのです。

ストレスも例外ではなく、なかなか気付いてあげられない場合が多い。

ここでは、そんな猫のストレスについて、ストレスサイン、原因、ストレス解消方法を書いていきます。

ストレスサイン

モコのように過剰なグルーミングをして薄毛(ハゲ)になっているだとか、異常に反抗的だったり、鳴きわめいていたりすれば、まだ気付きやすいストレスの症状です。

しかし、猫が良くない環境に置かれストレスを感じると、異常行動を示すというよりも不活発になることが多いそうで、猫がストレスを感じている、溜め込んでいるかどうかはとても見分けづらい。

あまり移動しなくなったり、遊ばなくなったり、姿を見せなくなったりは、高齢な猫にも見て取れる行動だし、下痢や嘔吐、食欲不振などはまず他の病気の可能性を疑ってしまうので、それがストレスからだとは気付きにくいのです。

[初期の場合]

  • 移動行動(歩いたりジャンプしたり)が減る。
  • しつこく鳴く。
  • 粗相(トイレ以外での排尿や排便)が増える。
  • 毛繕い(グルーミング)が減るor増える。
  • 水分摂取が減るor増える。
  • 食欲不振。
  • おもちゃで遊ばなくなる。
  • 隠れて姿を見せなくなる。
  • 威嚇したり、引っ掻いたり、身を守る為の行動が増える。
[長期化した場合]

  • ケンカしているのにあくびしたり、怒られているのに毛繕いするなど、逆の反応を示す。
  • 食事の準備をしていると突然足の噛みつくなど八つ当たりする。
  • 見えない何かに威嚇したり、攻撃したりする仕草を見せる。
  • 過剰なグルーミングまたは自然と毛が抜けてハゲが出来る。
  • 頻繁に下痢や嘔吐をする。
[末期の場合]

  • 頭と首を水平にして長時間振り続けたり、目的や意味もなく同じ行動を繰り返す。
  • 痛みに無関心になる。
  • 排尿する際に犬のように片足をあげるなど、猫がするはずのない行動パターンになる。

猫が長期間ストレスを感じ続け末期まで来てしまうと、ストレスの原因が判明してそれを取り除けたとしても、改善させることが困難となり、健康状態が悪化(膀胱炎や尿結石、糖尿病、肝臓病など様々な病気を発症)してしまう可能性が出て来てしまいます。

また、猫が強いストレスを感じると免疫力の低下にも繋がります。

【猫と免疫力】猫風邪や癌を予防!免疫力の低下原因と高める3つの方法
【猫と免疫力】猫風邪や癌を予防!免疫力の低下原因と高める3つの方法
免疫力とは、猫の身体を猫風邪など感染症から癌まで様々な病気から守ってくれる自己防衛システム。免疫力が低下したらどのような病気になるのか、その原因は何なのか、そして免疫力を高めるにはどうすれば良いのかを書いてみます。

ストレスを感じているかどうかを判断するのは非常に難しいのですが、早い段階で気が付いてあげることが大切なので、愛猫のことをしっかり観察して、おかしいと感じる仕草をしていないか常日頃から見ていてあげてください。

ストレスの原因と解消

猫がストレスを感じる事柄は様々になります。それぞれ個体差もありますので、これもまた非常に判別しづらい・・・。

ですが、原因さえ分ればある程度は改善してやることができますので、思い当たることは片っ端から排除していきましょう。

  • 落ち着ける居場所が少ない:猫が隠れられる場所、高い位置など居場所をたくさん作る。
  • 工事の騒音など周辺の環境悪化:窓を閉めるなど、なるべく防音対策を取る。
  • 飼い主とのスキンシップ不足:撫でたりしながら、事ある毎に名前を呼んであげるようにする。
  • 接し方が悪い(触りすぎ、触り方など):嫌がってそうなら、しつこく触らない。
  • 運動不足:1日10分でも構わないのでおもちゃなどで遊んであげる。
  • トイレが汚い:1日最低でも2回こまめに掃除する。
  • 食事、飲み水不足:多頭飼いは注意、給餌量の確認、新鮮な水を常に飲めるようにする。
  • 引っ越しした:居場所を作る。猫が気に入ってるグッズなどはそのまま使い続ける。
  • 模様替えをした:猫が落ち着かない感じであれば、元に戻す決断も。
  • 今まで無かった物を置いた:あまりに猫が気にするようであれば残念だけど断念する決断も。
  • 他の猫と相性が悪い:こればっかりは・・・互いに侵入出来ないそれぞれの居場所を確保。
  • 留守にすることが多い:分離不安の解消(猫に構い過ぎない、帰宅してもスルー)
  • 来客が多い:猫が安心して隠れていられる場所を作る。

引っ越しや、同居猫との相性が悪い、工事による騒音とかって場合は、改善のしようがなくてとても難しいですね。
 
でも、出来るなら引っ越し後も部屋の雰囲気を引っ越し前の部屋とガラリと変えないようにしたり、居場所をたくさん作ってあげたり、猫のお気に入りは猫が落ち着くまでは使い続けたり・・・。

同居猫との相性が悪い、または同居しているその他の動物がいる場合には、それぞれの部屋を分けてみるだとか、仕切りで囲うだとか・・・。

工事による騒音なら、風通しや空気の入れ替えに窓を開けるといったことを控えて、工事が終わる少しの間は、閉めておくとか・・・。

猫たちのことを第一に考えて、やれるだけのことはやる!って気持ちで、少しでも猫が落ち着ける環境を整える対策を考えましょう。

モコのストレスとなる原因探し

猫の薄毛

さて、モコの話に戻ります。

モコのストレスの原因はなんだろうと、来る日も来る日も考え続けました。

モコはてんかん(癲癇)持ちなので、視覚的、嗅覚的、聴覚的において、なるべくストレス(刺激)を与えないようにしてきたつもりだったけど・・・。

モコのてんかん(癲癇)についてはこちら↓

【猫のてんかん(癲癇)】5年ぶりに再発したモコのてんかん発作、原因は俺にある・・・。
【猫のてんかん(癲癇)】5年ぶりに再発したモコのてんかん発作、原因は俺にある・・・。
てんかん持ちの愛猫モコ、ここ数年は発作を起こさずに平穏に暮らしていたのですが、5年と2ヶ月ぶりに発作を起こしてしまいました・・・。そこで、てんかんについてと、モコとてんかん発作の記録として書留めておきたいと思い、その経緯を記事にしました。

トイレとか食事とか基本的なことはこれまで通りだったし、同棲していた前の彼女と別れてからもすでに数年経っていた、模様替えもして無いし何か新たに置いた物もないので、環境の変化とかそういったことが原因では無いだろう。

猫の薄毛

で、毎年正月には実家に帰っていて、その年は帰宅すると玄関の下駄箱が倒れ大変なことになっていたのを思い出しました。

モコかミミがその上に置いていた観葉植物が気になり、なんとか触ろうとして、大惨事になったと思われるが・・・全てがひっくり返っていたので、かなりの衝撃だったと思うんだよね。

もしかしたら、それが怖くてストレスになっているのか・・・と、まずはその観葉植物などを隠してみました。

でも、特段その観葉植物の置いていた場所とか、下駄箱付近を嫌がるそぶりは無く、それこそ普通に乗っかっていたり・・・。

それも違うのか・・・。

ならば、スキンシップが足りていなかったのかも・・・。

もうそれしかない・・・。

今思えばですが、その頃は24時間越えな勤務(これ自体は数年続いていたので原因では無いと思うが)な上、帰って来ても疲れ果てて寝てしまったり、起きていてもPC作業していて、ほとんど猫たちの相手をしてあげられて無かったと思うのです。

お世話もしっかりやっていたし、適度に遊んであげてもいて、その時はそんなつもりは無かったのだけど・・・その全てが作業的だったのかもしれないな。

猫の薄毛

これもこうやってブログを書いているからなのですが、尻尾の短い猫は神経質で臆病、飼い主にしかなつかない傾向にあると知りました。

モコはてんかん持ちだし余計に・・・。

それなのに寂しい思いをさせていたのだと・・・。

モコの尻尾に関してはこちら↓

【猫のかぎしっぽ】激しく振り回すモコの短く丸い尻尾は幸運を招く!
【猫のかぎしっぽ】激しく振り回すモコの短く丸い尻尾は幸運を招く!
愛猫モコの尻尾は短く丸いかぎしっぽ。感情によって犬のように激しく振り回します。モコの尻尾を紹介しつつ、ジャパニーズボブテイルに分類されるかぎしっぽのルーツや幸せを運ぶといわれる由縁、そして特徴や性格について書いてみました。

モコのストレス対策と改善

猫の薄毛

その考えに行き着いてからは、猫たちとスキンシップを取る時間を大幅に増やしました。

眠たくても寝ずに、PC作業も控えめにして、留守番している時も遊べるようにおもちゃもたくさん買いました。

また、事ある毎にモコやミミの側に行って一緒にそこで過ごしたり・・・彼らにとっては逆にストレスになるんじゃないかと思うほどww

それから、これが最も効果的だったのではないかと思うのは、その都度モコの名前を呼んであげたこと。

近くに来た時も触れたり撫でてやるだけではなく、必ず名前を呼びながら撫でてやる、そして色々と話しかけました。

猫の薄毛

それからどれぐらいが経ったのだろうか、記録によると(何かあると記録を取る癖がある)春が来て夏が過ぎ10月頃、モコの過剰なグルーミングが治まり毛が少しずつ伸びてきたとある。

そう言えば、寒くなる前に伸びてきて良かったね!ってモコに話しかけていたのを思い出した。

それからは早かったかな。

翌月にはモコは元通りのフッサフサとなり、モコって名前に相応しい姿に戻りました。

モコ

長い戦いでしたが、改善して本当に本当に良かった。

・・・ごめんね、もう寂しい思いはさせへんよ。

まとめ

モコ

何事に対してもそうですが、とにかく原因を突き止めることが大切です。

お医者さんに相談するも良し、ネットで調べるも良し、今ならSNSで問うてみるも良しですね。

原因さえ分かればあとは行動するだけです。

まぁ今回のようなストレスとかってのは、人間でも猫でも原因を掴めない場合が多く、ちょっと厄介。

ぶっちゃけ確かな原因は掴めていなかったりするので、推測に過ぎません・・・。

家猫には、飼い主しか頼る人間がいません。

食事にしても身の回りの世話にしても、愛情を持って接してやらねばならない。

どんなに忙しくても、どんなに他にやりたいことがあっても、大切な家族をないがしろにしてはいけいないと、この件を通して改めてそう思いましたし、大反省しました・・・。

そんなつもりはなくても、目まぐるしい生活の中で、それらが作業的になっていたりする場合もあったのかもしれない。

そして、猫たちは気ままに生きているように見えても、それを敏感に感じ取ってしまうのです。

なかなか忙しかったり、そんなハズ無いとかって思い込んでいたりすると、そういったことに気づけない場合もありますが、必ずどこかにストレスの原因があります。

可能性を潰してしまわずに、やれることは全てやってみるといった気持ちで向き合ってみましょう。

この記事が同じような猫の症状に悩んでいる方の役に立てれば幸いです。

また、モコの過剰なグルーミング、薄毛に悩んでいた時はすでにTwitterを初めていて、フォロワーさんたちに応援や心配をしてもらい、はたまた色々とアドバイスを貰いました。

この場を借りまして・・・その節は、ご心配をおかけしましたし、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする