猫のストレス?モコの過度なグルーミングによる薄毛(ハゲ)に悩まされた日々・・・

猫の薄毛

数年前(2015年初頭ぐらい)のある日のこと。

ハチワレグレーの愛猫モコと遊んでいる時に何か違和感を感じ、よく確認してみると・・・

胸より下の部分の肌(ピンクとグレー)が見えていたのです・・・。

猫の薄毛

え?こんなんだっけ??

いやいやもっとフッサフサだったハズ。

過去の写真と見比べてもハゲとまでは言えないけど確実に薄毛になっている。

さらに観察してみると、手の肘より下や足の太ももより下も手袋を外したかのように薄毛に・・・。

猫の薄毛

肌は特に荒れているとか赤みがかっているとかは無いが・・・。

すぐにネットで調べてみました。下記はこの記事を書くにあたり新たに調べ直したものです。

猫が薄毛になる原因とは?

猫の薄毛

【原因】
・アレルギー性皮膚炎
・ノミやダニ
・カビ(真菌)
・ストレス
  引っ越し
  模様替え
  今まで無かった物お置いた
  飼い主とのスキンシップ不足
  トイレが汚い
  他の猫と相性が悪い
  運動不足 etc.

【薄毛(ハゲ)ている箇所と考えられる原因】
・顔のまわり(円形脱毛):カビ(真菌)が原因の皮膚糸状菌症
・頭部や額:食事性アレルギー
・顔や耳のふち:ダニが寄生して起こるヒゼンダニ症
・首まわり:首輪が原因
・下腹部、内股、背中、両脇:過剰なグルーミング
・首から背中、尻尾まわり:ノミアレルギー性皮膚炎
・後ろ足の後ろ側:好酸球性肉芽腫群
・白猫の場合、耳先や頭部:日光性皮膚炎

【治療方法】
・上記原因のほとんどの場合は動物病院へ連れて行き診てもらえば原因は解明し治療が可能。
・アレルギー性の場合は、アレルゲンから離れさせる。
・ストレスの場合は原因を突き止め取り除く、または改善する。

つまりは、ストレスが原因って話になると、動物病院に連れて行ってもダメで、最も原因が解明しづらいってことになりますね。ただ、病院に連れて行ってその他の原因を確実に潰すことは可能ですので、意味が無いわけではないと思います。

で、ストレスが原因とみられる猫さんのブログなどを読んでいると、一端治ってもまた薄毛になってしまうこともあるようで・・・。

モコの薄毛の原因は・・・

猫の薄毛

まず、カビ(真菌)が原因の皮膚糸状菌症ってのは、過去幼少期のミミがかかっていたので、どういったものかは知っていて、その症状とはかけ離れているので違う。

ミミの皮膚糸状菌症についてはこちら↓

ねこ録:皮膚糸状菌症を患っていたミミの幼少期、そしてモコとの初顔合わせ!
ねこ録:皮膚糸状菌症を患っていたミミの幼少期、そしてモコとの初顔合わせ!
今回は小さい頃・幼少期の感染症を患っていたミミについて書いてみました。 当時はスマホを持っていない頃で、デジカメも持ってませんでしたので、ほとんどがカメラ付き携帯で撮影してた写真となります。 画像が少々荒かったり小さかっ...

食事性アレルギーに関しても薄毛になる場所も違うし、キャットフードもずっと変えていないので違うだろう。

ブラッシングしていても、うちでノミは一度も見たことが無かったのでノミでもない。

ダニかストレス?

ダニならまだ分かりやすい(対処しやすい)のだけどストレスだと厄介・・・。

で、モコの様子をずっと観察していると、痒そうにしているわけでもないし、掻きむしってもいないが、グルーミングの時にパキパキと音がして何やら毛を噛み千切っている様子。

猫の薄毛

で、最終的に行き着いたのが残念ながらストレスだろうと・・・。

ストレスの原因探し

猫の薄毛

では、そのストレスの原因はなんだろうと、来る日も来る日も考え続けました。

モコはてんかん(癲癇)持ちなので、視覚的、嗅覚的、聴覚的において、なるべくストレス(刺激)を与えないようにしてきたつもりだったけど・・・。

モコのてんかん(癲癇)についてはこちら↓

【猫のてんかん(癲癇)】5年ぶりに再発したモコのてんかん発作、原因は俺にある・・・。
【猫のてんかん(癲癇)】5年ぶりに再発したモコのてんかん発作、原因は俺にある・・・。
てんかん持ちの愛猫モコ、ここ数年は発作を起こさずに平穏に暮らしていたのですが、5年と2ヶ月ぶりに発作を起こしてしまいました・・・。そこで、てんかんについてと、モコとてんかん発作の記録として書留めておきたいと思い、その経緯を記事にしました。

トイレとか食事とか基本的なことはこれまで通りだったし、同棲していた前の彼女と別れてからもすでに数年経っていた、模様替えもして無いし何か新たに置いた物もないので、環境の変化とかそういったことが原因では無いだろう。

猫の薄毛

で、毎年正月には実家に帰っていて、その年は帰宅すると玄関の下駄箱が倒れて大変なことになっていた。モコかミミがその更に上に置いていた観葉植物が気になって、なんとか触ろうとしてそうなったと思われるが・・・全てがひっくり返っていたので、かなりの衝撃だったと思うんだよね。

もしかしたら、それが怖くてストレスになっているのか・・・と、まずはその観葉植物などを隠してみました。

でも、特段その観葉植物あとか、下駄箱付近を嫌がるそぶりは無く、それこそ普通に乗っかっていたり・・・なら違うのか。

ならば、スキンシップが足りていなかったのかも・・・。

もうそれしかない・・・。

今思えばですが、その頃は24時間越えな勤務(これ自体は数年続いていたので原因では無いと思うが)な上、帰って来ても疲れ果てて寝てしまったり、起きていてもPC作業していて、ほとんど猫たちの相手をしてあげられて無かったと思うのです。

世話もしっかりやっていたし、適度に遊んであげてもいて、その時はそんなつもりは無かったのだけど・・・その全てが作業的だったのかもしれないな。

猫の薄毛

これもこうやってブログを書いているからなのですが、尻尾の短い猫は神経質で臆病、飼い主にしかなつかない傾向にあると知りました。モコはてんかん持ちだし余計に・・・。それなのに寂しい思いをさせていたのだと・・・。

モコの尻尾に関してはこちら↓

ねこ録:ワンコのように激しく振り回すモコの丸い尻尾(鍵尻尾?)そのルーツは?
ねこ録:ワンコのように激しく振り回すモコの丸い尻尾(鍵尻尾?)そのルーツは?
現在一緒に生活している愛猫モコとミミ、二匹にまつわる出来事を書き綴る「ねこ録」記事です。今回は妖怪タオル咥え(俺命名)に加え、モコの特技の一つ、ワンコのようにくりんくりんと降り倒すモコの丸い尻尾、そしてそのルーツについて調べてみました。

モコのストレス対策と改善

猫の薄毛

その考えに行き着いてからは、猫たちとスキンシップを取る時間を大幅に増やしました。

眠たくても寝ずに、PS作業も控えめにして、留守番している時も遊べるようにおもちゃもたくさん買いました。また、事ある毎にモコやミミの側に行って一緒にそこで過ごしたり・・・彼らにとっては逆にストレスになるんじゃないかと思うほどww

それから、これが最も効果的だったのではないかと思うのは、しょっちゅう名前を呼んであげることです。近くに来た時も触れたり撫でてやるだけではなく、必ず名前を呼びながら撫でてやる、そして色々と話しかけました。

猫の薄毛

それからどれぐらいが経ったのだろうか、記録によると(何かあると記録を取る癖がある)春が来て夏が過ぎ10月頃、モコの過剰なグルーミングが治まり毛が少しずつ伸びてきたとある。

そう言えば、寒くなる前に伸びてきて良かったね!ってモコに話しかけていたのを思い出した。

それからは早かったかな、翌月にはモコは元通りのフッサフサとなり、モコって名前に相応しい姿に戻りました。

モコ

長い戦いでしたが、改善して本当に本当に良かった。・・・ごめんね、もう寂しい思いはさせへんよ。

まとめ

モコ

何事に対してもそうですが、とにかく原因を突き止めることが大切です。お医者さんに相談するも良し、ネットで調べるも良し、今ならSNSで問うてみるも良しですね。原因さえ分かればあとは行動するだけです。

まぁ今回のようなストレスとかってのは、人間でも猫でも原因を掴めない場合が多く、ちょっと厄介で、ぶっちゃけ確かな原因は掴めていなかったりするので推測に過ぎませんが・・・。

家猫には飼い主しか頼る人間がいません。食事にしても身の回りの世話にしても、愛情を持って接してやらねばならない。

どんなに忙しくても、どんなに他にやりたいことがあっても、大切な家族をないがしろにしてはいけいない。

この件を通して改めてそう思いましたし、大反省しました・・・。

そんなつもりはなくても、目まぐるしい生活の中で、それらが作業的になっていたりする場合もあったのかもしれない。

そして、猫たちは気ままに生きているように見えても、それを敏感に感じ取ってしまうのです。

なかなか忙しかったり、そんなハズ無いとかって思い込んでいたりすると、そういったことに気づけない場合もありますが、必ずどこかにストレスの原因があります。可能性を潰してしまわずに、やれることは全てやってみるといった気持ちで向き合ってみましょう。

この記事が同じような猫の症状に悩んでいる方の役に立てれば幸いです。

また、モコの過剰なグルーミング、薄毛に悩んでいた時はすでにTwitterを初めていて、フォロワーさんたちに応援や心配をしてもらい、はたまた色々とアドバイスを貰いました。

この場を借りまして・・・その節は、ご心配をおかけしましたし、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ