【猫の肉球】可愛いだけじゃない猫の肉球の役割とは?

猫の肉球/モコ

毎月29日は肉の日・・・いいえ、肉球の日です!と猫(犬)好きならば言うはずですwwまぁ俺は肉も好きなので、肉の日も大切なんですがww

猫や犬を表す時なんかにも肉球マークはよく使われていますよね。肉球マークが付いているだけで、つい目がいってしまう人、肉球マークのついている店を見付けると、つい入ってしまう人、物に肉球マークが付いているとつい買ってしまう人、そんな方々も多いかとww

猫の肉球は見ているだけでもほっこりしますし、プニプニしていてとても触り心地が良く、猫好き(動物好き)皆に愛されています。

当たり前のように存在するそんな猫の肉球にも個体差があったり大切な役割があるのです。

そんなこんなで、今回は猫の肉球について色々と調べてみました。

猫の肉球の基本情報

猫の肉球/ミミ

肉球の名前

猫の肉球/ミミ

猫の肉球/モコ

①指球(前足)趾球(後ろ足):指の小さな肉球
②掌球(前足)足底球(後ろ足):手の平、一番大きい。
③狼爪:親指で、基本的に前足にしかない。
④手根球:前足にのみ存在、下にある小さな骨を守る物らしい。

猫の指の数は、前足には5本の指があり、後ろ足には痕跡しかない親指を差し引いての4本となっています。っていうか、ほとんどの名称に球がついているところがなんか可愛いですよねww

で、指の数が普通よりも多い猫も存在するとのこと。指の数の合計には色々とあって、ギネス記録となっているのはカナダに居る猫で、指の合計数がなんと28本(各7本)だそうですよ(汗)引っ掻かれたら大変なことになっちゃいそうですね(泣)

肉球の色

肉球は猫によって色が違って来ます。代表的なのはピンクですが、黒だったり、乳白だったり、あずき色、または斑だったり色々。

肉球の色は毛の色によってある程度パターン化していて、薄い毛色の猫は肉球も淡い系の色、濃い毛色の猫は肉球も濃い系の色になります。

肌とかもどうですよね。うちのモコの場合だとグレーの毛の部分は肌もグレーだし、白い毛の部分は肌がピンクになっていまして、肉球もピンクとグレーの斑になっていますね。

肉球は脂肪

肉球の構造は、外側から角質の「表皮」、コラーゲンの「真皮」、そして最も内側が皮下脂肪の「皮下組織」となっているそうです。

猫の肉球は、人間の手の平の柔らかいところと同じ組織で来ているとのことで、肉球部分は皮膚が厚めに出来ており、摩耗しにくくなっていて、もし摩耗してもすぐに再生する仕組みになっているそうです。見た目とは裏腹に肉球強し!

また、室内飼いの猫と外猫とでは肉球の硬さが違っていて、室内飼いの子はご存知のようにプニプニしているのですが、外猫の場合はアスファルトなど硬い地面を歩いたり走ったりするために鍛えられて硬くなっています。爪もそうで、外猫の場合はそういった硬い地面で削られるので、爪研ぎのみでわざわざ爪を切る必要はないのです。

ちなみに、猫飼いの方々はご存知だと思いますが、猫の爪は肉球(指)を挟んで軽く押すことで表に出て来ます。爪切りする時に皆さんやられているかと思いますが。

猫の肉球の役割

猫の肉球/モコ

マーキングと滑り止め

猫の肉球の小さな窪みからは、僅かにですが汗が出ます。猫の汗腺は唯一肉球にだけ存在しているのです。

皆さんも暑い日や猫が興奮した時に肉球を触ると、ほんのり湿っているのを感じたことがあるかと思います。それは気のせいでもなんでもなく汗なのです。

猫の肉球には臭腺もあって匂いを分泌するのですが、それが汗と混じって、猫が歩きながらペタペタと自分の匂いを付けるマーキングの役割もあるのです。さらに、汗を出すことによって滑り止めの役目も果たしてるとのこと。

まぁ、うちのモコミミは慌てた時とか、よくつるんと滑ってますけどもね・・・。

肉球センサー

猫の肉球には多くの神経が通っておりとても感度がよくなっていて、その感触によって色々と判断しているようです。

地面の感触などを感じながら、歩ける場所を判断したり、猫パンチでちょいちょいと触って危険ではないか確認したりしています。

感度が良いので、うちではモコミミの肉球をこちょこちょして楽しんでます。ぱぁっと開くのがまた可愛くてwwあれは気持ちが良い時にするものだとどこかに書いてありましたが・・・だいたい怒られて終わりますorz

クッションと消音効果

猫は肉食動物であり狩りをする生き物です。そんな狩りを行う際に、この柔らかく感度の良い肉球が役に立つというわけですね。

獲物を追いかける際、高低差のあるところから飛び降りる時に衝撃を吸収するクッションの役目と、獲物に悟られずに近づく消音効果があるのです。

知らないうちに猫が後ろに居たり、足下に来ていたりすることが良く有るかと思います。よって首輪の鈴なんかは、人間にとってはどこにいつのか知る為でもあるのですが、猫にとっては「にゃんじゃこれぃ!バレるやにゃいかいっ!!」ってなもんなんですよねきっとww

猫と犬の肉球の違い

猫の肉球/モコ

猫と犬の肉球は、まず触った感覚でちょっと違っていますよね。猫の方が柔らかい感じがします。猫はツルツルしていて、犬はザラザラしている。それはそもそも猫と犬とでは肉球の構造が違うからなのです。

猫の祖先は砂漠地帯に暮らしていたリビアヤマネコ、犬の祖先は寒冷地帯に暮らしていたハイイロオオカミとされていて、猫も犬も肉球はそのそれぞれの暮らしに適した構造になっています。

ここまでで書いて来ましたように、猫の肉球が感度抜群であるのに対して、犬の肉球は凸凹した「表皮乳頭」となっていて冷たい地面に直接触れないように出来ています。また、足先の凍傷と低体温症を防ぐ役割の「動静脈吻合」という構造になっているそうですよ。

ってことで、雪が降ったら冷たさに強い肉球を持つ犬は庭を駆け回るんですねww猫の肉球は冷たさも敏感に感じ取ってしまうのでコタツで丸くなっているとww

肉球で病気が分かる?

猫の肉球/ミミ

お馴染みの病気が分かるパターンですが、猫の肉球でも病気が分かるようです。

肉球の病気としては、むくんで腫れてきて、痛みを伴い歩くのが困難な状態になるという肉球皮膚炎(形質細胞性足皮膚炎)という病気があるそうです。何らかの原因で肉球が炎症を起こすものなのですが、その原因は不明とのこと。

猫の肉球が、腫れていたり、硬くなっていたり、白くなっていたり、熱を持っていたりするのであれば・・・というか肉球に異常が見られたらってことですが、病院で診て貰った方が良いのかもしれません。また、肉球が化膿していたり、出血したりしているのであれば、まずは綺麗に洗ってあげて、病院へ連れて行ってあげて下さい。

猫の肉球まとめ

猫の肉球/ミミ

柔らかくて、プニプニしてて、とても愛らしい猫の肉球ですが、様々な役割があることがわかりましたね!

無駄なものなんて無いってことでしょうか。そうやって思うと、ただダラダラしているように見える猫を見る目も、少し変わって来る気がします。

まぁ可愛けりゃなんでもいい気もせんでもないですがww

また、猫の肉球に関しては、ここで書いたこと以外でも、猫(の肉球)にも手相があってその形によって性格が分かるって話もあるようです。猫の手相には5種類の形があって、掌球の型によって「三つ葉型」「おにぎり型」「米つぶ型」「富士山型」「ロケット型」に分けられて、それぞれに性格があるそうなんですww

うちで言えば、モコは自分が一番と考える「富士山型」で、ミミは好奇心旺盛らしい「ロケット型」になるのかなww

猫の肉球/モコ

猫の肉球/ミミ

興味があれば色々と調べてみてくださいね。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする