アレルゲンとなる食材を排除、アディクション(サーモンブルー)キャットフードの詳細データや口コミ評価

アディクション/ミミ

人工保存料・香料・着色料等や副産物を一切使用しない、アレルギーに配慮した最高品質のタンパク質源のみを使用、未加工で最高品質の食材のみを使用する。

そういった理念のもと、アレルギーによって皮膚トラブルを抱えていたり、病気で苦しんでいたりする、多くの犬猫を見てきたホリスティック獣医師や栄養学者によって、できるだけ自然のままの良さを残し、生活の中での使いやすさも考慮して作り上げられたのがアディクションです。

また、ニュージーランドにて自社のフード製造工場を運営し、厳しい製造基準により製造されています。可能な限り自然のままで育て上げられたフリーレンジの食肉には人工のホルモン剤やステロイド等は使用していないとのこと。

アディクションのキャットフードには、鹿肉粉メインの「ビバ・ラ・ベニソン キャット」と、サーモン粉メインの「サーモンブルー キャット」があります。当ブログでは「サーモンブルー キャット」をチョイスしました。

それでは、アディクション サーモンブルー キャットの詳細データと口コミ評価を見てみましょう。

アディクション サーモンブルー キャットフードの詳細データ

アディクション

アディクション サーモンブルー キャット
価格(税別) 450g / 1,400円、1.8kg / 3,800円、9kg / 17,000円
生産国 ニュージーランド
メイン食材 サーモン粉
穀物 不使用
酸化防止剤 ビタミンE
着色料・保存料 不使用
対応年齢 全年齢(オールステージ)
原材料 サーモン粉、ポテト、鶏脂肪(鶏たんぱく質除去)、エンドウ豆、
天然香料、ドライケルプ、ドライクランベリー、ドライブルーベリー、
ドライほうれん草、ビール酵母、塩化ナトリウム、ビタミンE、
ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、硝酸チアミン、
リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ビオチン、ビタミンB12、
ビタミンD3、葉酸、タウリン、塩化コリン、硫酸マグネシウム、
硫酸亜鉛、硫酸第一鉄、炭酸カルシウム、硫酸銅、硫酸マンガン、
ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム、
緑茶Made In New Zealand エキス、ローズマリーエキス、
スペアミントエキス
成分 たん白質30%以上、脂質15%以上、粗繊維3.5%以下、
水分10%以下、灰分9%
カロリー 400kcal/100g
8mm
賞味期限 開封前:製造日より18ヶ月
開封後:1ヶ月
アディクション サーモンブルーの給与量
体重 一日の給与量
1.36~2.26kg 25~37g
2.72~4.53kg 37~75g
4.98~6.8kg 75~90g
7.25~9kg 90~100g

※個体差があり、年齢・環境などに応じて、適切な給与量は異なりますので、あくまでも目安に。
※キャットフード切り替え時は、旧90%:新10%から始めて10日ほどかけて徐々に切り替えましょう。

良い点
・オメガ3脂肪酸を多く含む最高級品質の天然サーモンを使用。
・穀物不使用のグレインフリーでアレルギー対策。
・穀物の他、アレルゲンのあるチキン、牛肉、ラム肉、人工着色料・人口香料・防腐剤は不使用。
・pHをコントロールし尿路結石予防が期待できるグランベリー配合。
悪い点
・サーモンの生肉ではなく粉を使用している。
・賛否あるエンドウ豆が含まれる。
・ヒューマングレードの表記は無し。
・プレミアムキャットフードはお値段が高い。

グレインフリーであり、無添加・無着色で、特筆すべきは、アレルギー対策に対するこだわりですね。ホリスティック獣医師や栄養学者たちが作ったっこともあり、アレルゲンのある穀物はもとより、チキン、牛肉、ラム肉、人工着色料・人口香料・防腐剤は一切不使用となっているキャットフード アディクション。

サーモンには、オメガ3脂肪酸(EPA、DHA)を豊富に含み毛艶の改善が見込めますし、尿路結石予防が期待できるグランベリーが配合されている点も良いですね。

サーモンが生肉ではなく粉であることや、ヒューマングレードとの表記は見当たりませんでしたので、そうではないっぽいってところが少々残念に感じます。

また、猫にとって重要となる栄養素タンパク質量は、高タンパクを謳っている他のキャットフードよりも数値が低くなっていますね。

下痢や嘔吐の原因になる可能性のあるエンドウ豆・・・これは栄養素が豊富で消化にも良いとされる説もあり、他のプレミアムキャットフードでもけっこう含まれているものも多いので、俺としては問題ないと思っていたりです。

あとはプレミアムキャットフード全てに言えることですが、お値段が高め・・・プレミアムなのだから仕方ないんだけどもね。

アディクション サーモンブルー キャットフードの口コミ評判

アディクション/ミミ

良い口コミ・猫笑アイコン

ロイヤルカナンが韓国で生産の情報を聞き、慌てて他のごはんを探していたら、これに行きつきました。とても、犬を食べるような文化のある国で生産されたものを、うちの子に食べさせる気にはなれないので・・・

今のところ、生後10ヶ月でお魚好きのうちの子には一番良い様子で、ガツガツ食べてくれますし、便の様子も良いようです。

ちなみに、穀物不使用で試したのは、ハッピーキャット、ナウフレッシュ、アカナ、オリジン、ニュートロ、ハロー、ウィルネスとアディクション(これ)の8種類ですが、メインをアディクション・サーモンにして、時々オリジン・キャット&キティを混ぜています。お魚以外も、少し食べて欲しいので(そのほうが健康的な気がして^^;)。

それと、短期間にコロコロごはんを変えて不安定な食事になってしまった、うちの子にゴメンナサイです。

19歳のおばあちゃん猫と7歳のおじさん猫がいますが、どちらもよく食べます。自然豊かなニュージーランド製で、材料がケミカルばかりではなく自然由来がほとんどなので、安心して与えられます。粒が小さいので高齢猫も食べやすいと思います。

グレインフリーを探していて、いつも行くペットサロンで勧められ(キツン用ではなく、全猫用ですが)2回目以降をアマゾンで購入しております。このフードの前に2種類(グレインフリー)を試しましたが、1番好みだったようです。

良い点は小粒であること、変なフード臭がしない、それと個体差はあるかもしれませんが、便の状態も良く、また便臭がかなり軽減されたことです。グレインフリーのフードは種類が少なく、選択肢がないのですが、こちらとオリジン(キツン用)を交互、混合で与えています。満足できるフードが見つかって良かったです。

うちの子の場合(7か月メスMIX)のレビューです。グレインフリーのフードはオリジンの「キャット&キティ」と「6フィッシュキャット」を食べさせてきました。初めにキャット&キティ(お肉ベース)を与えていましたが、残したりはしませんがいまいち食いつきが悪く、猫用のおかかを添えたりなどの工夫が必要でした。

次に6フィッシュキャット(お魚ベース)を試した所、普通に食べてくれるようになりました。お魚の方がすきなのかな?と思い、こちらのアディクションサーモンブルーも試したところ、とても食いつきが良く、ウェットを残してこちらの製品の方をたいらげている事多々。

便の状態も良好、毛艶もよく、毎日元気に飛び回っております。1種類だと飽きてしまいそうなので、オリジンとのローテーションで与えようと思います。良い商品だと思います。

アレルギー持ちの子に食べさせるために何度かリピートさせて貰っています。効果の方はまだわかりませんが、暫く試したいと思ってます。普通便とはいえ、届くのが他のところより少し時間がかかるので、4つにさせて頂きます。

悪い口コミ・猫泣アイコン

猫たちには好評なのですが、軟便気味の子はこれを食べるとおなかを壊してしまいました。良い商品だと思うのですが、残念です。

サーモンとベニソン両方かいました。ベニソン方は鹿肉の匂いなのか強烈な臭さです。個人的は馬糞や牛糞のような匂いに感じます。(笑)当の猫は問題なさそうに食べてはいますが、そんなに食いつきがいいとも思えません粒はかなり小粒なので丸飲みしています。サーモン味、こちらはちゃんと鮭の匂いがします。リピートはしないと思います。

あまり好き嫌いの無い我が家の子達が殆ど食べなかったガッカリ…。粒はかなり小さい、香りは良い。全年齢対応は助かるんですけど残念だった。

良質なサーモンを使ってあり安心して与えられるので期待していましたが、ウチの子達には人気がありませんでした。残念です。

うちの猫は魚好きなのでお試し購入しました。開けるとお魚のいい匂いがするフードで質が良さそうなのが分かります。ただ粒がかなり小さく、口の横からポロポロ落ちてしまいお気に召さなかったようです。うちの猫は大きめの粒をガリガリ食べるのが好みのようなので。質が良さそうなだけに残念です…

口コミを調べて
公平を記する為、善し悪し5つずつ選びました。

食べる食べない、吐く吐かないは好みに寄りますし、どのキャットフードにもあることです。

この記事で調べているのは「サーモンブルー キャット」の方ですので、魚類はけっこう好みに左右されやすいとされています。全体的な口コミの印象としては、魚好きな猫はよく食べるっていう方が多かったように思います。

粒の大きさには賛否あるって感じですね。丸呑みしちゃうことに関しては猫は噛まずに済むなら基本噛まずに飲み込んじゃう動物なので、詰まって嘔吐したりしなければ大丈夫だとは思いますが、食べ辛そうにしているのはちょっと可哀想にも思いますね。

ちなみに、うちのモコはちゃんと噛みたい派、ミミは飲み込んじゃう派です。

吐かなくなった、便の状態が良くなったというものはチラホラ。しかしながら、このアディクションの拘りポイントであるアレルギー系のことに関してはあまり口コミがありませんでしたね。そこを期待してたんだけどなぁ。

アディクション(サーモンブルー)キャットフード まとめ

アディクション/モコ

毛艶や尿路結石にも配慮されつつ、穀物不使用のグレインフリーであり、猫の負担になるような食材を排除し、アレルギー対策に力を入れている良質なキャットフードという印象のアディクション。

冒頭にも書きましたように、アディクションのラインナップにはこのサーモンメインのものと、鹿肉メインのものがあります。今回「サーモンブルー」をチョイスしたのは、口コミにて魚が好きな子だと食いつきが良いというものが多かったためです。

鹿肉の「ビバ・ラ・ベニソン」の方は、アレルギー対策や栄養素的には良いものの、珍しいっちゃ珍しい鹿肉の使用ということで、好みが分かれるようで・・・好みが分かれるという点では魚も同じなのですが、うちの子は魚好き!っていうところの判断は鹿肉よりしやすいかなとww

愛猫がアレルギー持ちで悩んでいたり、魚がお好きなようであれば、このアディクション(サーモンブルー)を試してみても良いのではないでしょうか。

450gといったお試しにちょうど良い量のパッケージもありますのでね!


最後まで読んでくれてありがとう♪
よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ