猫の味覚ってどうなってるの?「甘い」「辛い」は感じる?猫の舌にあるあのトゲトゲは何?

猫の味覚/モコ

猫それぞれに食べ物に対する好き嫌いがありますよね。

うちの愛猫モコはマグロの赤身が大好き、片やミミはマグロには一切見向きもせず、生クリームなど乳製品が好きです。(注:人間向けの乳製品は、あまり与えてはいけません、猫に与えてはいけないものは、こちらを参照ください。)

猫に与えてはいけない食べさせると危険な食べ物、モコのマグロは大丈夫?鰹節や煮干は?
猫に与えてはいけない食べさせると危険な食べ物、モコのマグロは大丈夫?鰹節や煮干は?
猫が近くに来てほしがるから・・・ 人間が食べられるものだし、味もやさしい物だろうから・・・ 猫草とかもあるし食物繊維は良いのだろうから・・・ ちょっとだけなら大丈夫だろう・・・ 犬が食べても大丈夫だったから・...

といった具合に、猫にもそれぞれ好き嫌いがあるわけですが、そんな猫の味覚とはどのようになっているのでしょうか?甘い物、辛い物などの判断は出来るのでしょうか?キャットフードにはしょっぱい物が多いらしいのですが・・・。

ってことで、今回は猫の味覚について調べてみました。味覚に伴い猫の舌についてもついでにww

猫の舌

猫の味覚/モコ

ご存知のように猫の舌には、なにかトゲトゲした突起物のような物があり、猫に舐められるとザラッとしますよね?これに慣れると久々に犬に舐められたりした時、ヌルヌルしてて気持ち悪く感じてしまったりもしますww

そんな猫の舌には、4つの役割があります。

水を飲む時など「ひしゃく(柄杓)」の代わりとなります。水面に対して舌が裏側に曲がって「ひしゃく」となり、舌が水面に触れたことにより水柱が発生、水柱が最大になったところを口に入れているそうです。なんとも器用な飲み方ですよね。

次に、上記しました突起物が活躍するのが毛繕いです。あの突起物は「糸状乳頭」と言ってブラシになるんですね~。猫は起きている間の10%を毛繕いに費やすと言われているぐらいの綺麗好きですので、体にブラシが備わっているってわけですww

そして、肉食である猫が獲物を捕らえ、骨から肉をそぎ落とす際にも「糸状乳頭」が役立てられるとのこと。

で、最後に持って来ましたが、肝心の味覚となります。これは人間と同じですね。

ただ、舌には「味蕾細胞」という味を脳に伝えるセンサーのようなものがあり、人間にはおよそ10,000前後、猫には750前後しかなく、よって人間とは味の感じ方が違ってくるのです。

猫が感じる味覚は3種類のみ

猫の味覚/ミミ

「味蕾細胞」の多い人間は「甘味」「辛味」「塩味」「酸味」「苦味」「旨味」を細かく感じ取ることが出来ますが、「味蕾細胞」の少ない猫が感じられるのは「塩味」・「酸味」・「苦味」の3種類だけとなります。

酸味

その中でも猫が最もよく感じられるのが「酸味」で、これは肉食である猫が主食となる肉の鮮度を見極めている為だそうです。

だいたい酸っぱいと腐ってるってことなんですが・・・逆に酸っぱいものを美味しく感じている「旨味」と捉えている可能性もあるようで・・・(汗)ほら、靴とか靴下とか嗅いだりするとじゃれたりもしますもんねww

ってか、俺の靴の匂いをよく嗅いでいるってこたぁ・・・俺の足が臭いってことか!?

ま、まぁ好き嫌いはともかく猫は「酸味」を敏感に感じ取れるとのことです。

苦味

次に、「苦み」ですが、これもまた肉を主食としているからで、腐っている肉を判別するために発達したそうなのですが、それにしたって、猫は他の肉食動物よりも抜きに出て強く「苦味」を感じているんだそうです。

なんと肉食動物の中では異例とも言える12種類の「苦味」感じることが出来るのだそう・・・人間が苦いと感じる物は、猫にとってはさらに苦く感じているとのこと。ほな、苦い薬とか絶対飲めないねぇww

塩味

「塩味」に関しては、感じるには感じるけども、ほとんど区別出来ないようなレベル。

猫は人間のようにほとんど汗をかいたりしませんので、塩分が排出されるようなことはなく、獲物から得られる塩分で十分、摂取し過ぎると体に負担ともなり猫にとってぶっちゃけ不必要な栄養素で、「塩味」を感じる必要性がないからだそうです。

猫は甘味を感じない・・・ハズが

猫の味覚/ミミ

「甘味」に関しても「塩分」と同様で、犬は糖分に対するセンサーが最も多いのに、猫はほとんどそのセンサーが無いそうです。犬は雑食ですが、猫は完全な肉食ですので、甘味なんて必要ないってことなのでしょうかね。

って言うのが、基本的な考え方です。

ただ、猫が人間と暮らすようになり、甘い物を口にすることが多くなって来たせいか、「甘味」に反応を示す猫も増えて来たのではないかとも言われているようですよ。新人類ならぬ新猫類なのか!?うちのミミも、もしかしたら新猫類ww

でもそうなると、「辛味」など他の味覚も・・・って話になっちゃいますけどもねぇ。

猫は水の違いがわかる

猫の味覚/モコ

違いの分かる猫ですハイ。

人間には判別出来ないような水の味が、猫には判別出来てしまう。猫は水に対する鋭い味覚を持っているそうなのです。

ある説によると、塩素で判別しているとも言われていて、塩素が抜けたお風呂の水や花瓶の水を飲んだり、はたまた蛇口から直接飲んだりする猫もいたりで、猫の好みによって様々だったりするようです。

うちの場合はモコが水にうるさいですね。お風呂の水や食器など洗い物に溜まった水を飲もうとすることが多々ありますし、猫用の器に入れてる水も入れ替えてくれと要求して来ます。

でもこれはどういうことなんだろうね。猫は砂漠の生き物だったこともあって、水はあまり飲まなくても済むような体質だと言われているのに、そこが発達しているとはこれいかに・・・。

ただ、キャットフードだけを食べるようになった猫にとって、不足しがちな水分は非常に重要であり、腎臓病や尿路結石などに対しても新鮮な水をよく飲ませてやることが大切だったりするのは確かなことですので、違いのわかる猫の好みに合わせて飲ませてあげましょう。

水素水は猫にも効果あるの?ミネラルゼロ天然水を使用した水素水
水素水は猫にも効果あるの?ミネラルゼロ天然水を使用した水素水
こんにちは!レウです。 現在、猫に飲ませている水はどういったものをお使いでしょうか? 基本的にはみなさん水道水をお使いかと思います。 うん、猫に与える水は水道水でまったく問題ありません。 日本の水道水...

なんで猫舌?なんで猫が選ばれた?

猫の味覚/ミミ

「猫舌」と言えば、熱い物が苦手という意味で使われているわけですが、人間以外の動物はみな熱い物が苦手なのです。そもそも火を使えるのは人間だけなのですから。

ではなぜ猫が取り上げられたのでしょうかね?

猫は基本的に味覚はもちろんのこと、食べ物の「温度」「匂い」「舌触り」を重要視して判断しています。

猫は食べ物の温度が30~35℃ぐらいがお好み、35℃を越えると突然食べなくなってしまうそうで、そんな猫の極端さを見て「猫舌」という言葉が生まれたのではないかと言う人がいたり、他の動物よりも犬や猫を飼っている人が多く、犬よりも猫は人間の身近(屋内)で暮らしていた為に、その対象が猫になったのではないか?と言われていたり。

少なくとも、江戸時代には「猫舌」という言葉が存在していて、その頃は犬よりも猫の方が多く飼われていたそうです。特に猫は上流階級のペットまたはネズミ捕獲用として室内で飼われていたそうなので、俺としては後者なのかなぁって思っていますが・・・真相やいかにwwわからんのかーい!

猫の味覚まとめ

猫の味覚/モコミミ

いかがでしたでしょうか?

俺が一番「へぇ」って思うのは、猫の水の飲み方かなwwすくって飲んでいるのではなく水柱を立たせて口の中に入れるってヤツだったりww味覚の話ではないっていうww

して、あくまでもこれらをそのまま受け取った場合の話ですが、猫は苦い物が嫌いでしょっぱさは分からない、30~35℃ぐらいの少々酸味の効いた食べ物(新鮮な肉類)が好き、そして水には特にこだわっていて、たまにはスイーツも食べてみたい・・・ってな生き物ってことになりますねww

まぁこれは極端に言えばだし、個性もありますから、そうではないでしょうけどもww

とりあえず猫の味覚は「塩味」・「酸味」・「苦味」の3種のみであるようです。猫が美味しいと感じるものは、人間の感覚では推し量れないってこと。

人間が食べておいしいから、または味が薄いから、猫にも大丈夫だろう!逆にまずいから、猫も同じように食べない!ってことにはならないってことです。

そもそも人間の食べ物は基本的に猫に与えてはいけません。薄いと感じても塩分が強かったりもしますし、体調を崩す原因となってしまいます。

なるべく総合栄養食である良質なキャットフードと、新鮮な水を与えるのが、やっぱり一番かな。

安全性とグレインフリー中心&安くても安全な厳選おすすめキャットフード比較
安全性とグレインフリー中心&安くても安全な厳選おすすめキャットフード比較
高級なプレミアムキャットフードはグレインフリー中心に、比較的お安いキャットフードは最低限の安全性と栄養素で厳選したプレミアムキャットフードの比較表を作ってみました。ランキングなどはしていませんが、キャットフード選びの参考になれば幸いです。

猫がキャットフードやおやつなど食べ物を食べている姿を見ると、何て言うのかとても癒やされる感じがしますよね?・・・え?俺だけ?

美味しそうに、または一心不乱に食べる姿が俺は好き。そんな姿を見ていると、この子たちに良いものを食べさせてやれるように、もっと頑張ろう!って気持ちにもなるのですww


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする