抱っこが嫌いな愛猫たち、抱っこの仕方、抱っこが好きになる方法は…

モコミミ抱っこ

こんにちは!レウです。

よくTwitterとかブログとかで飼い主さんの腕に抱かれて気持ちよさそ~にしている猫さんたちを見掛けます。

それを見る度に歯ぎしりして思うのが・・・

・・・

・・・

羨ましいっ!!!実に羨ますぃっ!!!

俺かて猫たちを抱っこしたいのにぃ!!!

そう、うちの愛猫たち、モコもミミは抱っこされるのが嫌いなんですorz

ミミは少しの間なら抱っこさせてくれますが、モコに至っては持ち上げられるところから抵抗されてしまいますorz

なんとか、抱っこが嫌いな猫を抱っこ好きにさせる方法はないものか・・・。

ということで、今回はうちの愛猫モコミミの抱っこ嫌いについて書きつつ、猫の抱っこの仕方、抱っこが好きになる方法を調べて書いてみたいと思います(泣)

愛猫たち、モコもミミも抱っこが大っ嫌い!

動物を抱っこすることは、体に異常がないかなどを判断したり、災害時に抱っこして逃げることが出来るなど、普段からの抱っこは良いとされているようですが、うちの愛猫モコとミミは抱っこされるのがマジで嫌い・・・。

ミミはある程度の間であれば、抱っこされるのを我慢(あくまでも我慢)してくれるのですが・・・

ミミ抱っこ

モコに至っては暴れる暴れる・・・俺、負傷必至です・・・腕傷だらけ。

モコ抱っこ

それはもう必至で嫌がるので、正直凹みます・・・orz

抱っこの仕方が悪いのか・・・

う~ん、まぁ確かに無理矢理って形になるので、まずそこがダメなんでしょうね。

ただ、膝には乗って寝ることがあるので、その時にゆっくり丁寧に慎重に抱っこしても・・・やっぱダメ。

ってか正直理由はなんとなく分ってたり・・・。

それというのも、これまた大嫌いなお風呂に入れる時に、いつも抱っこして連れていくからねぇ。

・・・いやまてよ・・・それ以前から抱っこ嫌いだったか・・・。

ミミ抱っこ

不安定なのが嫌なのか?と、脇とお尻を支えてしっかりと安定させても・・・やっぱダメ。

モコ抱っこ

ま、まさか、お、俺が臭いとか!?

いやいや、それならそもそも膝にも乗らぬだろうよ・・・。

なぜだ・・・なぜなんだモコミミ!なぜ抱っこさせてくれぬっ!!

俺はこんなに愛しているのに!!

そういう問題じゃねぇんにゃよっ!!(by モコミミ)

猫を抱っこする方法

う~ん、なんとか猫を抱っこする良い方法はないものかと、色々と調べてみました。

猫が抱っこを嫌がる理由

  • 体が不安定になる。
  • 無理に抱っこされたから。
  • 嫌な思いをしたことがある(病院やお風呂に連れて行かれる)。
  • 飼い主から嫌いな匂いがする。

猫は不安定な場所ではなく安定したところが好きですよね。

段ボールなどの箱、猫鍋、はたまた壁に寄りかかっていたり、顎を何かしらに乗せていたりって猫を見たことがあるかと思いますが、いづれも安定した場所であることが分ります。

ちゃんと抱っこしてあげないと、足が地についていない状況になり不安定となるので、嫌がってしまう。

また、無理矢理だとか、病院へ連れて行かれたり、お風呂へ入れられたりっていう、抱っこ=嫌なことっていうイメージがついてしまっている場合も猫は抱っこされるのを拒否しちゃいます。

猫は嫌なことを記憶する能力、つまり危険回避能力には秀でていますので(汗)

【猫の記憶力】猫は3日で恩を忘れる?猫は家につく?飼い主を忘れる?
「猫は3日で恩を忘れる」と言われ、離れていたら飼い主をこても忘れてしまうとされる猫、「犬は人につき猫は家につく」と言われ遠く離れたところからでも家に戻ってくるとされる猫、そんな猫の記憶力についてです。 、猫の記憶力について調べてみました。

あとは匂い。

猫の苦手な匂い(柑橘系やミント系、刺激臭など)ヘアシャンプーやボディソープ、湿布、塗り薬、香水などにも注意。

匂いもまた抱っこ=嫌なことだと認識されてしまう可能性があります。

猫の正しい抱っこの仕方

  • 両脇に手を入れてゆっくりそっと持ち上げる。
  • 片手でお尻を支え安定させる。
  • 包み込むように抱いてあげて安心させる。

猫が抱っこを嫌がる理由で挙げた“不安定”を感じさせなず、安定させることが重要。

とにかく強制的に捕まえて持ち上げるというのはやめた方が良いですね。

って、しれ~っと人ごとみたいに書いていますが、抱っこしたいが為に何度かそういったことをしたことがあります。

元カノなんてよく追いかけ回してしたからなぁorz

猫が抱っこを好きになる方法は?

  • 子猫の時から抱っこに慣れさせる。
  • 寒くなる季節がチャンス!
  • まずはゆっくり時間をかえて膝の上で慣れさせる!
  • 抱っこしてみて嫌がったらすぐに解放する!
  • 強制、束縛な抱っこはせず、嫌そうならいつでも離して(ゆっくり降ろして)あげる。
  • 普段触れられない物や見れない高さの景色など好奇心を満たす。
  • 危険ではなく、楽しさや安心、腕の中であっても自由を感じてもらう。
  • とにかく慣れるのに時間がかかる・・・。
  • 最終手段は抱っこ紐を使う!!

子猫の頃からってのは、抱っこ嫌いの猫が居て、それでも抱っこしたいって思っている人にとっては、うちも含めてもはや手遅れの場合が多いかと(汗)また子猫をお迎えした時の参考程度で。

抱っこされるのは“危険”だというイメージを、とにかく時間をかけて排除してやることが、抱っこを嫌がる猫を抱っこする近道となる感じですね。

上記抱っこの仕方を踏まえた上で・・・

膝の上で慣れさせる ⇨ 抱っこしてみる ⇨ 嫌がったらすぐに解放 ⇨ 元に戻って繰り返す。

膝の上で慣れさせる ⇨ 抱っこしてみる ⇨ 大人しく受け入れてくれる ⇨ 普段届かない所にある物を見せるor景色を見せる ⇨ 嫌がったらそっと下に降ろす ⇨ 元に戻り繰り返す。

なかなか根気のいる作業ですが、猫を抱っこしたいのであれば、頑張るしかない!

ちなみに猫ババアと言われるうちのオカンは、座っていると猫が膝の上にやって来て、その内猫の方からグイグイ上部へと抱きついて抱っこ成立というパターンが多いです。

うちの愛猫モコミミ抱っこチャレンジ

ってことで、チャンスは寒い時期、いわゆる冬。

膝の上に乗っかって来るようになったら、そのままそっと、そっと・・・。

うんうん、そこまではちゃんと出来ているハズ・・・。

で、猫が膝の上に慣れてきたら、あおむけにして、喉元やお腹をマッサージしてさらに慣れさせる。

これも出来てるハズ!

モコ抱っこ

で、ここからは忍耐勝負って話。

そこまで来たら、いざ抱っこにチャレンジ!

手を猫の脇に入れて、お尻をしっかり支え、体に猫を密着させて安定できる体勢をとる。

で、ちょっとでも嫌がるそぶりを見せたらすぐに解放。

ミミ抱っこ

これを何度も繰り返せば、もしかしたら抱っこ出来るようになる“かも”だそうです・・・。

ほんまかいな・・・。しかも、“かも”・・・かよ!

とりあえず、今からではそれしか方法が無いっぽいので、いつかちゃんと抱っこ出来るように、それを夢見て忍耐強く続けるしかないかな。

あ、それと猫が嫌がる病院やお風呂の時だけ抱っこするってのは逆効果となる模様・・・orz

抱っこ紐が有効な場合もあるようで・・・今、ちょっとそれもやってみようかと考え中ww

どうしても猫を抱っこしたい!って方は試してみるといいかもですが、もちろんそれも確実とは言えないので、ご自身の判断で・・・。

猫と抱っこ、結局のところ・・・

モコミミ持ち上げ
(ちなみにこの写真↑の抱き上げ方は、抱っこに慣れさせたいなら・・・ダメ!絶対ダメ!!だそうです。)

猫たちは母猫から「抱っこ」をしてもらうことはなく、人間の愛情表現でもある抱っこをしても、地に足の着かない状態にされてしまうってだけ・・・ただただ不安になるだけなんだそうです。

そもそもうちのモコミミは、母親の存在さえ知らない恐れがありますからねぇ・・・。

また、それぞれの猫には個性もあるから、どうしようもない場合も(泣)

ただし、幼少期であれば抱っこ好きにさせるのは比較的簡単だそうで、幼いうちに抱っこが愛情表現だと認識してもらえれば、上記のような抵抗はしなくなり抱っこさせてくれる可能性が大きいとのこと。

そ、そうなのか・・・。

うちのモコミミは、もはや手遅れって話なのかもしれませんなぁ・・・orz

・・・。

まぁそれでも諦めず、猫たちのストレスにならない程度に上記方法で繰り返し頑張ってみよっとwww

いや諦めろよ!!(by モコミミ)


よろしくお願いしま~す!
にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする