モコは凶暴で意地悪だと誤解されやすい猫、でも本当は・・・。

誤解されやすい猫/モコ

今回は誤解されやすい愛猫のモコについて書きたいと思います。

うちの愛猫ハチワレグレーのモコとキジシロのミミは、どちらかと言えば仲が良いとは言えません。

猫同士で体を寄せ合って寝たりすることなんてほぼありません。

どんなに寒くても別々に寝ているのです。

誤解されやすい猫/モコミミ

くっついて寝ればかなり暖かいだろうに・・・。

昔はよく一緒に寝ていたんやけどなぁ・・・。

それは何故か・・・その原因はモコにあります。

ミミを追いかけ回したり、ミミが寝ているところを横取りすることが多く、いつしかミミがモコのことを毛嫌いするようになってしまったのです。

誤解されやすい猫/モコミミ

誤解されやすい猫/モコミミ

誤解されやすい猫/モコミミ

誤解されやすい猫/モコミミ

また、モコは人見知りが激しくて飼い主である俺にしか体を触らせない。

誤解されやすい猫/モコミミ

実家の家族や友人、彼女に対しては、威嚇したり、何もしていないのに突然猫パンチしたりと、うちのオカンなんかには凶暴だと恐れられる始末・・・。

猫と彼女。
愛猫モコとミミにまつわる出来事を書き綴る「ねこ録」、俺の生きる希望になっている猫たちと、元々Twitterのフォロワーさんだった遠距離中の彼女。彼女になかなか馴れてくれない猫と、早く仲良くなりたい一心の彼女、そんな猫と彼女についてです。

なので、お客さんが来ると俺もすごく気を使います。部屋に入る前に注意事項だとかを説明したり(汗)

といった具合に、モコは少々世話の焼ける子だったりするのです。

誤解されやすい猫/モコ

そういったところから、モコは自分勝手でワガママな子だと俺は勝手に判断し、ミミと仲良く出来ないのはモコが悪い!ミミ嫌がってるでしょ!と決めつけて、いつもモコを注意してきました。

モコが執拗にミミを追いかけてまわしていたらミミを救ってやり、モコに注意!

モコがミミの場所を奪い取るような素振りを見せたら、モコを注意!

まぁそうでなくても、ミミに猫パンチをくらっているモコなんですけどもね。

だけど・・・それは誤解だったのかもしれない。

今までは仕事柄、俺が猫たちと一緒に過ごせる時間は1日置きしかなかったのですが、俺のライフスタイルが少々変わり、モコミミと一緒にいる時間が増えたことで、最近になって気付いたことがあるのです。

一番大きいのはモコの鳴き叫び・・・。

誤解されやすい猫/モコ

上の写真はちょっと違うのですが、俺が用事などしてて構ってやれないからか、モコは落ち着きなくウロウロしては甲高い声で鳴き叫ぶことが多々あるのです。

冬になってから特に多くなったかな。

一見強気に見えるモコですが、パニクると発作を起こすてんかん(癲癇)持ちであったり、ストレスから過剰なグルーミングをして薄毛になったりすることもあり、実は精神的にもの凄く脆い子だったりするのです。

【猫のてんかん(癲癇)】5年ぶりに再発したモコのてんかん発作、原因は俺にある・・・。
てんかん持ちの愛猫モコ、ここ数年は発作を起こさずに平穏に暮らしていたのですが、5年と2ヶ月ぶりに発作を起こしてしまいました・・・。そこで、てんかんについてと、モコとてんかん発作の記録として書留めておきたいと思い、その経緯を記事にしました。
【猫のストレス】猫の過剰グルーミングによる薄毛(ハゲ)に悩まされた日々…
猫のストレスによる薄毛(ハゲ)、モコも過剰なグルーミングにより毛を噛みちぎってお腹や両手足が薄毛になった頃がありました。当時のことを振り返りながら猫の薄毛(ハゲ)について、そして猫のストレスについて、症状や原因と解消方法を調べてみました。

ですので、ちょっと心配になって来て、一緒に居てやれる時間も増えたことだし、モコが鳴き叫ぶ時の状況などをじっくり観察することにしました。

すると、モコが鳴き叫ぶ時には必ずといって良いほどミミの姿が見当たらないのです。

つまり、モコがウロウロして鳴き叫んでいるのはミミが見つからないから・・・。

冬になってコタツを出すと、ミミはほぼ一日中コタツに引きこもってしまうので、冬になってからモコが鳴き叫ぶのが多くなったのも頷ける。

誤解されやすい猫/ミミ

その心理はわからないのですが、ミミのことを心配しているのか、ミミが居なくて寂しいのか、とにかくミミを探しているように見えたのです。

俺には、子猫が見あたらず心配で探し回る親猫の姿、またはその逆のように映りました。

誤解されやすい猫/モコミミ

ミミが見当たらないとモコはいつまで経っても鳴き叫びウロウロして落ち着かないのに、ミミが目の届く場所にいる時には嘘みたいに静かにしていて、お気に入りの猫ベッドなどにスッと横になったりする。

その誤解に気付いた時、これまでのモコの行動を色々と思い返すと、全てが違った印象で見えてきた。

モコがミミを追いかけ回すのは、ただ単にミミと遊びたいだけ。

だけど、ミミはただ追いかけ回されていると誤解し、モコを毛嫌いしちゃっているので、逃げられてしまう・・・。

モコがミミの場所を奪い取るように見えるのは、ただミミと一緒に寝たい、または側にいたいだけ。

だけど、ミミは場所を奪われると誤解し毛嫌いしているので、立ち退いてしまう・・・。

人間という物は、どちらかと言うと弱い立場の視点から見てしまいがちで、これらの行動がモコの狂犬(猫だけどww)自分勝手から来る行動に見えてしまっていただけなのかもしれない。

もちろん、ミミが悪いわけではないのです。モコが不器用なだけなんだと思います。

ミミがうちに来た時、先住猫で、すでに大人になっていたモコが、力の加減もわからず小さなミミを傷つけてしまうのではないだろうかとか色々心配したものです。

ですが、二匹を引き合わせてみると、モコは面倒見もよくミミに優しく接していて、モコミミは仲良くいつも一緒に行動していました。

皮膚糸状菌症を患っていたキジシロ猫ミミの幼少期、モコとの初顔合わせ!
なし崩し的に引き取ることになった愛猫ミミの幼少期。皮膚真菌症を患っていたので隔離生活から始まり、先住猫であるモコとの顔合わせ、そして立派(おデブ)に育つ成長比較。猫の皮膚糸状菌症について、原因や症状、治療、予防方法などと併せてご覧下さい。

そして、最近「猫なんてよんでもこない。」という映画を見てハッとさせられたのが、避妊や去勢をすることで猫の性格が少し変わってしまう(全ての猫に当てはまるわけではない。)場合があるということ。

ミミがモコとあまり一緒に居なくなったのは、避妊してからなのかもしれない。そう言えばその頃ぐらいから、一緒に寝る姿を見ることはなくなったようにも感じる。

避妊や去勢は猫を飼う上でとても重要であることは分かってはいるものの、そう考えるとなんだかちょっと寂しい気もするね。きっとモコはもっと寂しいよね。

誤解されやすい猫/モコ

で、今回このモコに対する誤解に気が付いたことで、モコのことがこれまで以上に愛おしくてたまらなくなるっていう親バカさ加減ww

すべては飼い主目線での話であり、真実がどこにあるのかなんて永遠に分からないのにねww

ミミにしたら迷惑であることに変わりはないし(汗)

誤解されやすい猫/ミミ

それでも、同じ屋根の下で生活しているモコとミミ(とついでに俺)ですので、あまりモコミミが過剰に仲良くしているような姿は見られないものの、ミミもちゃんとモコの存在を認めてはいるので、近寄り過ぎはしませんが一緒の空間にいることは多々あります。

誤解されやすい猫/モコミミ

誤解されやすい猫/モコミミ

↑ これはたまたまミミがモコに気付いてない、または眠たいだけなんだけど(苦笑)

モコミミの関係は、旦那さんは奥さんが大好き過ぎるけど、奥さんはベタベタしてくる旦那さんを鬱陶しく思っている・・・そんな感じかな。注)モコミミは夫婦ではありません。

誤解されやすい猫/モコミミ

以上、一見するとモコは飼い主にしか懐かず、その他の人々には威嚇したり傷つけたり、ミミに意地悪をしているようにも見えたりするので、モコは色々と誤解されやすいのですが、本来のモコはとても優しくて淋しがり屋、そして甘えん坊なのです。

また、飼い主である俺自身が、モコのことを勘違いしていたのかもしれず・・・今までごめんね。もっともっと猫たちのことしっかり見てあげないといけなかったね。

というお話でした。

でも・・・

誤解されやすい猫/モコミミ

誤解されやすい猫/モコミミ

誤解されやすい猫/モコミミ

誤解されやすい猫/モコミミ

踏むのはよくないよ!!!

誤解・・・だよね?


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする