【猫の毛艶・毛並み】毛艶・毛並みは健康バロメーター、髪は女の命、毛艶や毛並みは猫の命!

猫の毛艶・毛並み/ミミ

この記事を書く2日前に、ちょうど猫をお風呂に入れたったところです。

猫はしっかりと毛繕いをする綺麗好きなので、ぶっちゃけ洗ってやらなくても良いですし、猫にとってもストレスだったり、飼い主にとっても猫を風呂に入れるのはまさに戦場(洗浄だけに)で戦うようなモノ!ですからね。猫によっては大人しい子もいるようですが・・・。

ただ、うちの愛猫モコミミの場合は綺麗にするのが目的ではなく、爪を切るのが目的だったりしますwwモコミミの場合は、お風呂に入れられると意気消沈して、爪をきりやすくなるのでww

とまぁちょっと話が逸れましたが、お風呂に入れてやると毛艶や毛並みが良くなりフワフワ、フカフカ、モコモコ度がアップします♪

髪は女の命と言いますが、猫は毛艶と毛並みが命(この表現はある意味間違いでもない)ですww猫の毛艶や毛並みが良いと可愛さも更に増すってもんですし、毛艶や毛並みは健康のバロメーターでもあるのです。

そこで、今回は猫の毛艶や毛並みについて、毛艶・毛並みが悪くなる原因、毛艶や毛並みをよくする方法など、色々と調べてみることにしました。

猫の毛艶・毛並みは健康バロメーター

猫の毛艶・毛並み/モコ

猫は起きている間の10%~30%は毛繕いをしているほどの綺麗好きです。

猫がそんなにも毛繕いをするのは、綺麗にする、体温調節、リラックス効果、そして自分の匂いを消すといった様々な理由があります。

ちなみに、最後の匂いを消すというのは、飼い主が触った後にも行われますよね(汗)あれは獲物に見つからないようにしてるのに匂いを付けるんじゃないよ!ってことで猫の本能的な習性ですので、嫌がっているわけではありませんよww

そんな風に元気で健康な猫であれば、しっかり毛繕いを行う為、毛艶や毛並みが異常に悪くなるようなことはほとんどありません。

つまり、猫の毛艶や毛並みが異常に悪くなるということは、何かしらの原因が潜んでいるということになるのです。

逆に言えば、毛艶や毛並みが良ければ元気であり健康である証とも言えますね。

毛艶や毛並みが悪くなる原因

猫の毛艶・毛並み/ミミ

老化によるもの

猫が年を重ねて高齢化、老猫になると、どうしても栄養を吸収する力が低下してしまい、その結果、被毛のまで十分な栄養が行き渡らず毛艶や毛並みが悪くなってしまう傾向にあります。

これに関しては自然の摂理でもありますので、特に心配の必要はありません。被毛サポートされたキャットフードへの変更によって改善させることは出来ますが、先にも言いましたように、こればっかりは自然の流れでもありますので、どうするかは飼い主さん次第となりますね。

俺としては、特に健康上問題が無いので有れば、敢えてその流れに逆らう必要は無いような気もしますが・・・。

栄養が不足している

猫の被毛は栄養に敏感です。栄養が偏ると毛艶や毛並みは悪くなってしまいます。人間でも栄養が偏ると、顔色が悪くなったりもしますよね。それと同じです。

これは猫が毎日食べるキャットフードによってもの凄く左右されます。

猫にとって必要な栄養素がしっかりと含まれているキャットフード、例えば良質なタンパク質が豊富に含まれているモノ、毛艶や毛並みなど被毛をサポートする栄養素(オメガ3やオメガ6)が含まれているもの、猫にとって不必要なもの(添加物や副産物など)が含まれていないもの、などにすると驚くほど改善されますよ。

もしも、愛猫は元気だけど毛艶や毛並みが良くないって感じるようであれば、日々の食事から得られる栄養が不足しているのかもしれませんね。

キャットフードに潜む危険性とは?キャットフード選び6つのポイントと適切な切り替え方法
キャットフードに潜む危険性とは?キャットフード選び6つのポイントと適切な切り替え方法
猫のおもちゃを選ぶ時ぐらいキャットフード選びもほんと迷いますよねぇ。 物凄い数のキャットフードが世に出回っていますからねぇ。 いやマジで・・・。 猫たちもちゃんと食べているし、考えるのも面倒だから、ずっと同じフード...

皮膚の乾燥

毛がボッサボサのパッサパサになっていてフケが多く出ている場合には、猫の皮膚が乾燥しているおそれがあります。

特に冬場などは部屋が乾燥してしまいますので要注意ですね。

猫は水分をあまり取らない動物ですので、部屋があまりにも乾燥している上に水も飲まないとなると脱水症状を起こしてしまいます。部屋を加湿したり、新鮮な水を常に用意するなど猫が水を飲みやすい環境(状態)にして、しっかりと水分補給をさせましょう。

口内トラブル

口の中に何かが出来てしまっていたり、口内炎などを起こしている場合、猫は食欲不振となり、毛繕いする元気もなくなってしまい毛艶や毛並みが悪くなっていきます。口の中に痛みを感じていれば口を動かしたくなるのも至極当然。人間でも同じですよね。

毛艶や毛並みが良くなくて、あまり食欲が無いようであれば、口内トラブルを抱えている可能性もありますので、動物病院へ連れて行き一度診て貰ってくださいね。

内臓疾患

これが一番厄介なヤツ。

慢性腎不全や慢性胃腸炎など内臓疾患にかかっている可能性があると、猫の毛艶や毛並みは悪くなっていきます。先ほど猫の毛艶や毛並みは健康のバロメーターと書いた所以となります。

猫は我慢しちゃう生き物ですので、体調不良や病気などであってもなかなか気付きにくい傾向にあります。ですが、当人(猫)は我慢し平常を装っていたとしても、毛艶や毛並みの悪化までは隠せません。

毛艶や毛並みが急に悪くなったり、食欲や元気がなかったりする場合には、これらの病気など何か問題を抱えている可能性があり、命にも関わって来るので、すぐに動物病院に連れて行ってあげてください。

猫の毛艶や毛並みを良くするには?

猫の毛艶・毛並み/モコ

猫の毛艶や毛並みを良くするには、原因のところでも少し書きましたが、まずは食事。そしてブラッシングが有効となります。

キャットフードの見直し

良質で栄養満点な食事を与えると猫の毛艶や毛並みはビックリするほど改善します。

キャットフードの中には被毛サポートされているものがありますが、特に重要なのは良質なタンパク質が含まれているということ。猫にとってももっとも重要な栄養素です。これがあって初めて被毛サポートにも目を向ける方が良いです

猫の毛艶や毛並みをよくする栄養素を具体的に言いますと、先にあげた良質なタンパク質、ビタミンA、そして油分となるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸とになります。それら栄養素がバランス良く配合されているキャットフードをチョイスすると良いでしょう。

尿路結石・アレルギーなど猫の病気・症状・状態別に、改善や予防するのに適した栄養素とキャットフード
尿路結石・アレルギーなど猫の病気・症状・状態別に、改善や予防するのに適した栄養素とキャットフード
猫を飼っているとやはり気になる尿路結石、毛玉ケア、毛並み・毛艶。 猫がよくなってしまう病気、腎臓病や、肥満が原因となってしまう糖尿病。 目やに・涙やけ・くしゃみ・鼻水・咳や、便秘に下痢や嘔吐などといった症状。 食が...

ブラッシングする

猫はしっかりと毛繕いするからブラッシングはやらなくても良いかと思っちゃいそうですが・・・そうではありません。サボろうとしてもダメですww

毛繕いだけでは、被毛のお手入れが十分とは言えないので、せめて一日一回はブラッシングをしてあげましょう。ブラッシングをすることで、毛玉リバース(嘔吐)対策にもなりますし、ブラッシングが好きな猫であればスキンシップにもなります。

また、わたくしもとても関心を持っている人間の髪の毛だって頭皮マッサージが大切だと言われていますように、猫にブラッシングしてあげることでマッサージ効果があり、血行をよくしてあげることも出来ます。

つまりブラッシングしてあげることで一石二鳥にも三鳥にもそれ以上にもなるって話なのです!

ただし、ブラッシングが嫌いな猫の場合には無理矢理やるのは止めましょう。逆にストレスになってしまいますので、ほどほどで。

猫の換毛期に優しくブラッシング!嫌がる猫にも効果あり、グローブ・ハンド型ブラシ!
猫の換毛期に優しくブラッシング!嫌がる猫にも効果あり、グローブ・ハンド型ブラシ!
猫の換毛期は年に2回、季節の変わり目、春から夏にかけて、または秋から冬にかけて起こります。 特に春から夏にかけての換毛期はもの凄く毛が抜けますよね。 抜けてもちゃんと生えてくるあたり、薄毛や抜け毛予防に奔走している俺にと...

猫の毛艶・毛並みまとめ

猫の毛艶・毛並み/モコミミ

毛艶や毛並みは猫の健康バロメーター、毛艶や毛並みは猫の命。

それだけに頼るのはどうかとも思いますが、猫の毛艶や毛並みの善し悪しによって、ある程度は猫が今どんな状態なのかが分かります。

毛艶や毛並みが良い猫はサラサラ、モフモフしていて可愛さもアップ、健康状態も悪くはないということです。ですが、毛艶や毛並みが急に悪くなったのであれば、何かしら問題を抱えていることになり、それがもし病気であれば命に関わってくる可能性もあるわけです。

もちろん毛艶や毛並みだけではなく、様々な猫のサインにいちはやく気付いてあげるのが飼い主のひとつの役目と責任でもあります。毛艶や毛並みで言えば、定期的にブラッシングしてあげてスキンシップを取りつつ、猫の状態を確認してあげてくださいね。

髪は女の命、毛艶や毛並みは猫の命・・・なかなかうまいこと言うなぁって自分で思っていたりww・・・え!?そうでもない!?・・・だと。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ