【猫の歯磨き】歯周病や口内炎から猫を守る為、虫歯にならない猫にも歯磨きは必要!

猫の歯磨き/モコ

人間にとって歯磨きはとても大切ですよね。

虫歯になると歯医者さんに何度も行かなくてはいけなくなるし、口内に異常があると日々の生活にも支障を来しますからね。


で、猫はと言いますと・・・

実は猫には虫歯ってものがありません。

ですが、猫も歯磨きをした方が良いのです。


歯磨きか・・・。

うちの猫たちは絶対にさせてくれないだろうなぁ・・・。


ってことで、今回はなぜ猫に虫歯がないのか、だったらなぜ歯磨きが必要なのか、猫に歯磨きする方法だとか、ちょっと調べてみました。

猫は虫歯にならない!?

猫の歯磨き/モコ

これはちょっとビックリですね。

俺も猫になりたいって気持ちが高まってしまいます。

ではなぜ猫は虫歯にならないのか。


まずは猫の歯の形ですね。

人間の歯は、食べ物をすり潰す形、平らであるが故にその窪みに菌が溜まって繁殖しやすい。

ですが、ご存知のように肉食動物である猫の歯は尖っているので、

菌が溜まりにくい形になっているのです。


次に口内環境。

口内環境における尿路結石などでお馴染みのph値(酸・アルカリの度合い示す数値)が関係してきます。

人間の口内ph値は6.5~7.0の弱酸性、猫の口内ph値は8.0~9.0のアルカリ性。

虫歯の原因である虫歯菌は酸性の環境でないと繁殖しにくいので、アルカリ性である猫は虫歯になりにくいというわけなのですね。

なんで猫にも歯磨きが必要なの?

猫の歯磨き/モコ

虫歯にならないなら猫に歯磨きの必要なんて無いんじゃないの?って思ってしまいますよね。

ですが、猫にも歯磨きが必要なんです。

それは、口内で起こり得る病気は虫歯だけに限らず他にもあるから。

猫が歯磨きをしないことで起こり得る(逆に言えば、歯磨きをすることで防げる)病気は主に2つ、歯周病と口内炎です。

歯周病

歯周病とは、歯に付着した細菌が毒素を放出して、歯茎や骨などに炎症が起きてしまった状態のことを指します。

歯周病の主な原因は歯垢です。

歯に付着した細菌が集まって出来る菌膜が24時間で歯垢となります。

歯垢をそのままにしてしまうと石灰化し、2~3日程度で歯石となってしまいます。その歯石には、さらに歯垢が付着しやすくなるという悪循環を招いてしまう。

歯垢自体は歯磨きなどで簡単に落とせるのですが、歯と歯茎の間「歯周ポケット」に入り込むと除去しにくくなりますし、歯石化するともう歯磨きでは取り除けません。

歯垢がとどまってしまうと細菌が繁殖し、やがて炎症を起こし歯肉炎が起こってしまいます。歯肉炎が悪化すると歯周炎となり、歯周炎になると正常な組織に戻せなくなり歯が抜け落ちてしまう場合もある。

それら歯肉炎や歯周炎といった病気の総称が歯周病ってわけです。

[症状]
・口臭がきつくなる
・歯茎が赤みを帯びる
・歯茎から出血が見られる
・歯がグラグラする(抜けかけていると歯が伸びたように見える)
・痛みがある為、食べるのが遅い、または食べない

[引き起こされる病気]
・外歯瘻:骨が溶けて目の下など皮膚に穴が開く
・内歯瘻:骨が溶けて歯茎に穴が開く
・口鼻瘻管:骨が溶けて口と鼻の間の骨に穴が開く
・歯肉口内炎:歯肉・口腔粘膜の慢性的な炎症
・心臓、腎臓、肝臓などの疾患を起こす原因にもなる場合もある

口内炎

人間の場合、生活の乱れや不摂生によって起こる口内炎。

口内炎には、他の病気に伴って起こる「系統性口内炎」と、潰瘍を伴う慢性的な「潰瘍性口内炎」とがあります。

口内炎の原因は様々あります。

「系統性口内炎」はケンカなどで出来た口内の傷やウイルス感染などが原因。

「潰瘍性口内炎」はハッキリと解明されてはいませんが、歯周病の歯肉炎から口内炎へと発展する場合が多いとのこと。

人間の場合の口内炎は軽い物が多くそれほど気にはしませんが、猫の場合はまたちょっと違って来ます。

特に「潰瘍性口内炎」は、歯茎から頬の内側までに炎症がおよび、潰瘍(皮膚や粘膜面における組織の欠損)を引き起こし、口の中が広範囲にわたり赤く腫れ上がります。

その見た目もさることながら、かなりの痛みを伴いますので、猫は痛みから空腹にも関わらず食事することが出来ず、免疫力低下や衰弱してしまう。

そのまま放置していても治ることはなく衰弱死してしまうことだってあるのです。

[症状]
・口臭がきつくなる
・痛みがある為、食べるのが遅い、または食べない
・水をあまり飲まなくなる
・口が開き大量のよだれが出る
・口を気にする(ぺちゃぺちゃ鳴らす)
・あまり毛繕いをしなくなる
・口内が腫れている

歯磨き(口腔内ケア)の必要性

猫の歯磨き/ミミ

ここまでで歯周病も歯肉炎も猫にとって怖い病気だということが、お分かりいただけたかと思います。

どちらも一度なってしまうと、元には戻せなかったり、治療がとても困難(治療費もお高い)ですので、そうなってしまわない為にも予防が大切なのです。

そして、これらの病気から猫を守るには、歯磨きを含めた口腔内ケアがとても重要。

口内炎の原因は歯周病、その歯周病の原因は歯垢、つまり歯磨きなどの口腔内ケアによって、歯垢を取り除いてやることが予防となるわけです。

歯磨きにチャレンジ

猫の歯磨き/モコ

まずほとんどの猫は歯磨きを嫌がります。

一番良いのは離乳期から歯磨きに慣れさせるのが良いのですが・・・なかなかそうもいかないと思いますので、しばらくの間は慣れさせる作業を行います。

まずは慣れさせる

猫がリラックスしている時にでも、マズルと呼ばれる?箇所“ω”をマッサージするように優しく揉みます。「気持ちいいにゃ!」って思ってもらえるように。

それに慣れてきたら、指を口の中にいれて歯や歯茎を触ってみましょう。

次に猫用の歯磨き粉を指に点けて(または歯磨き粉を点けたガーゼを指に巻いて)歯につけてみます。

猫用の物は猫にとって美味しい味になっているので、「ん?にゃんだコレ!美味い!」って思ってもらえたらこっちのものかもですww

そして、今度は歯ブラシの代わりに綿棒などでやってみます。

そこまで出来れば、いよいよ歯ブラシでの歯磨きにチャレンジしてみましょう!

いずれも、噛まれて怪我をしないように軍手などをして行ってくださいね。

歯磨きのやり方

必要な道具は人間と一緒、猫用歯ブラシと猫用歯磨き粉(ペースト)となります。

歯垢が付着しやすく歯周病になりやすい歯は、前方にある牙みたいな犬歯ではなく奥の歯、臼歯とよばれる歯、特に上の臼歯。

ですので、上の臼歯を中心に歯磨きをしてあげると良いそうです。

もちろん、小さく可愛い前歯(門歯)や噛まれるアレ(犬歯)なども磨いてあげた方が良いです。

歯ブラシは歯周ポケットを意識して、まっすぐ垂直に当てるのではなく、少し斜めにし歯茎に向け「歯周ポケット」に当たて、歯周ポケットから汚れを掻き出すイメージで左右に小刻みに動かす。

力強く動かしてしまうと汚れが落とせない上に歯肉を傷つけてしまう可能性がるので注意してください。

また、上の臼歯を磨くには、歯ブラシを口(マズルと呼ばれる?部分→“ω”)に入れてしまえば、口を開かずとも磨けます。

歯磨きの回数は、一日一回やれれば良いのですが、様々な理由でなかなかハードルが高いと思いますので、歯垢が歯石に変わるまでの期間内(2~3日)に一回ぐらい行えば良いのかなと思います。

歯ブラシ以外にも色々ある

歯ブラシを使うのが一番歯垢を落とすことが出来るのですが、なかなか歯ブラシを受け入れてはくれない場合もあります。

猫の歯は犬よりも小さいので、歯垢をうまく落とせないかもしれませんが、フィンガーブラシなんかもあります。

また、ブラシ系がダメなら、歯垢が落とせるガーゼや歯磨き用のウェットシート。

磨いたり拭いたりが困難な場合には、口腔内スプレーやデンタルジェルを使ってみるのも良いでしょう。

いやもう口の周りに手をやるのも厳しいのであれば、噛むことで歯垢が落とせたり減らせたり出来るおやつ・おもちゃなんかもありますよ。

ただ、歯ブラシ以外のものは、いづれも補助・サポート的扱いとはなってしまいます。

ですが、効果が無いわけではないので、何もしないよりはいいんじゃないかなぁ。


下記リンクは、各店舗「猫 歯磨き」で検索した歯磨き用品の一覧ページへ飛ぶようになっていますので、愛猫に合った歯磨きアイテムを探してみてくださいね~。

まとめ

猫の歯磨き/モコミミ

人間でも歯磨きは大切ですが、猫にとっても歯磨きは非常に重要だということが分かりました。

歯周病は歯が抜けてしまう可能性や他の病気を引き起こすというところがとても怖いですし、口内炎に至っては痛みで食事が出来ずに猫が衰弱、そして死に至る可能性も・・・。

日々の生活で防げるような病気はなんとか防いで、猫を守ってやりたいところですね。


お恥ずかしながら、うちのモコミミに歯磨きをしてやったことがありませんでした。

運良く歯周病や口内炎にはなっていませんが・・・。

でも、まず間違い無く歯磨きはさせてくれないだろうなぁ・・・。

とりあえず慣れさせる作業からやってみて、それでもダメならどれかの歯磨き補助アイテムを使ってみようかと考えています。


ちなみに、モコの“ω”をモミモミしてみたところ速攻で噛まれてしまいましたorz

諦めずに、しばらく続けてみよう・・・。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする