【猫と免疫力】猫を病気から守る!免疫力が低下する原因と高める方法

猫と免疫力/ミミ

こんにちは!レウです。

愛猫モコミミも飼い主でもある自分もだいぶ年を取り、そろそろ健康についてしっかりと考えねばならんなぁ・・・と思いつつ、猫共々ダラダラと生活しちゃっている昨今です。


さて、猫の免疫力について考えたことってありますか?

普段はあまり猫の免疫力についてなんて考えないかもしれませんね。

猫が元気であれば尚のこと。


しかし、我々人間も然り、生き物にとって免疫力はとても大切です。

免疫力が低下すると、それまでは平気だった病気にもかかりやすくなってしまう。

その中には恐ろしい病気もあり、かかってしまってからでは手遅れになるようなものも・・・。


うちの猫は元気だと思っていても、目に見えないところで免疫力が低下しているおそれもあります。

そこで、猫の免疫力について、

免疫力が低下するとどうなるのか。

免疫力が低下してしまう原因とは何か。

免疫力を高める方法はないのか。

といったことを調べてみました。

免疫力とは?

猫と免疫力/モコ

「そもそも免疫力とはなんぞや?」


免疫力とは、体外から侵入したウイルスや細菌など有害となる異物を、免疫細胞が常に観察し、発見した場合には攻撃・排除してくれる力のこと。

簡単に言えば、自己防衛システムですね。

なんかカッコイイし頼れる存在!

免疫力が強く正常に働いてくれれば、病気にかかりにくい体を維持できます。

ですが、その力が弱まってしまうと、有害な異物たちが好き放題やらかす状況になるので、病気にかかりやすくなってしまうというわけ。


では、免疫力が低下するといったいどんな病気にかかりやすくなってしまうのか。

主には体外から侵入する異物によって引き起こされる猫風邪や猫エイズといったウイルス、または寄生虫などといった感染症。

腎臓病などの内臓疾患や糖尿病、皮膚疾患など、老化に伴う様々な病気もまた免疫力の低下によって起こりやすくなってしまいます。

中でも怖いのは癌。

恐ろしいことに癌細胞というものは日々体内で生まれているのです。

それを免疫細胞が防波堤となって、どんどん駆逐してくれているので、発病までには至らないのですが、免疫力が下がればその防波堤が崩れてしまうことに・・・。


一例として免疫力低下によって発病し得る病気を書きましたが、まだまだこれだけではありません。

数え切れないほどの病気や症状から免疫細胞は、猫の体を守ってくれているのです。


免疫力がいかに大切かお分かりいただけたと思います。

特に免疫力がまだちゃんと作られていない子猫期、免疫力がどんどん低下していくシニア期は要注意。

猫の免疫力が低下する原因は?

猫と免疫力/モコ

免疫力が低下する原因となるものは主に5つです。

裏を返せば、これらに気をつけることで免疫力低下を防ぎ、免疫力を高められるということです。

免疫機構が育ってない時期

この世に生を受けたばかりの子猫は、まだ免疫というものが作られていません。

では生まれたばかりの子猫はどうやって体を感染症から守っているのか。

それは、母猫から母乳(初乳)を通して抗体を移行させる「移行抗体」がなされるから。

その抗体は、子猫の免疫機構が発達するまでの数ヶ月間の間、しっかりと守ってくれるのです。

いやぁ母親って凄いね!

しかしながら、免疫機構が発達し始めた頃はまだ不完全であり、免疫が低下した状態とも言えますので、子猫の間は十分に注意してあげなければなりません。

老化

成猫の時はしっかりと免疫力が維持出来ているのですが、年を重ねるにつれて免疫力も落ちて来てしまいます。

それは自然の流れでもあり、これもまた人間と同じですね。

老化に伴って患う可能性のある病気は、体のあちらこちらにガタが来はじめ、腎臓疾患や癌など重篤なものが多く見られますので、シニア期は特に気をつけなければなりません

過剰な活性酸素

活性酸素は、吸い込んだ酸素をエネルギーに変える際に必ず作られ、体内の毒素(ウイルスや細菌)を排除してくれる大切なもの。

ですが、一定量であれば必要な存在なのですが、過剰に作り出されてしまうと、途端に悪さをし出すという扱いの難しいヤツなのです。

過剰に増えた活性酸素は、毒素だけでなく免疫細胞をも攻撃しはじめるという見境ない状態に。

・・・もはやキレたヤンキーですコレ。

[活性酸素が増える要因]
・ストレス
・急激な運動
・紫外線を多く浴びる
・体内に異物が多く侵入し、免疫細胞が過剰に働く
・タバコの副流煙
・添加物の多い食事

過剰に増えた活性酸素が、細胞にダメージを与えることで老化を早めてしまいます。

老化が進むと先ほども書きましたように、シニア期に多い腎不全や癌を含めた様々な病気の一因となってしまうのです・・・。

腸内環境の悪化

ここはかなり重要です。

実は、免疫細胞の60~70%が「腸」に集中しているのです。

体外から「腸」へとやってくる食べ物や飲み物には、ウイルスなど有害となる物質が付着していることが多い。

そんな有害物質からの攻撃を防いだり排泄したりする「腸」には、免疫細胞が必要不可欠というわけ。

ですので、その腸内環境が悪化することで、そこで待機している多くの免疫細胞たちにも多大な影響を与えてしまうのです。

免疫力を高めてげたいと思うのであれば、腸内環境を整えてやることがとても重要となります。

猫エイズウイルス

猫エイズと呼ばれる猫後天性免疫不全症候群は、その名の通り免疫不全を起こす病気です。

発症すると免疫力がどんどん低下していき、それが原因でかかってしまうその他の感染症や、肺炎や癌、臓器疾患などによって命を落としてしまうのです。

猫の免疫力を高めるには?

猫と免疫力/モコミミ

猫の免疫力を高めるには、上記しました免疫力が低下する原因を参考にしながら考えると良いかもしれませんね。

無添加で消化吸収の良い食事を心がける

猫の免疫力を高める上で重要となるのは、日々栄養をしっかりと摂ることです。

猫の食事において無添加なキャットフードを選択するのはもはや基本ですね。

[免疫力を高めるキャットフード選びのポイント]
・活性酸素を増やしてしまう添加物の含まれないもの。
・栄養価の高い動物性タンパク質の多く含まれているもの。
・腸内環境を考慮して、消化に良くない穀物は、不使用またはメイン食材になっていないもの。
・消化吸収に優れているもの。

腸内環境を整えてくれる栄養素を含んでいると尚良しです。

腸内を綺麗にしてくれる水溶性食物繊維や、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、またそれらを増やしてくれるオリゴ糖なんかも配合されていると良いですね。

無添加で厳選したキャットフードの比較表を作ってみましたので、参考にしていただければと思います。

安全性重視!グレインフリー中心と安くて安全なキャットフード比較
安全性重視!グレインフリー中心と安くて安全なキャットフード比較
高級なプレミアムキャットフードは安全性と栄養そしてグレインフリー中心に、比較的お安いキャットフードは最低限の安全性と栄養素で厳選、もちろん全製品無添加なプレミアムキャットフードの比較表を作ってみました。

活性酸素に留意する

増え過ぎた活性酸素は、免疫力の低下だけでなく腎機能にも影響を与えてしまいます。

活性酸素を過剰に増やしてしまわないように気を配りましょう。

なるべく猫にストレスを与えないように生活するのはもちろんのこと、遊んであげるなどして適度な運動をさせるのも大切です。

タバコの副流煙を含む空気の汚染などにも、空気清浄機を設置するなど気を配ってあげると良いかと。

家にタバコを吸う人なんかがいれば尚のことです。


また、増え過ぎた活性酸素のみを無害化する効果が期待されている水素水を与えてみるのも免疫力を高める一つの手となります。

そもそもドライフードを食べる現代猫にとって、水分補給はとても大切ですし、尿路結石や便秘、さらには腎不全予防にも有効です。

キャットフードだけではなく、猫の飲む水にも拘ってみても良いのではないでしょうか。

水素水は猫や腎不全にも効果ある?おすすめはペットの贅沢水素水!
水素水は猫や腎不全にも効果ある?おすすめはペットの贅沢水素水!
健康に良いとされる水素水、猫にも効果があるのか、腎不全にも有効だという理由は何なのかも含めつつ、ミネラルゼロの天然水を使用し、コストパフォーマンスにも優れる猫におすすめの水素水「ペットの贅沢水素水」の特徴や効果的な与え方などをご紹介。

腸内環境を整える

多くの免疫細胞が集中している腸内環境を整えることが免疫力を高める鍵ともなります。

腸内環境が整えば、免疫力だけにとどまらず、便秘はもちろん、目やにや涙やけなどアレルギー症状、毛球症、肥満の解消など、多方面に渡り良い効果が現われます。


腸内環境を整えるには、食事のところでも書きましたが、腸内環境をサポートする栄養素を含み消化吸収の良いキャットフードにするのが良いですね。

ですが、キャットフードだけでは補えない場合もありますし、乳酸菌に関しては経口摂取の場合、腸に届くのは1%未満ともされています。

すでに腸内環境が悪化している場合には、いくら良質なキャットフードを与えても、消化吸収能力自体が弱っているので、うまく栄養を吸収出来ずにその効果が得られないってことも。

そういった不安要素を解消してくれるような乳酸菌を育てて腸内環境を整えるサプリメントもあります。

個人的な意見かもですが、よく見掛けるような「免疫力アップサプリメント」よりも、こちらの方が免疫力を含む多方面に効果的だと感じています。

猫のあらゆる症状一挙解消!乳酸菌を育み腸内環境を改善するサプリメント
猫のあらゆる症状一挙解消!乳酸菌を育み腸内環境を改善するサプリメント
目やに、涙やけ、下痢、便秘、嘔吐、毛並み、肥満、アレルギー、食欲不振・・・様々な猫の症状。それらは腸内環境が悪化し消化吸収能力の低下が原因かも。乳酸菌を育て腸内環境を改善するサプリで、そんな症状が解消され免疫力も高められます。

まとめ

猫と免疫力/モコミミ

人にとっても猫にとっても、様々な病気から体を守ってくれる免疫細胞。

免疫力を維持または高める事が出来れば、将来的に不安となる猫の病気にもかかりにくくなります。


猫の免疫力においてキーワードとなるのは、腸内環境活性酸素

その為に注意すべき要素3はつ、しっかりと栄養を摂る、適度に運動をする、ストレスフリーです。


腸内環境を悪化させてしまわないように、無添加で消化吸収に良いキャットフードを選んだり、サプリメントを使うなど、食事の面で気を使ってあげてください。

もちろん、無理をする必要はありません。

飼い主であるあなたが出来る範囲内で、より良い工夫をしてあげれば良いのです。


そして、暇があれば猫と遊んで適度な運動をさせてあげてください。

それがまたスキンシップにもなりストレスの発散にも繋がります。

また、猫が安心して過ごせる居場所を多く作ったり、猫のトイレ掃除をしっかりするなど、猫になるべくストレスを与えないようにしてあげてください。

活性酸素が増え過ぎないように、原因のところでも書いたようなことに注意してあげてくださいね。


あと、人間であるご自身の健康も大事ですよ!

ついつい猫のことばかり考えてしまいがちですが、猫にとって頼れる存在でもあるあなたが倒れてしまっては元も子もないですからね。


人も猫も免疫力を高めて、皆さんが愛猫と少しでも長く一緒に過ごせますように。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする