猫に与えてはいけない食べさせると危険な食べ物、モコのマグロは大丈夫?鰹節や煮干は?

猫に与えてはいけない食べ物/モコ

猫が近くに来てほしがるから・・・

人間が食べられるものだし、味もやさしい物だろうから・・・

猫草とかもあるし食物繊維は良いのだろうから・・・

ちょっとだけなら大丈夫だろう・・・

犬が食べても大丈夫だったから・・・

と、可愛い愛猫が近くにやって来て、目をランランと輝かせ催促されると、ついつい与えてしまいがちな(人間の)食べ物。

でもちょっと待ってください(汗)

犬よりも解毒機能が弱い猫にとって危険な食べ物は多くあり、その量などによっては様々な体調不良を起こし、最悪の場合は死に至る可能性まであるのです。

この記事では、それら猫にとって危険な食べ物、与えてはいけない食べ物を調べてみました。

猫に与えると死に至る可能性の有る食べ物

猫に与えてはいけない食べ物/モコ

ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウなどネギ科の植物全般

そのままは元より煮ても焼いてもダメ!

ネギ類に含まれるアリルプロピルジスフィドという成分が猫の赤血球を壊したり、血液を作る骨髄にも悪影響を及ぼし、貧血や血尿の原因になる。

そのほか、心臓の鼓動が加速したり、黄疸、嘔吐、下痢などの症状があらわれる。元気な成猫であれば自然治癒する場合もあるが、子猫や老猫なんかだと、重度の貧血となり命を落とす恐れもあります。

チョコなどカカオ類やカフェイン

チョコレートやココアなどに含まれるカカオ類のテオブロミンがm¥、腎臓など中枢神経を刺激し、嘔吐、下痢、血圧上昇、不整脈、興奮、痙攣などの症状を引き起こします。

また、カフェイン(コーヒーやお茶)は興奮状態を起こしやすく急逝心不全での死亡例もあり、いづれも重傷化すると死亡する危険のある食べ物です。

チョコなんかはよく食べこぼしたりもしますので、猫が食べてしまわないよう注意が必要ですね。

アルコール

人間にある急性アルコール中毒に似たよう症状をおこす場合も。特に子猫なんかには一滴でさえそうなってしまう可能性があり危険。

知識が乏しい上に酔っ払っている人というのは、猫が近くに来るとおもしろ半分に舐めさせたりする可能性もあるので、注意しましょう。

また、生のパンなど、生のイーストはアルコールを発生させますので、そこも覚えておきましょう。

ぶどう

犬の例でしかないので、猫にとってどうなのか真相は不明ながら、ぶどう(レーズン)を食べた犬が嘔吐、下痢、腹痛、腎不全など主に腎臓に障害を与える可能性があり、重傷化したり最悪の場合は死亡したとの報告もあるそうです。

雑食の犬よりも猫の方が強いとは到底思えませんので、これらも猫に与えるの危険だと考えられます。

ナッツ類

危険だと言われているのは、マカダミアナッツ、アーモンドやクルミ、ピーナッツといったもの。

神経・消化器・筋肉へのダメージ、痙攣、嘔吐したりします。

特にマカダミアナッツは中毒性があり(そのメカニズムは解明されていない)、それがとても急性で摂取後早く(12時間以内)に症状が現われ、処置が遅れると死に繋がってしまう場合もある。マカダミアナッツチョコレートは、チョコレートも危険なので最悪ですね。

ナッツ類の全てが危険だというワケではないのですが、塩分やマグネシウムが含まれていたり、いづれにせよ消化には良くないですので、与えないに越したことは無いです。

食べこぼしなどには十分に注意しましょう。

キシリトール

低血糖症を引き起こすインスリンの量が極端に増加し、その量は砂糖と比べてなんと6倍。ガム一枚だとしても血液中の栄養素グルコース濃度が低くなり低血糖を引き起こします。

低血糖は虚弱、嘔吐、歩行困難、発作や昏睡状態、肝機能障害を引き起こしてしまいまい生命に関わる場合もある。

ほとんどの猫は、その匂いがもの凄く苦手なので大丈夫かと思いますが、一般的に嫌がるモノは与えないのが無難ってことです。

香辛料

こしょう・わさび・からし・唐辛子などの香辛料は、胃を刺激し麻痺させたり、肝臓障害、腎不全や泌尿器疾患の原因にもなる。

アルコール同様にあそび半分で舐めさせたりする場合もあるかと思いますので注意しましょう。

危険な食べ物

猫に与えてはいけない食べ物/ミミ

アワビ、トリガイ、 サザエ、トコブシなどの貝類

「アワビを食べると猫の耳が落ちる」という言葉がありますが、これはアワビの内臓に含まれる光励起物質が光線過敏症の原因となるためです。

そうなると光に敏感となり、日光が猫の毛が薄い部分である耳にあたって炎症を起こし激しいかゆみが生じて掻きむしってしまう上、有害成分によって耳の組織が壊死するとされています。

アワビ以外でもこれら貝類は、いずれも皮膚疾患の原因になる可能性があるので、与えないようにしましょう。

スルメ

スルメ自体には有害成分は無いのですが、胃の中で10倍以上に膨張し、腸を通ることも、また吐き出す事も出来なくなり、危険な状態にもなりかねないので、猫には食べさせないようにしましょう。

アボカド

アボカドにはペルシンという殺菌作用のある毒素が含まれ、人間には影響ありませんが猫にとっては毒性が強く、中毒症状を引き起こしてしまいます。

摂取後すぐさま重篤化する可能性は低いですが、多く摂取してしまうと、嘔吐・下痢・痙攣・呼吸困難、胃や腸の炎症が発症したりする。もちろん重篤化すれば死に繋がる可能性もあるので注意が必要です。

生のブタ肉

猫の体内で成虫まで生き続けるという寄生虫「トキソブラズマ」がいて、感染症を引き起こし体重減少・下痢・目の障害などを起こす。

また「人獣共通感染症」なので排出物から人にも感染してしまう可能性もあるので危険です。

生卵

加熱すれば良質なタンパク源となるので問題ないが、生卵に含まれているアビジンは、ビタミン群であるビオチンを分解し、下痢、皮膚炎、結膜炎といった症状を引き起こす可能性がある。

鶏、魚の骨

猫の喉や消化器官は細く、割れると鋭くなりがちな鶏の骨や、硬い魚の骨は、喉に突き刺さってしまうおそれがあり、窒息する可能性がある。また消化器官に刺さると腸閉塞なども起こしかえない。

猫が過剰または長期的に食べるとよくない食べ物

猫に与えてはいけない食べ物/モコ

適切でない量のレバー

適切な量であればビタミンAとBが豊富なので猫にとって良い食べ物ではあるものの、与えすぎるとビタミンA過剰症になり、筋肉や骨に悪影響を与える危険性がある。

牛乳(乳製品)

乳糖であるラクトースを分解する酵素を持ち合わせていない猫は下痢や軟便になってしまう。また、その酵素を持ち合わせていない猫は何気に多いようです。成分を確認した上で猫用のミルクを与えるようにしましょう。

比較的猫は乳製品(チーズやバター)を好む場合がありますが、塩分が多く含まれているので、おいしそうに食べてくれるからといって与えすぎないようにしてください。

かつお節・煮干し

かつお節や煮干しには、リンやマグネシウム、そして塩分が多く含まれるので、与え続けると尿石症になるおそれが有ります。

なるべく減塩など猫用の物を与えるようにした方が良いです。

毎日だったり過剰に与えたりはせず、水分を十分に摂取できていれば問題はありません。

マグロ・カツオ・アジ、イワシ、サバなど青魚

刺身などでよく食卓に並ぶ青魚、猫にとっても好きな子もいるかと思います。うちのモコがそうですね。

与えるのが毎日ではなく少量であれば問題ありません。ってことで、この記事を書きながらそっと一安心している俺ww

ただ、毎日だったり過剰に与えてしまうと、過酸化脂質、脂肪が酸化して黄色脂肪症(イエローファット)と言う病気になってしまいます。お腹や胸などの皮下脂肪が炎症を起こして、痛みと熱をともなう硬いしこりができてしまい、普通に歩行出来なくなるようです。

急性ではなく、長期に摂取し続けるなどするといけません。また、毎日でなくても、ほしがるからといって、決して与えすぎないようにしてください。

生のイカやタコ

「猫がイカを食べると腰を抜かす」という言葉を聞いたことがあると思います。

生のイカに含まれる酵素チアミナーゼが、ビタミンB1を分解してしまい、急性ビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性がある。

食欲低下や嘔吐から始まり、瞳孔が開いておぼつかない歩き方になります。さらに症状が進むと痙攣、おかしな姿勢をとったり奇声をあげるなどの症状が見られ、最悪は昏睡状態そして死に至る危険性があります。

おかしな姿勢というところから腰を抜かすと言われているのですね。

すぐさま症状が現われるわけではなかったり、チアミナーゼは加熱すると力を失いますが、そうはいってもやはりイカやタコは与えないほうが良いと思います。

ドッグーフード

猫は肉食動物、犬は雑食であり、必要な成分や役割がまったく異なります(猫に必要となるタンパク質やタウリンがまったく足りていません)ので、急を要し一時的であればまだしも、ドッグーフードを与え続けるのは絶対的に良くありません。

ちなみに古くなったキャットフードも良くないです。賞味期限や保存方法はしっかりと確認しましょう。

その他

猫に与えてはいけない食べ物/モコ

人間が口にする色々

当たり前ですが人間が食べるような加工された食品は基本的に食べさせない方が良いです。

糖分の多い甘いお菓子、塩分の加えられた食べ物、特に人間のサプリメントや人間の薬・・・人間と猫のサイズからして、いづれも猫のキャパを越えるほどの物となり、毒となってしまいます。

猫は人間や犬と違って雑食ではありません。猫によっては好みの匂い等につられて、それらを食べたがったりもしますが、そこはグッとこらえましょう。

植物(アジサイ、アサガオ、アイビー、チューリップ、アロエ等々多種)

猫に有毒な植物は700種類以上あると言われ、特に危険だと言われる植物のひとつがユリ科の植物、全ての部分に毒性があり危険。

またアロエなど多肉植物や一般的に部屋に置くような数多くの観葉植物にも有害なものが多い。死に至る場合もあるので十分に注意しましょう。

ちなみに人間にも良くないので当然ですが、ジャガイモの芽は絶対にダメ!

猫はどうしても植物をかじったり食べてしまう傾向にあるので、部屋の中にある植物には十分に注意する必要があります。

また庭で遊ばせてあげたい、散歩に連れて行ってあげたいってこともあるかと思いますが、その場合も同様に猫が何か見知らぬ植物を食べようとしないか、しっかりと見ていてあげてくださいね。

まとめ

猫に与えてはいけない食べ物/モコミミ

いかがでしたでしょうか、知っている食品から、中には、え!?そうなの!?って思うような食べ物もあったのではないでしょうか。今回は猫にとっては危険とされる代表的な食べ物を紹介しましたが、きっとこの他にもあるかと思いますので、猫に与える食べ物には重々注意する必要があります。

うちのモコは刺身の赤身マグロ(トロは食べない)が大好きで、月に一度だけ与えていたり・・・。

ミミは甘い物が好きで、特に生クリームを好みます。年に数回ペロリ程度ですが・・・。

また、鰹節や煮干の猫用ふりかけを数日に一度キャットフードにかけていて・・・。

生魚や煮干を猫に与えると良くないとどこかで聞いたことがあったので、調べながらそれらの名が出てくるのではないかとドキドキしていました。

ですが、そのどれもが毎日ではなく少ない量であれば問題無いとのことで、密かにホッとしていたりもします。

こんな俺ですので、猫に催促されると、どうしてもって気持ちはよく分かるのですが、愛しているのならば逆にグッと堪える必要がありますね。

色々と調べてみて大丈夫そうなら良いですが、それでもやはり人間の食べる物は与えないに越したことはありませんので、キャットフードや猫用のおやつを与えるようにしましょう。

あと、猫の誤飲などがよくあるように、猫は落ちているものなどを口にしてしまうことが多々あると思います。

うちはトイレの猫砂におから系を使っていて、床に飛び散った粒を食べてしまう場合があったりします。食べても大丈夫なヤツなのでまだ良いですが、それでもバイ菌などが心配。

それがもしも上記にあげたような猫にとって少量でも危険な食べ物であったなら・・・与えていないから大丈夫だと思っていてもってこともあるかもしれませんので、調理中や食べている時にこぼしてしまったモノにも注意が必要ですよ。


毎日食べているキャットフードにも潜んでいる危険性はこちら↓

キャットフードに潜む危険性とは?キャットフード選び6つのポイントと適切な切り替え方法
キャットフードに潜む危険性とは?キャットフード選び6つのポイントと適切な切り替え方法
猫のおもちゃを選ぶ時ぐらいキャットフード選びもほんと迷いますよねぇ。 物凄い数のキャットフードが世に出回っていますからねぇ。 いやマジで・・・。 猫たちもちゃんと食べているし、考えるのも面倒だから、ずっと同じフード...


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする