ねこ録:皮膚糸状菌症を患っていたミミの幼少期、そしてモコとの初顔合わせ!

ちびミミ

今回は小さい頃・幼少期の感染症を患っていたミミについて書いてみました。

当時はスマホを持っていない頃で、デジカメも持ってませんでしたので、ほとんどがカメラ付き携帯で撮影してた写真となります。

画像が少々荒かったり小さかったりですが、その辺はご了承いただければ幸いです。

ミミとの出会い

モコを家族に迎え入れてから一年が経ったある日、知り合いが子猫を引き取らないかと話をもちかけて来ました。

モコを我が家に迎え入れた時の記事でも書きましたが、俺が住んでいるマンションは動物禁止。

なのでこれ以上は厳しいと話したのですが・・・。

その知り合いはまさか断られるとは思ってもいなかったらしく勝手に先方と話をつけてしまったそうなのです。

待て待て・・・いやいや、そんな勝手な話はなかろう・・・。

で、その子の可愛らしい写真を見せられ、長時間の説得を受け、なし崩し的にその子を引き取ることになってしまいました。

まぁ自分の中で一匹も二匹も変わらんか・・・モコも一匹でいるよりも多頭の方が寂しくなくていいかなぁってなんとな~く頭にあったのは確かで、強く断ることが出来なかったのですが。

ちびミミ

そんなこんなで、我が家に二匹目の猫がやって来ることとなり、多頭飼いのスタートとなったのでした。

皮膚糸状菌症を患っていたミミ

そうして、我が家にやって来ることとなった子猫。

ちびミミ

会ってすぐに異変に気付きました・・・。

手や足、尻尾、そしてお腹周りの毛が抜け落ちていて、皮膚が真っ赤にただれていたのです。

皮膚糸状菌症

先方の話によるとこの子は拾った子らしいのですが、拾った直後はドロドロになりひどく汚れてはいたそうですが、皮膚の状態については気が付かなかったと・・・本当かよ・・・確かに最初に見せてもらった写真では確認出来ないけど・・・不信感!

皮膚糸状菌症

まぁ、そんなこと言っても、一度責任を持って引き取ると承諾したのだから今更ですね。

とにかく病院に連れて行き診察しもらうと、真菌(カビ)の感染が原因となる皮膚糸状菌症とやらにかかっているとのこと。しかも他の猫に感染する病気、うちにはモコが居ましたので、その子はしばらく寝室に隔離して治療することとなりました・・・。

ちびミミ

あ、そうそう、皮膚が痛いのか痒いのか絶えずミーミー鳴いていたのと、耳が大きめだったので名前はミミと名付けましたww

寝室の中からミーミーと鳴き声がもれていましたので、モコは気が気でない様子ww扉に張り付いて離れませんでしたねww

子猫であるミミは痛々しい皮膚の状態とは裏腹に、何にでも興味を示しめちゃめちゃ元気で甘えん坊、まさに子猫ってヤツですww

ちびミミ

おいおい、そんなところに乗っかったら俺の大事なところにカビが生えるでしょ~なんて言いながら、それはそれで楽しみながら治療を続ける毎日。

そうしてどれぐらいミミの隔離生活が続いたのかはよく覚えていませんが、次第に皮膚の腫れは引き、手足や尻尾は比較的早く、お腹の毛もうっすらと生えて来ました。

ちびミミ

ちびミミ

病院の先生にもお墨付きをいただき、いよいよ隔離解除!となりました♪

モコとのファーストコンタクト

モコミミ

さて、ミミがやって来てから寝室にずっと隔離、開かずの間と化していたので、モコとの面会叶わず、モコはひたすらヤキモキする日々ww

そしてついにモコとミミが初めて対面する日がやって来ます。

モコがケンカをふっかけるんやないかとか、おもちゃのように弄んでしまうのではないか、ミミが怖がって隠れてしまうのではないか、正直どんな状況になるのか飼い主である俺もドキドキしたものですが・・・

モコミミ

なんのこたぁない、お互い興味津々で匂いを嗅ぎまくりながら様子を見るっていう、これまでも一緒にいたかのような反応でした。

うんこれならいける!確信しましたねww

その後もミミは、モコと一緒に遊び、一緒に食事をし、一緒に寝る・・・何をするにも絶えずモコの近くにいましたww

モコミミ

モコミミ

あの頃は本当にいつも一緒で、微笑ましかったです。

しかし今では、モコの隣の芝生が青く見え過ぎるジャイアン気質や、ミミが大人の女性になったことにより、モコが近寄るとミミが離れていくという・・・よくある倦怠期のカップルや熟年夫婦のような間柄に・・・。

それでも、お互いに認め合ってはいるので、これからも俺も含めて一緒に楽しく過ごそうね♪

成長比較

モコの時もやったのでミミもやろうと思ったのですが、うまく写真が揃わなかったので、ちょっと分りづらいかもですが。

ちびミミ

うむ、順調にお太りになられてますなww

今やおデブミミとしてうちでは名を馳せているミミですが、皮膚疾患を乗り越えて元気にぶくぶく太ってくれているのは、健康的?なので安心します。食事療法によってピーク時よりは痩せて来たと思うしねww

ピーク時↓

デブミミ

そして今↓

ミミ

www

ちなみにモコの成長比較はこちら↓

ねこ録:モコの幼少期、少ないけど子猫時代の写真ありったけ全部ww
ねこ録:モコの幼少期、少ないけど子猫時代の写真ありったけ全部ww
今回は小さい頃・幼少期のモコ、忘れもしない出会いについて書いてみました。 当時はスマホを持っていない頃(っていうかスマホなんてあったっけ?)、デジカメも持ってませんでしたので、カメラ付き携帯で撮影してた写真となります。 ...

最後に

強引に引き取ることになったり、皮膚糸状菌症を患っていたことで、当初はどうなることかと心配でしたが、なんとか健康(デブ)に育ってくれて良かったww

ミミ

ミミが仲間に加わったことで二匹だけながら猫多頭飼いのスタートとなりました。

イタズラや、猫周りのお世話、食費などの費用、心配ごと等々、全てにおいて掛る負担は2倍となってしまいましたが、彼女らから得るものは多く、癒しや幸せも2倍!いやそれ以上です!

一人暮らしながら日々賑やかに暮らしています♪

それに、仲違いすることはあっても一匹でいるよりも二匹でいる方がモコミミにとっても良いハズ、留守にした時の寂しさも緩和されていると思うので、ミミを引き取った事は間違いなく正解だったと思っています。

長生きして一日でも長く一緒にいようねモコミミ!

モコミミ


ミミのおもろかわいい動画祭りはこちら↓

ねこ動画:お帰りダンス、枝豆ビビり等々ミミのおもろかわいい動画祭り
ねこ動画:お帰りダンス、枝豆ビビり等々ミミのおもろかわいい動画祭り
ふわふわ猫歴ねこ録ねこ動画第二弾ミミ祭り まだまだ動画編集に慣れませんで、一つ作るのに無駄に時間が掛ってしまいますが、 やっとこさ当ブログ2つ目の動画を上げるとが出来ました。 ・・・たいしたことはやってないのですがね・・・...


最後まで読んでいただきありがとうございます!
にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする