猫の目やに・流涙症を伴う涙やけの原因や予防方法、感染症の可能性もある目やにや涙の色には注意すべし!

猫の目やに・涙やけ/ミミ

猫はとても綺麗なビー玉のような目をしていて、じっと見つめている(見つめられている)と吸い込まれそうになることもしばしば。

猫が遊ぶ時や興奮した時なども、目がランランしていて、とても可愛いですよね。

しかしながら、そんな綺麗な猫の瞳が、猫の目が目やにで汚れていたり、涙やけをおこして目の周囲の毛が変色していたりといった場合があります。

猫でも犬でも、そんな瞳が涙に潤んでいるのを見ると、こちらもなんだか切ない気持ちになりますし、目やにや涙やけが酷いととても辛そうに見えますよね。

そんな猫の目やにや涙やけに、それぞれの原因となるものや、治療・予防方法を調べてみました。

猫の目やに・涙やけについて

猫の目やに・涙やけ/モコ

【目やに】

目やには、涙でゴミや古い細胞などの老廃物を絡め取って排出されたもの。

茶色だったり赤褐色、黒っぽい目やに、ちょっとねっとりするぐらいの目やには、正常なので心配ありません。また、寝ている間に老廃物が溜まり固まって出来る目やにに関しても特に問題ありません。

注意が必要なのは、白い目やにや、黄色・緑などといった色の目やにです。これらの目やにが見られた場合には、細菌感染の疑いが出てくるのです。

猫の目やにの原因

[外的要因による感染症]
猫どうしのケンカによって眼が傷つけられた場合になってしまう結膜炎など感染症にかかっている場合には、膿が混ざりどろっとした黄色~緑色の目やにが出て、涙も赤や茶色い涙になることがあります。片目からやたらとサラサラの涙や目やにが出ている、目をしばしばさせている時は、外傷を負っている可能性が高いです。

[猫風邪]
猫がよくかかる病気の一つである猫風邪。発熱・くしゃみ・咳など人間と同じような症状と共に、白色や緑色のような目やに両目からが出る。

[クラミジア]
猫クラミジア細菌に触れることで発症する感染症です。まず片目から粘り気のある黄色い目やにが出て来て、次にもう片方の目からも同じような目やにが出て来ます。クラミジアには外猫に注意が必要ですが、家猫であっても人間の服や靴などからの細菌によっても感染してしまうことがあるので油断は禁物。

[アレルギー]
絶えず目やにが出ている、サラサラとした目やにが出ている場合にはアレルギーである可能性があります。猫のアレルギー症状は人間と同じような症状であり、原因も花粉、カビ、ハウスダスト、食べ物などである場合が多いです。

目やにの治療

結膜炎などの場合には目薬による点眼治療、感染症の場合は抗生物質を投薬などを行います。目やにの色や量に異常を感じたら、自身で判断せずに動物病院に連れて行ってあげて一度診察してもらい、適切な処置をしてもらい早期に治してあげましょう。

【涙やけ】

涙やけとは、目の下や周囲が黒や赤茶色に汚れている状態のこと。

涙やけは、常に猫の目に涙が溢れ出てしまう流涙症という病気が原因である可能性が大です。涙管が詰まり涙が行き場を失って流れ出て、目の周囲を汚してしまう。

外的要因や病気など後天的な理由で起こるのが大多数ですが、ヒマラヤン、ペルシャ猫のように鼻の低い猫種の場合はその顔の形状が涙管がつぶれてしまいやすく、涙の流れを阻害して起こるといった先天的な場合もあるようです。

涙やけは、清潔な猫にとっても気持ちの悪い状態であるとも言えますし、見ているこちらも辛い気持ちになります。また、こまめに拭き取ってやるなどして清潔にしてやらなければなりません。そのまま放っておくと、細菌による感染などで様々な病気の原因となってしまいますので注意が必要。

流涙症の主な症状

・常に涙が出る。
・目やに。
・涙やけ。
・光をまぶしがる。
・よく目をこすり、まばたきの回数が増える。
・痛みから頻繁に鳴いたり、ストレスから乱暴になったりする。
・結膜が赤く腫れる。
・両目に発症するとは限らない。

流涙症の原因

[目や鼻の疾患]
角膜炎や結膜炎、緑内障、眼瞼炎などの目の炎症や感染症によって、涙の分泌が過剰となり、涙管が炎症したり狭くなったりすることで、流涙症を引き起こす。角膜炎や結膜炎や感染症の場合には赤や茶色い涙が出ることがあります。また、目と鼻は繋がっているので、鼻炎などで鼻涙点が詰まることが原因となることもある。

[外的要因]
逆さまつげなど目に異物が混入していたり、事故や猫どうしのケンカなので起こる角膜の損傷などによって、涙が過剰に分泌された場合に流涙症を発症するおそれがある。これらの場合、片目だけに涙やけが起こる可能性も。

[アレルギーが原因]
花粉やカビ、ハウスダスト、食べ物などで起こるアレルギーも原因となる要素のひとつ。

涙やけの治療

異物の除去、基礎疾患の治療、アレルゲンの特定と除去といった流涙症の原因を取り除いてやることになりますね。そのほか、抗生物質を含んだ目薬による点眼治療、麻酔をして特殊な器具により涙管の通りをよくする涙小管洗浄、先天的な涙管の変形が見られる場合には外科手術などを行う場合もあります。

目やに・涙やけの予防

猫の目やに・涙やけ/ミミ

とにかく、目の周辺を清潔にし、涙をまめに拭き取ってあげることが重要となります。

目やにや涙やけを拭き取る際には、猫の目はとてもデリケートなので、ガーゼやコットンまたは綿棒をぬるま湯に浸して、強引にではなく、優しくゆっくりと数回に分けて拭いてやるなどして、清潔に保ってあげてくださいね。

ティッシュは繊維が荒いし、人間用のウェットティッシュはアルコール成分の入っているものが多く、猫には刺激が強いので使わないようにしてください。

目やにが多いようなら、動物病院で点眼薬などを処方してもらい、結膜炎などになってしまわないようにすること。また、予防接種を受けることで感染症のほとんどは防げますので、なるべく予防接種は受けさせましょう。

食事(キャットフード)の面では、アレルギーに気をつけることが最大のポイントになりますね。アレルゲンとなる食材が比較的つかわれていないものをチョイスすると良いでしょう。

穀物アレルギーな猫にはグレインフリーなキャットフードが良く、肉類よりも魚類の方がアレルギー性が低く目ですし、人工着色料・人口香料・防腐剤なども含まれていない方がより安全かな。

グレインフリー中心に厳選したキャットフードの比較表です。参考にしてみてください。

安全性とグレインフリー中心&安くても安全な厳選おすすめキャットフード比較
安全性とグレインフリー中心&安くても安全な厳選おすすめキャットフード比較
高級なプレミアムキャットフードはグレインフリー中心に、比較的お安いキャットフードは最低限の安全性と栄養素で厳選したプレミアムキャットフードの比較表を作ってみました。ランキングなどはしていませんが、キャットフード選びの参考になれば幸いです。

また、良質なキャットフードに切り替えても、目やにや涙やけが治まらないといった場合には、腸内環境が悪化している場合もあります。

腸内環境が悪化していると消化吸収が上手く出来ずに、体内に残った穀物やタンパク質などに悪玉菌が集まり腐敗させ、そこから有害物質を放出していまうのです。それが目やにや涙やけなどアレルギー症状を引き起こしてしまっている可能性も。

そもそも消化吸収が上手く出来ないので、良いとされるキャットフードの効果も現われづらくなる。

そういった可能性のある場合には、サプリメントを試してみるのも一つの手ですよ。

腸内環境を整え便秘や免疫力アップに!乳酸菌を育む猫用サプリメント
腸内環境を整え便秘や免疫力アップに!乳酸菌を育む猫用サプリメント
目やに、涙やけ、下痢、便秘、嘔吐、毛並み、肥満、アレルギー、食欲不振、元気がない・・・様々な猫の悩み。それらは腸内環境が悪化し消化吸収能力が低下しているのが原因かも。サプリメントで乳酸菌を育て腸内環境を改善すれば、そんな悩みから一挙に解放されるかもしれません。

猫の目やに・涙やけまとめ

猫の目やに・涙やけ/モコ

友人の猫さんに涙やけが酷い子がいます。友人も頑張って拭き取ってあげてはいるようですが・・・涙やけ状態のその子の写真を見せて貰う度に、辛そうだなぁって思っています。

うちも片目を悪くしていた子を飼っていました。当人は気にしてなかったようにも見えますが、飼い主としてはその姿が辛そうで・・・。

また、突然猫が目をしぶしぶさせていたり、晴れていたりすると、どうしたどうした!?って心配になりますよね。

汚れている場合には、優しく綺麗に拭き取ってあげたりして、猫の綺麗な瞳を守ってあげましょう。

猫の目の周りの状態は、猫の出す様々なサインでもあります。そんなサインにいち早く気付いてあげて、ひどい状態にならないように動物病院に連れていくなど、適切な処置をしてあげてくださいね!


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする