猫の便秘、症状と原因、その改善と対策は?たかが便秘と侮ることなかれ!

猫の便秘/モコ

あなたの愛猫はいつもしっかりと排便していますか?便の様子を確認していますか?

猫が排便する際に硬くて痛そうだとか苦しそうだとか、トイレ掃除する時に便が出ていない、いつもより便が少ない等々・・・猫も便秘になるのです。

猫は水分をあまり取らない生き物ですので、便秘になりやすいそうです。

うちの猫たちは歴代猫も含めて、幸いなことに便秘とは無縁でしたが・・・。

この記事では、そんな猫の便秘について、症状、原因、改善・予防方法などを調べてみました。

猫が便秘だと判断する症状は?

猫の便秘/ミミ

・便が出ていない
・便の量が少ない
・トイレできばってるけど便が出ない
・トイレに何度も入り、出てくるまで時間がかかる
・排便中に鳴くことがある
・排便中に嘔吐する
・コロコロとした小さな便しか出ていない
・便の形が細長い
・下腹部に硬いものがある
・水分を多く含んだ便(奇異性下痢)

これらのような状態になっていると便秘の可能性があります。

猫が丸2日間、排便していなかったら、まず間違い無く便秘ですね。また、排便されていたとしても、量が少なかったり、ウサギの糞のようなコロコロして小さな物しか出ていなければ、それもまた便秘なのかもしれません。

一応は排便されているから大丈夫だろう・・・というのは良くありません。知らないうちに便秘となってる可能性もあり、便秘が続くと肛門の側にある結腸に便が溜まってしまうと、巨大結腸症なる病気になってしまう可能性もあります。

巨大結腸症になると、排便が出来ず数週間から一ヶ月に渡り便秘が続いてしまい、そうなると、その間は通院して浣腸や摘便、便を掻き出してもらったりしなければならなくなります。

また、誤飲している場合や腫瘍などが出来ている場合など、その便秘の原因によっては早期に発見してあげることが大切ともなりますので、たかが便秘ぐらい・・・と侮ってはいけません。なので、猫のトイレ掃除をする際に、便の様子も確認する癖をつけると良いかと思います。

猫の便秘の原因

猫の便秘/モコミミ

・食事の偏り:穀物など消化に悪い物の摂取、繊維不足など
・ストレス:トレイが汚い、環境変化など
・便が硬い:毛球症や水分不足など
・排便時の痛み:肛門周辺の傷、痔、腫瘍、脱肛など
・腸の閉塞:腫瘍、ポリープなど
・薬:医原性便秘
・遺伝:尾骨などの先天的奇形
・運動不足
・老化による衰え

このように便秘の原因には様々ありますが、他の病気が伴っている場合を除き、日々の生活で改善したり便秘の原因を取り除けるものも多いですので、食事の偏りや運動不足、毛玉ケア、思いつく範囲でのストレス解消など、ご自身で愛猫にしてあげられる対策はなるべくやってあげましょう。

また、10歳以上の高齢猫、毛玉が溜まりやすい長毛種、避妊・去勢した猫、肥満猫などは便秘になりやすい。ちなみに人間(女性の方が便秘になりやすいなど)のように、猫は性別で便秘になりやすいなどの差はないそうです。

猫の便秘対策(改善・予防)

猫の便秘/ミミ

キャットフードの見直し

まずはここからと言っても良いです。

食物繊維の多くふくまれている総合栄養食キャットフード、もしくは高繊維な療法食に変更する。

総合栄養食キャットフードの場合ですと、消化吸収に良いもの、食物繊維が多く含まれるもの、ただし消化吸収に良くない穀物や便を固める作用のあるビートパルプはなるべく避けるようにしましょう。

安全性とグレインフリー中心&安くても安全な厳選おすすめキャットフード比較
安全性とグレインフリー中心&安くても安全な厳選おすすめキャットフード比較
高級なプレミアムキャットフードはグレインフリー中心に、比較的お安いキャットフードは最低限の安全性と栄養素で厳選したプレミアムキャットフードの比較表を作ってみました。ランキングなどはしていませんが、キャットフード選びの参考になれば幸いです。

療法食の場合は、自身で勝手に判断せずに、必ず獣医さんに相談して指示を仰いで下さいね。

また、下記にもありますように水分も大切なのですが、水分を取らせようとウェットフードにすると、その80%は水分であり今度は食物繊維が十分に取れなくなってしまうので、便秘の猫に毎日のようにウェットフードを与えるのはよくありません。

どうしてもウェットが良いと言うのであれば、ドライフードを組み合わせるとか、交互に与えるなどすると良いですね。

水分摂取

猫は水をあまり飲まない動物です。特に問題無く水分を摂取する子であれば良いのすが、あまり水を飲んでくれない場合には、ウェットフードにすると水分が取れるのですが、上記しましたような理由から、毎日のようにウェットフードを与えるのは望ましくありません。

上記した方法、もしくは、ドライフードをお湯でふやかして与えるのも一つの手ですし、古くなった水を好まない猫もいますので、新鮮な水を常に用意する、水をぬるま湯に変える、水飲み場を増やす、容器を変えてみる、洗剤の匂いを嫌がる場合もあるのでそれを取り除くように洗う、など水の与え方を色々と工夫してみたください。

毛玉対策

猫は起きている間の10%を毛繕いに費やすと言われていますので、すぐに毛玉がお腹に溜まってしまいます。長毛種の猫はそれが原因で便秘になることがありますので、長毛種ならば尚更よくブラッシングしてあげるのが大事ですね。あとは毛玉ケアのサポートがなされているキャットフードに切り替えるなどしましょう。

適度な運動

これはもう適宜一緒に遊んであげましょう。おもちゃを買ってあげても良いですしね。うちでは猫同士がやるような追ったり追われたりな追いかけっこをやったりもしてますwwまた、スペースに余裕があれば、キャットタワーやキャットウォークなどを設置したりして、猫が体を少しでも動かすように工夫をしてあげましょう。

ストレスの原因除去

これはなかなか難しいところでもあるのですが、ストレスになっていそうだなぁって思うことがあれば、どんどん改善していきましょう。例えば、スキンシップをとる、遊んであげる(運動不足解消にもなる)、トイレを汚れたままにしない、トイレを猫の数+1にする、落ち着ける居場所をいくつか作ってあげる、などです。

猫のストレス?モコの過度なグルーミングによる薄毛(ハゲ)に悩まされた日々・・・
猫のストレス?モコの過度なグルーミングによる薄毛(ハゲ)に悩まされた日々・・・
猫のストレスによる薄毛(ハゲ)、モコも過剰なグルーミングにより毛を噛みちぎってお腹や両手足が薄毛になった頃がありました。当時のことを振り返りながら猫の薄毛(ハゲ)について調べてみました。

便秘マッサージ

猫のお腹をマッサージするのですが、お腹を触られるのを嫌がる猫もいますので、無理に行う必要はありません。もちろん嫌がったらすぐに止めてください。

マッサージの方法としては、力を入れずに指の腹でゆっくりと「の」の字を描くようにマッサージします。そうすることで腸に溜まったガスを抜いて便通が良くなるそうですよ。お腹を撫でてやるだけでもお腹周辺の体温が上がり、循環や代謝が良くなって良いそうです。

ただ、肥満ぎみの猫や便秘症状が進行している場合には、その効果は薄いとされています。

オリーブオイルを与える

オリーブオイルをスプーン半分程度~一杯ほど、そのまま与えるか、キャットフードにかけて与えると良いそうです。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸が腸の働きを促し、油分によって腸内のすべりを良くし便を柔らかくすることで便通が良くなるとのこと。また必須アミノ酸が含まれるので猫の健康にも良く、毛艶が良くなったり毛玉を吐く手伝いもしてくれるそうですよ。

ただし、与えすぎには注意が必要で、まず高カロリーなので肥満になってしまう可能性があるのと、与えすぎると下痢を引き起こし兼ねず、下痢になると水分不足となりますので、猫にとっては逆効果となってしまいます。

猫の便秘まとめ

猫の便秘/モコ

うちの愛猫たちは便秘ではありませんが、この記事を書いていてオリーブオイルに効果があるってのは、何気に目から鱗でしたねww

人間、特に女性に多い悩みでもある便秘。物言えぬ猫たちも密かに苦しんでいるかもしれません。

便秘は便秘で猫は苦しいだろうし、その便秘になる原因が様々あるってことは、たかが便秘では済まない場合もあるわけです。便秘が猫の病気のサインともなる可能性もありますので、決して目を背けたり侮ってはいけません。

便秘になっている猫の排便の様子がどのようなものなのか頭に入れておき、トイレを掃除する際には是非ともチェックしていただきたいですし、ご自身で猫にしてあげられる対策があるのであれば、施してあげてほしいと思います。

また、愛猫が便秘だと判断し、なかなか改善しないような場合には、なるべく早く動物病院に連れて行き、獣医さんに相談してくださいね。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする