【猫の便秘】黒いコロコロうんちは要注意!症状と原因、その解消と対策は?

猫の便秘/モコ

こんにちは!レウです。

あなたの愛猫はいつもしっかりと排便していますか?

便の様子を確認していますか?

猫が排便する際に硬くて痛そうだとか苦しそうだとか、トイレ掃除する時に便が出ていない、いつもより便が少ない、黒くて硬いコロコロしたうんちをしている等々・・・猫も便秘になるのです。

猫は水分をあまり取らない生き物ですので、むしろ便秘になりやすいのです。

便秘の原因が病気である可能性も否定出来ないので、たかが便秘と決して侮ってはいけません。

この記事では、そんな猫の便秘について、症状、原因、改善・予防方法などを調べてみました。

猫が便秘だと判断する症状は?

猫の便秘/ミミ

  • 便が出ていない
  • 便の量が少ない
  • トイレできばってるけど便が出ない
  • トイレに何度も入り、出てくるまで時間がかかる
  • 排便中に鳴くことがある
  • 排便中に嘔吐する
  • 黒くてコロコロとした小さな便しか出ていない
  • 便の形が絞り出したかのように細長い
  • 下腹部に硬いものがある
  • 水分を多く含んだ便(奇異性下痢)

これらのような状態になっていると便秘の可能性があります。

猫が丸2日間、排便していなかったら、まず間違い無く便秘ですね。

また、排便されていたとしても、量が少なかったり、ウサギの糞のような黒くて硬いコロコロした小さな物しか出ていなければ、それもまた便秘の可能性があります。

「一応は排便されているから大丈夫だろう・・・」と軽視するのは良くありません。知らないうちに便秘となってる可能性もあるのです。

ちなみに猫がする正常なうんちとは、人差し指ぐらいの大きさ(長さ)、薄い~濃い茶色(食事によって変わる)、そして亀裂が少なく、ほどよく水分が含まれている(光沢のある)うんちとなります。


便秘が続き、肛門の側にある結腸に便が溜まってしまうと、巨大結腸症なる病気になってしまう可能性もあります。

巨大結腸症になると、排便が出来ず数週間から一ヶ月に渡り便秘が続いてしまい、その間は通院して浣腸や適宜便を掻き出してもらったりしなければならなくなります。

また、誤飲している場合や腫瘍など、痛みによって正常な排便が妨げられている場合など、便秘の原因によっては早期に発見し治療しなければならないケースもあります。

「たかが便秘ぐらいで・・・」と侮ってはいけないのです。


猫がトイレに入った時に鳴いていないか、または猫のトイレ掃除をする際に、便の様子もしっかり確認する癖をつけると良いかと思います。

しっかりとうんちが出ているか、黒くて硬いコロコロしたうんちではないか、その確認だけでもだいぶ違って来ると思います。

ただ、うんちの確認については、時間が経つと当然乾いてしまいますので、出来れば猫がうんちを出した直後に確認するのがベターです。

猫の便秘の原因

猫の便秘/モコミミ

  • 食事の偏り:穀物など消化に悪い物の摂取、食物繊維不足など
  • ストレス:トレイが汚い、環境変化など
  • 便が硬い:毛球症や水分不足など
  • 老化による衰え:腸内環境の悪化
  • 排便時の痛み:肛門周辺の傷、痔、腫瘍、脱肛など
  • 腸の閉塞:腫瘍、ポリープなど
  • :医原性便秘
  • 遺伝:尾骨などの先天的奇形
  • 運動不足

消化に良くない物を食べていたり、食物繊維や水分摂取の不足といったことが便秘に繋がるのは人間と一緒ですね。

猫はとても神経質な動物ですので、トイレが汚れていたりするとトイレに入るのを我慢してしまったりもします。

それがストレスの原因ひいては便秘の原因ともなりますし、トイレまわりの問題は便秘だけではなく膀胱炎や尿路結石の原因ともなりますので注意が必要です。

また、10歳以上の高齢猫、毛玉が溜まりやすい長毛種、避妊・去勢した猫、肥満猫なども便秘になりやすいとされています。

猫は7~8歳を過ぎたあたりから老化が始まり、消化吸収能力、腸内環境もどんどん衰えていきます。

そうなると、食べた物を上手く消化出来ずに腸内でとどまってしまい、便秘や下痢を含む様々な弊害が起きてしまうのです。

【猫の腸内環境】整えて消化吸収、免疫力向上!それが長生きの秘訣!
猫の「腸」に存在する腸内細菌の勢力図を悪玉菌から善玉菌に傾けて腸内環境を整えれば、便秘や下痢などお腹の調子を善くするだけでなく、キャットフードをしっかりと消化し栄養素を十分に吸収、さらに猫を長生きさせる為に必須の免疫力アップにも繋がります。

ちなみに人間(女性の方が便秘になりやすいなど)のように、猫は性別で便秘になりやすいなどの差はありません。

便秘の原因は様々にありますが、病気が伴っている場合を除き、日々の生活で改善したり便秘の原因を取り除けるものも多いです。

食事の偏りや運動不足、毛玉ケア、腸内環境の改善、思いつく範囲でのストレス解消など、ご自身で愛猫にしてあげられる対策はなるべくやってあげましょう。

ただ、3日以上うんちが出ていなかったり、排便時にあまりに痛がって酷く鳴いていたり、またはうんちに血が混じっているようであれば、肛門付近になんらかのトラブルを抱えているか、腸の病気にかかっている場合もありますので、病院で見て貰うようにしてくださいね。

猫の便秘対策(解消・予防)

猫の便秘/ミミ

キャットフードの見直し

便秘対策(解消・予防)は、まずここからと言っても良いです。

食物繊維の多くふくまれている総合栄養食キャットフード、もしくは高繊維な療法食に変更する。

総合栄養食キャットフードの場合ですと、消化吸収に良いもの、食物繊維が多く含まれるもの。もしくは腸内環境を整える作用のあるプロバイオティクスやオリゴ糖などが含まれているものにするのも良いかと思います。

ただ、食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があって、成分表で表示されている「粗繊維」は不溶性を指していて、不溶性食物繊維は多く摂り過ぎると、うんちを硬くして便秘を増長しかねないので注意が必要です。

また、消化吸収に良くない穀物や便を固める作用のあるビートパルプはなるべく避けるようにしましょう。

【猫と食物繊維】粗繊維だけで判断すると便秘を悪化させるおそれも…
猫は食物繊維の消化が苦手ですが、便秘や毛玉ケア対策には必須。食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があり、そのバランスが大切で、どちらかに偏ると便秘や下痢を起こしてしまう。また粗繊維だけで判断すると便秘を悪化させることもあり注意が必要なのです。
猫の症状別(尿結石・肥満・腎臓・目やに・嘔吐・便秘・下痢)栄養素とキャットフード
尿結石・肥満・腎臓・目やに・嘔吐・便秘・下痢など猫の病気や症状そして状態別に、日々の食事において注意すべきことや、どのような栄養素が必要とされるのか、またはどんなキャットフードが適しているのかを数値や特徴を鑑みて各3種ずつ選んでみました。

療法食にする場合は、自身で勝手に判断せずに、必ず獣医さんに相談して指示を仰いで下さいね。


また、下記にもありますように水分も大切なのですが、水分を取らせようとウェットフードにすると、その80%は水分であり今度は食物繊維が十分に取れなくなってしまうので、便秘の猫に毎日のようにウェットフードを与えるのはあまり良くありません

どうしてもウェットが良いと言うのであれば、ドライフードを組み合わせるとか、交互に与えるなどすると良いですね。

水分摂取

猫は水をあまり飲まない動物です。

便秘と判断出来る黒くて硬いコロコロした小さなうんちや、亀裂の多いうんちをしている場合には、水分(水分補給)が足りていないと判断できます。

特に問題無く水分を摂取する子であれば良いのすが、そうではない場合には色々と工夫をしましょう。

古くなった水を好まない猫もいますので、新鮮な水を常に用意する、水をぬるま湯に変える、水飲み場を増やす、容器を変えてみる、洗剤の匂いを嫌がる場合もあるのでそれを取り除くように洗う、など水の与え方を色々と工夫してみたください。


それでも水を飲んでくれないという場合には、ウェットフードにすると水分は取れます。

しかし、“キャットフードの見直し”のところでも書きましたように、毎日のようにウェットフードを与えるのは望ましくありません

ウェットフードとドライフードを組み合わせるか交互に与える、もしくは、ドライフードをお湯でふやかして与えるてみるのも一つの手ですね。

【猫と水】水道水で大丈夫?猫が水を飲まない?猫に水を飲ませる方法
猫に多い泌尿器系の病気ひいては腎臓病を防ぐ為にも水分摂取はとても大切。ですが、猫はあまり水を飲んではくれない上に、こだわりも半端無い。猫と水、一日に必要な量、飲ませてはいけない水、水道水は大丈夫なのか、猫に水を飲んでもらう方法をご紹介です。

毛玉対策

猫は起きている間の10~30%を毛繕いに費やすと言われており、そんなに毛を舐めているとすぐに毛玉がお腹に溜まってしまいます。

長毛種の猫はそれが原因で便秘になることがありますので、長毛種ならば尚更よくブラッシングしてあげるのが大事ですね。

あとは毛玉ケアのサポートがされていたり、食物繊維が豊富に含まれるキャットフードに切り替えるなどしましょう。

猫の換毛期にブラッシング!嫌がる猫にも効果あり、グローブ型ブラシ!
換毛期の抜け毛対策だけではなく、毛球症や嘔吐対策など猫にブラッシングしてあげることは色々と良い効果が得られます。でも中にはブラッシングを嫌がる猫も・・・。ブラッシングの効果や、適切なブラッシング方法、おすすめのグローブ型ブラシなどをご紹介。

腸内環境を改善する

おいおい、キャットフードを替えても便秘が改善されないじゃないか!

という場合、猫の腸内環境の悪化に伴い消化や吸収が上手く出来ていない可能性があります。

消化吸収がちゃんと出来ていなければ、しっかりと栄養を吸収することが出来ませんし、逆に体内に穀物やタンパク質が消化しきれずに残ってしまい、悪さをしてしまうのです。

便秘には食物繊維が重要ですので、食物繊維や腸に良いとされる乳酸菌などが豊富に配合されている猫用の整腸サプリメントを与えてみるというのも便秘を改善するには有効な手段となりますよ。

下記サプリメントであれば、便秘のコロコロうんちは確実に改善されますし、毛玉対策や様々な症状の改善、さらには免疫力アップにも繋がりますよ。

猫の便秘や下痢、免疫力に!おすすめの乳酸菌と食物繊維の腸活サプリ「ねこファイン」
目やに、下痢、便秘、嘔吐、毛並み、肥満、アレルギー、食欲不振・・・様々な猫の症状。それらは腸内環境の悪化や消化吸収能力の低下が原因かも。食物繊維と乳酸菌やオリゴ糖で腸内環境を改善する無添加サプリで一挙解消!さらに免疫力アップにも繋がります。

適度な運動

これはもう適宜一緒に遊んであげましょう。

おもちゃを買ってあげても良いですしね。

うちでは猫同士がやるような、追ったり追われたりな追いかけっこを、自分も一緒になってやっていたりもしますww

また、スペースに余裕があれば、キャットタワーやキャットウォークなどを設置したりして、猫が体を少しでも動かすように工夫をしてあげましょう。

1日10分でも構いませんので、時間を作って遊んであげると、運動不足の解消に加え下記ストレス対策にもなります。

ストレスの原因除去

これはなかなか難しいところでもあるのですが、ストレスになっていそうだなぁって思うことがあれば、どんどん改善していきましょう。

例えば、声をかけたり撫でてやる(ブラッシングしてやる)などスキンシップをとる、遊んであげる(運動不足解消にもなる)、トイレを汚れたままにしない、トイレを猫の数+1にする、落ち着ける居場所をいくつか作ってあげる、などです。

【猫のストレス】猫の過剰グルーミングによる薄毛(ハゲ)に悩まされた日々…
猫のストレスによる薄毛(ハゲ)、モコも過剰なグルーミングにより毛を噛みちぎってお腹や両手足が薄毛になった頃がありました。当時のことを振り返りながら猫の薄毛(ハゲ)について、そして猫のストレスについて、症状や原因と解消方法を調べてみました。

便秘マッサージ

猫のお腹をマッサージするのですが、お腹を触られるのを嫌がる猫もいますので、無理に行う必要はありません。

もちろん嫌がったらすぐに止めてください。

マッサージの方法としては、力を入れずに指の腹でゆっくりと「の」の字を描くようにマッサージしてあげます。

そうすることで腸に溜まったガスを抜いて便通が良くなるそうですよ。

お腹を撫でてやるだけでもお腹周辺の体温が上がり、循環や代謝が良くなって良いそうです。

ただ、肥満ぎみの猫や便秘症状が進行している場合には、その効果は薄いとされています。

オリーブオイルを与える

オリーブオイルをスプーン半分程度~一杯ほど、そのまま与えるか、キャットフードにかけて与えると良いそうです。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸が腸の働きを促し、油分によって腸内のすべりを良くし便を柔らかくすることで便通が良くなるとのこと。

また、必須アミノ酸が含まれるので猫の健康にも良く、毛艶が良くなったり毛玉を吐く手伝いもしてくれるそうですよ。

ただし、与えすぎには注意が必要で、まず高カロリーなので肥満になってしまう可能性があるのと、与えすぎると下痢を引き起こし兼ねず、下痢になると水分不足となりますので、猫にとっては逆効果となってしまいます。

猫の便秘まとめ

猫の便秘/モコ

うちの愛猫たちは便秘ではありませんが、この記事を書いていてオリーブオイルに効果があるってのは、何気に目から鱗でしたねww

まぁちょっとその扱いには注意が必要となりますし、その時にしか効果がないので、便秘の原因を元から正してやる必要はあると思いますが・・・。


人間、特に女性に多い悩みでもある便秘。物言えぬ猫たちも密かに苦しんでいるかもしれません。

便秘は便秘で猫は苦しいだろうし、その便秘になる原因が様々ってことは、たかが便秘では済まない場合もあるわけです。


便秘が猫の病気のサインとなる可能性もありますので、決して目を背けたり侮ってはいけません。

便秘になっている猫の排便の様子がどのようなものなのか頭に入れておき、トイレを掃除する際には是非ともチェックしていただきたいですし、ご自身で猫にしてあげられる対策があるのであれば、施してあげてほしいと思います。

また、愛猫が便秘だと判断し、なかなか改善しないような場合には、なるべく早く動物病院に連れて行き、獣医さんに相談してくださいね。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする