猫風邪?鼻炎?良くない猫のくしゃみ・鼻水と咳の見分け方、考えられる病気とは?

くしゃみ・鼻水・咳/ミミ

人間と同じように猫がくしゃみ・鼻水・咳などをすると、

「ん?どうしたどうした??」

って心配になりますよね。

明らかな原因(鼻がムズムズするような事柄)がそこにある場合は、「あ、そういうことか!」って納得出来ますが、特に原因がわからない時には、かなり心配になります。

いつもと違うと感じたら、動物病院で診て貰うのが一番良いのですが、ハッキリしないとなかなか腰は上がらないものです。

こういった日常的なものだと尚更ですよね。

でも、どんな病気でも早期発見、早期治療がとても大切なので、あまり様子を見過ぎていると大変なことになってしまう可能性もあります。

ってことで、ある程度の基準があれば判断しやすいかとも思いますので、この記事では猫の良くないくしゃみ・鼻水・咳の見分け方についてと、くしゃみ・鼻水・咳によって考えられる病気について調べてみました。

猫のくしゃみ・鼻水

くしゃみ・鼻水・咳/モコ

猫は比較的よくくしゃみをしますよね。

猫のくしゃみ・鼻水の原因としては、ほこり・刺激のある匂い・アレルギーによる鼻炎や花粉症・猫風邪などであり人間と一緒です。

ホコリや刺激的な匂いを嗅いだ時にするくしゃみ、一日に数回程度のくしゃみであれば、特に心配の必要はありません。

注意が必要なのは、猫風邪など病気の疑いがある場合で、これまた人間と一緒ですね。

良くない猫のくしゃみ・鼻水の見分け方

[くしゃみ]
・連続してくしゃみをする。
・何日もくしゃみが止まらない。
・鼻水を伴っている。
・元気がなく様子がおかしい。

[鼻水]
・鼻水が慢性化している。
・鼻水がねっとりしていて緑色。
・目の炎症を伴う。
・くしゃみを伴っている。
・発熱を伴う。
・食欲不振。

連続してくしゃみをしたり、くしゃみもしくは鼻水がなかなか治まらない、くしゃみと鼻水が一緒に出ているような場合には病気である可能性もありますし、多頭飼いであれば他の猫に感染してしまうような病気ばかりですので、速やかに動物病院へ連れて行って診てもらってください。

猫のくしゃみ・鼻水から考えられる病気

猫風邪

ひと言に猫風邪と言いますが、猫風邪の原因となるウイルスには3種類あり、その原因となるウイルスによって症状や治療の方法が変わって来ます。

あと、人間の風邪は猫にはうつらないので、その辺は安心し良いかと思います。

[猫ヘルペスウイルス]
ウイルス性鼻気管炎、「猫風邪」または「猫インフルエンザ」とも呼ばれる。

主症状は結膜炎による目やにやくしゃみ。

ウイルスに感染した猫のよだれや鼻水などの接触感染や免疫力低下によって感染する。

<症状>
・くしゃみ
・鼻水
・食欲不振
・涙、目やにが増える
・発熱
・口内炎
・角膜炎・結膜炎

<治療>
対症療法や安静にすることで2週間ほどで治るが、ウイルス自体は死滅しておらず、ほとんどの場合ウイルスを保有したキャリアとなり、免疫力の低下など条件が整えば再度発症する。

再発の危険は多頭飼いの方が大きい。

また、子猫や老齢猫など免疫力の弱い猫は、肺炎を併発することもあるので注意。

<予防>
感染した際でも症状を和らげる3種混合ワクチン接種を行う、または免疫力をつけること、飼い主が外で猫と触れ合った場合には必ず手洗いすることなどが重要となります。

[猫カリシウイルス]
「猫風邪」または「猫インフルエンザ」と呼ばれる。

口内炎などが主症状。ウイルス感染力が強く、接触感染や空気感染により感染する。

免疫力が弱まってしまう生後6週ぐらいの猫に多く、3歳を過ぎると免疫力が高まり発症しても軽度で済む。

<症状>
・くしゃみ
・鼻水
・よだれ
・高熱
・食欲不振
・口内炎・舌炎
・顔や爪の周囲の潰瘍
・目の周囲が赤くなる
・口臭がきつくなる

<治療>
対症療法にて2週間ほどで回復するが、ヘルペスウイルス同様ウイルス自体は死滅しておらず体内に残っているためとても厄介。

<予防>
こちらもヘルペスウイルス同様に、3種混合ワクチン接種を行うことと、免疫力をつけること、飼い主が外で猫と触れ合った場合には手洗いすることなどが重要だが、ワクチン接種していても症状を和らげる効果しかなく、室内飼いであっても飼い主が衣類などに付けて持ち帰った場合には、カリシウイルスに感染する可能性はある。

[猫クラミジア]
普通は片眼の炎症から始まり、粘着性のある目ヤニを伴い目の周りが腫れる結膜炎が主症状となり、くしゃみや鼻水、たくさんの目やにが特徴となります。

咳などで気管支炎や肺炎などを併発、重傷化すると死に至る危険も。

クラミジアに感染した猫との接触感染、または母猫から感染する垂直感染が原因となる。

<症状>
・くしゃみ
・鼻水
・目やにをともなう結膜炎
・咳
・呼吸器系の炎症

<治療>
クラミジア感染症には有効となる抗生物質があり、2週間以上続けて投与しクラミジアを駆逐、重傷化してしまった場合には点滴などを行えば、体力(免疫力)のある猫であれば、通常2~6週間で治りますが、慢性化やこれもまた体内にクラミジアが残ってしまった場合にはキャリア化してしまうことが多いようです。

<予防>
子猫、多頭飼い、外出する猫がいる場合には、5種混合ワクチンや7種混合ワクチンによる予防接種が必要とされます。

また、飼い主が外で猫と触れ合った場合には手洗いすることが大切です。

鼻炎・副鼻腔炎

猫の鼻炎とは、鼻の中の粘膜が炎症を起こした状態のことを指します。

猫の鼻炎の多くは猫風邪が原因であることが多い。

その他では、ハウスダストや花粉などのアレルギー、クラミジアやクリプトコッカスなどの真菌感染、または鼻ダニと呼ばれるダニが原因となることも。

炎症が進行(慢性化)すると鼻の骨の融解や変形、病原体が脳へ侵入するおそれも。


猫の副鼻腔炎とは、鼻の奥にある副鼻腔内に炎症が起きた状態のこと。

鼻炎になっていると副鼻腔内にまで炎症が及んでしまうことがあり、副鼻腔炎のほとんどは鼻炎が原因となります。

他には上顎の炎症つまり歯周病が原因となることも。

<症状>
・くしゃみ
・鼻水:初期はサラサラ(水っぽい)→ 進行するとネバネバ(血が混じり粘り気がある)
・呼吸が荒くなる(口を開けて呼吸)
・頻繁に鼻を擦る
・目やに
・食欲不振
・流涙症

<治療>
鼻炎の原因となるものは多く、まずは原因の特定が重要。その原因に合わせて内科療法メインの対症療法や原因の除去を行います。

症状が軽い場合には7~10日ほどで改善していきますが、慢性化していたり他の病気を併発している場合には、治るまでに時間がかかることもあります。


副鼻腔炎は、基礎疾患となる鼻炎や歯周病の治療を行います。

副鼻腔に膿がたまっている場合には、チューブなどを使って膿を洗い流す外科手術を行う場合もあります。

ただ、副鼻腔は鼻の奥にあるため、薬が届きにくく、外科処置も難しい場所にあるため、場合によっては治療出来ない場合や後遺症が残ることもある。

<予防>
鼻炎の原因の約90%が猫風邪(ヘルペスウイルス・カリシウイルス)とされていますので、猫風邪への対策と同様に、3種混合ワクチンの接種、免疫力をつける、外出後の手洗いなど飼い主の意識を高めることも大切。

鼻炎から起こる可能性の高い副鼻腔炎も同様となります。

クリプトコッカス症

クリプトコッカスという真菌カビに感染して発症するのがクリプトコッカス症。

この真菌は鳩の糞に多く検出され、鳩の糞に汚染された土壌や空気中に存在し、それを吸い込むことで感染してしまう。

免疫力が低下していると感染・発症しやすくなる。

猫だけでなく人にも感染する人獣共通感染症。

<症状>
・くしゃみ
・ネバネバした鼻水
・いびきをかくようになる
・食欲不振
・鼻の穴にしこり(肉芽腫)
・痙攣など神経症状
・視神経炎
・網膜剥離
・ブドウ膜炎

<治療>
抗真菌剤の投与、各症状に応じた対症療法が行われますが、完治するまでに数ヶ月~一年と長くかかってしまう場合も多い。

また、中枢神経が侵されている場合には、一生涯の治療が必要となってしまいます。

<予防>
クリプトコッカスは自然界に広く存在するため感染を完全に防ぐことは難しいのですが、まず鳩の多い場所には連れて行かない、外階段やベランダなどに鳩の糞を放置したままにしないなどが予防策の一つとなり得ます。

猫エイズウイルス

猫のエイズウイルスについては、勘違いしてほしくないので、本題から少々逸れてしまいますが、ちょっと長めに書かせて頂きます。

正式名称は猫後天性免疫不全症候群で、ネコ免疫不全ウイルス(FIV)によって引き起こされる諸症状を指します。

人間のエイズと症状が似ていることから猫エイズとも言われています。

しかしそれとは似て異なる病気であり、猫特有のものであるので猫から人間に感染することはないです。

また感染しても発病しない猫や、発病したとしても長生きする猫も非常に多いですので、人間のHIV同様に変な先入観を持たないで頂きたいと思います。

感染経路は、感染した猫の血液中や脳脊髄液、唾液にウイルスは存在する為、猫のケンカや交尾(首を噛む)による体液の接触感染。

または、FIVに感染した母猫から子猫に感染する垂直感染もありますが、感染例は少ないようです。

また、グルーミングなどからは感染しづらく、かなり希だそうです。

<症状>

[急性期]
ハッキリしない場合や無症状の場合もありますが、感染後の最初の数ヶ月(1~2ヶ月)は軽い感染症(風邪、発熱、下痢、リンパ節が腫れる、白血球減少症)の症状が見られる。

[無症状キャリア期]
ウイルスは一旦リンパ球の中に潜んでしまい、健康な猫と変わらない状態となる。

ただ完治したのではなく、この間もウイルスは増殖しリンパ球を破壊し続け、免疫力を奪っていく。

この無症状キャリア期は、2~5年、場合によっては10年以上続くこともあります。

[エイズ発症期]
無症状キャリア期が終わると、免疫不全症候群いわゆる猫エイズ(後天性免疫不全症候群)を発症してしまいます。

主な症状は、歯肉、歯周組織などの炎症や細菌感染による口内炎が起こり、口の中に潰瘍ができたり、口臭やよだれ等の口内疾患がみられるようになる。

その他、体重の減少、嘔吐や下痢、よく風邪をひいたりなかなか治らない、食欲減退または食欲はあるのに痩せてくる、脱水、免疫力低下によるダニや真菌による皮膚炎などの症状もみられます。

そして、免疫力がさらに低下すると、肺炎や癌、臓器障害などが引き起こされます。

エイズ発症期には感染からは4~5年が多く、ここまで来ると余命1~2ヶ月と言われています。

<治療>
エイズウイルスに対する治療方法はなく、現われた症状に対して都度対応していく対症療法となりますが、免疫力を高めるインターフェロン治療は有効。

感染していても症状が出ていない場合には治療の必要はありませんが、なるべく猫にストレスを与えないことが無症状キャリア期を持続させる一番の方法となるようです。

<予防>
感染経路は猫エイズウイルスを保有した猫との接触感染にありますので、完全に室内で飼うことを徹底することが最良の予防方法となります。

また、フェロバックスFIVという猫免疫不全ウイルス(FIV)感染症予防不活化ワクチンがある。

感染症を予防するには

これら猫の感染症を予防する最たる方法は、ワクチン接種をしっかりと行なうことです。

ワクチン接種の種類は、3種混合、4種混合、5種混合、7種混合、そして単独の猫エイズワクチンと様々な種類があります。

ワクチン摂取の種類
3種混合 4種混合 5種混合 7種混合 猫エイズ
猫ウイルス性鼻気管炎
猫カリシウイルス感染症(FC-7)
猫汎白血球減少症
猫白血病ウイルス感染症
猫クラミジア感染症
猫カリシウイルス感染症(FC-28、64)
猫免疫不全ウイルス感染症

完全室内飼いの猫の場合、3種混合ワクチン(4,000~6,000円)を摂取していれば問題ありません。

空気・飛沫感染するような上記の猫風邪にかなり有効ですよ。

逆に言えば、完全室内飼いでもワクチン接種は必要だと言うことになりますね。

また、外に出掛ける猫や外で暮らしているような猫には、当然その他の感染症への感染危険が増えますので、4種混合~7種混合(5,000~8,000円)猫エイズのワクチンを接種してあげると良いでしょう。

ワクチン接種は予防行為なので、ほとんどのペット保険では対象外とはなってしまいますが、病気になってからのことを考えればお安いものです。

ってか、病気にかかってしまったら猫自身が苦しむことになってしまいますからね・・・。


また、感染症は免疫力の低下かから発症しやすいものが多いので、免疫力の維持または高めるようにしましょう。

子猫期やシニア期は免疫力が低下しがちなので、特に注意が必要。

免疫力の維持向上は、感染症のみならず、腎臓疾患や糖尿病、皮膚疾患、癌など様々な病気に対して猫の力となってくれるのです。

【猫と免疫力】猫を病気から守る!免疫力が低下する原因と高める方法
【猫と免疫力】猫を病気から守る!免疫力が低下する原因と高める方法
免疫力を高めることができれば猫を病気から守ってくれる!免疫力低下の原因と免疫力を高める方法とは?キーワードとなるのは腸内環境と活性酸素、腸内環境を整え、活性酸素を過剰に増やさないことが最も重要となります。

猫の咳

くしゃみ・鼻水・咳/モコミミ

猫の咳?くしゃみはともかく、「うちの猫は咳なんてしてるところ見たことがない!」って方もいるのではないでしょうか?

自分もその一人でして、猫の咳がどのようなものか知りませんでした。

が、あの吐くときにケホケホっとする感じ(吐くときのは違いますよ)のようなのが猫の咳だったのですね・・・。

猫の咳については、病気にスポットを当てたくしゃみ・鼻水とは違い、猫の咳の原因にスポットを当てて書いていきたいと思います。

猫の咳とは?

まず猫の咳ってどういうものかというところから。

猫の咳は、気管や喉頭、肺などに入り込んだり詰まったりした異物を取り除こうとした時に起こる呼吸器系の生理現象です。

猫が咳をする時は、四つん這いとなり頭を下げぎみにし前に突き出す感じで行われまず。

喉に違和感のある時は、口を開けて舌を出した状態で「ケホーケホー」と息を吐き出し、鼻に違和感のある時は、口を閉じて鼻から「フスンフスン」と小刻みに息を吐き出します。

こちらはモコとミミが咳をしている時の動画です。

また、「逆くしゃみ」と呼ばれる咳、くしゃみと言っているけどこれも咳の一種だそうです。

その逆くしゃみの場合は、大きな音を出しながら繰り返し「グーグー」または「クカァクカァ」と息を吸い込む感じのものです。

実はこの「逆くしゃみ」という現象は、うちのミミに良くある現象でして、とても苦しそうなのですが、何か鼻と口の間あたりに詰まっていて、ただそれを取り除こうとしているんだと思っていました。

それはまぁあながち間違いではなかったのですが、それも猫の咳だったとは思ってもいませんでした。

猫の咳は通常、数秒から数分で治まります。

そういったこれらの咳は正常な猫の整理現象であり、特に問題視する必要はありませんのでご安心を。

良くない猫の咳の見分け方

・長時間にわたり咳が続く。
・毎日数回の咳をしている。
・湿った「ゼーゼー」という咳をする。

こういった咳の場合には、注意が必要となります。

ウイルスなどの感染症や心臓の病気、肺の病気が考えられます。

また「逆くしゃみ」に関しても同じで、長時間(30分以上)続いたり、週に何回も見られるような時は、鼻の中や喉に腫瘍が出来ている可能性があります。

こういった場合には動物病院で診て貰った方が良いでしょう。

猫の咳から考えられる病気

・咽頭炎
・喘息(慢性気管支炎、アレルギー性気管支炎)
・気管支炎
・心臓病
・トキソプラズマ症
・フィラリア症
・感染症(各種猫風邪、エイズウイルス)
・肺炎
・肺水腫
・膿胸

特に湿った「ゼーゼー」しながらする咳は、気道に炎症を起こし痰などによって気道が閉塞してしまっている可能性があります。

肺に異常が起こっている場合が多く、重度な病気である可能性が考えられますので要注意。

こういった咳が長く続く場合、危険サインでもありますので、出来るだけ早く動物病院に行って診て貰ってください。

その他の猫が咳をする原因

異物を飲み込んでしまった時

猫が遊んでいて興味本位で誤って飲み込んでしまう、いわゆる誤飲というヤツですね。

気道に詰まれば窒息してしまいますし、硬かったり尖ったものであれば消化器系を傷つける恐れがありますのでとても危険。

そういった異物を吐き出そうとして咳をします。

なかなか吐き出せない場合は病院へ連れて行きましょう。

アレルギーによるもの

ハウスダストや花粉、または食物アレルギーなどにより、気道の粘膜が刺激されて咳がでる。

アレルギーが酷くなると、炎症を起こして気道が狭くなってしまい、呼吸困難を起こす可能性もありますので、アレルゲンを特定し対処する必要があります。

食事の直後にこのような症状を起こす場合には、キャトフードをアレルゲンカットされたものに見直すと良いでしょう。

安全性とグレインフリー中心&安くても安全な厳選おすすめキャットフード比較
安全性とグレインフリー中心&安くても安全な厳選おすすめキャットフード比較
高級なプレミアムキャットフードはグレインフリー中心に、比較的お安いキャットフードは最低限の安全性と栄養素で厳選したプレミアムキャットフードの比較表を作ってみました。ランキングなどはしていませんが、キャットフード選びの参考になれば幸いです。

水などが気管に入ってしまった時

これはよくあることかと思います。

うちの愛猫たちも水を飲んでケホケホやってる時があります。

水を入れている容器の位置や高さなどを調節してやることで改善する場合もありますので、猫が水を飲みやすいように色々と試してあげてくださいね。

驚いたり興奮した時

これもうちではよくあることです。

猫同士で遊んでたり、ケンカしたりするとむせてケフケフやってます。

喜びすぎて咳をしている時もありますしね。

こういった場合の咳は興奮が静まればすぐに治まりますので、特に心配する必要はないかと思います。

毛玉を上手く吐き出せない時

猫は起きている間の4分の1は毛繕いをしているというもの凄い綺麗好きで、一生懸命毛を舐めては、お腹に溜まった毛玉を吐き出しますよね。

その毛玉を上手く吐き出せず咳をします。

こういった症状を毛球症と呼ぶそうです。

それに気付いたら病院へ連れて行ってあげてください。

重傷化すると手術をするようなことになってしまう場合もあるようです。

また、毛球症を予防するには、ブラッシングをまめにしてあげたり、食物繊維を多く含むキャトフードなどに切り替えると良いでしょう。

猫のくしゃみ・鼻水と咳についてのまとめ

くしゃみ・鼻水・咳/モコ

猫、人間共に「くしゃみ・鼻水・咳」は風邪の諸症状でもありますが、その他にも様々な病気にかかっている可能性があるということがわかりました。

見過ごしてしまいがちな日常にありふれたものなのですが、たかが「くしゃみ・鼻水・咳」されど「くしゃみ・鼻水・咳」ですね。

「くしゃみ・鼻水・咳」に限らず、猫の行動には様々なサインが隠されています。

病気は早期発見、早期治療が最も重要となりますので、愛猫に関心を持ち、そういった猫の出すサインにしっかりと気付いてあげることが大切です。

また、病気の判断材料にと「くしゃみ・鼻水・咳」の見分け方について書きましたが、ご自身では判断出来ないことの方が多いかと思います。

そのままにしておくと猫の病気が重症化してしまう場合もありますので、いつもと猫の様子が違うなどと異変を感じたら病院に連れて行ってあげてくださいね。

なんともなければそれで良いのですから。

と、あれもこれもと書いていると、ちょっと長くなってしまいましたね(汗)ここまで読んで下さってありがとうございましたぁ。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする