【猫の鼻炎】原因や症状、鼻炎になる前に予防!慢性化する前に治療!

猫の鼻炎/ミミ

こんにちは!レウです。

鼻炎って辛いですよね・・・自分も慢性的な鼻炎で常に鼻水をすすっているような状態でして(泣)

あまりに酷いと喘息の薬を貰いに病院へ行くついでに、鼻炎の薬を出してもらったりしていますからね(汗)

猫も鼻炎になると辛い。

嗅覚によって様々な判断を下している猫であれば尚更かもしれません。

人間でもそうですが、鼻水が垂れていると風邪でもひいたのかな?って思いますよね。

たまに猫が鼻水を出ているぐらいの一過性のものであれば心配する必要はありませんが、鼻水が慢性化している場合には、鼻炎や猫風邪を含む何らかの病気にかかっている可能性も出て来ます。

猫の鼻炎は慢性化するととても大変なことになりますので、鼻炎にならないように予防対策をしてあげること、もし鼻炎になっているのであればその原因を特定し早期に治療してあげることが重要となります。

この記事では、そんな猫の鼻炎について、鼻炎の症状や原因、治療の仕方(慢性化している場合の対策)、考えられる予防方法などを書いています。

猫の鼻炎の症状

猫の鼻炎/モコ

猫の鼻炎とは、鼻の中の粘膜に何らかの刺激が加わることで、炎症を起こした状態のことです。

では、猫が鼻炎になるとどういった症状が見られるのでしょうか。

鼻炎の主な症状

猫の鼻炎の症状は以下のようになります。

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 呼吸が荒くなる(口を開けて呼吸)
  • 涙や目やにが出る(流涙症)
  • やたら鼻を気にする
  • 食欲不振
  • 副鼻腔炎
  • 結膜炎

何らかの刺激を受け炎症する猫の鼻炎は、初期の段階だとサラサラとした透明の鼻水が出て来ます。

刺激が継続することで、今度は粘液性のある膿のようなネバネバした鼻水がでるようになって来て、さらに炎症が進行すると血の混じったドロドロとした鼻水となっていきます。

猫の鼻炎が重篤ともなれば、炎症部分付近の骨が溶けるまたは変形してしまったり、病原体が脳へ侵入してしまうおそれも出て来ます。

鼻水と言えども慢性化している場合には、そのままにしておくと大変なことになってしまうのです。

鼻水が出ることで、涙や目やに、くしゃみといった症状を伴うこともあります。

猫が鼻水を垂らしている(鼻のまわりに鼻水が溜まっている)のに気付いたら、それが慢性化していないか、もしくは悪化していないか、注意深く見守る必要がありますね

また、猫が鼻炎になってしまうと、食欲不振も招いてしまいます。

人間だって鼻水や鼻詰まりしている時に食事しても、味がしっかりと伝わって来ず美味しさが半減しますもんね。

猫にとって、嗅覚はとても大切な役割を果たし、それが機能しないのは死活問題。

食べ物が自分好みであるのか、温度は適温か、腐ったりしていないか、猫は嗅覚によって様々なことを判断していて、それらが鼻炎によって分らない(判断出来ない)状態となり、食欲の低下へと繋がってしまうのです。

【猫の嗅覚】人間の何倍?有効距離と役割は?苦手な匂いと危険な精油
猫の嗅覚はとても大事。猫は「匂い」や「鼻」で、食べ物や仲間など色んなことを判断しているのです。そんな猫の嗅覚の、人間や犬との違い、役割やフレーメン反応、マタタビ、猫が苦手だったり命に関わる危険なアロマ・お香・香水など精油について書いてます。

副鼻腔炎

副鼻腔炎とは、鼻の奥にある副鼻腔内に炎症が起きた状態のことです。

鼻炎が長引いたり酷くなったりすると、鼻の奥の粘膜まで炎症を起こし、副鼻腔炎を併発することが多いとされています。

また、猫の副鼻腔は、額の近く(上)と奥歯の近く(下)の2箇所あり、そのどちらかの近くで起こった炎症の影響を受けやすい為、奥歯に近い場所の副鼻腔は、歯周病などによって副鼻腔炎が引き起こされる場合もあります。

【猫の歯周病】うつるの?治療費は?猫の歯周病の原因や症状と予防法
歯肉炎や歯周炎など猫の歯周病は、放置しておくと他の病気を併発したり重篤化したり悪化の一途、人や他の猫への感染も囁かれる症状やその原因、高額になりがちな治療費の話も含めた治療方法、そして虫歯にならない猫にも歯磨きが重要となる予防方法を書いています。

副鼻腔炎の主な症状は以下の通り。

  • 粘液性のある膿が混じった鼻水(血が混ざることも)
  • 激しいくしゃみ
  • 鼻詰まり
  • 呼吸が荒くなる
  • やたら鼻を気にする
  • 鼻筋が膨れる
  • 鼻炎
  • 結膜炎
  • 蓄膿症

副鼻腔炎は炎症が悪化すると、膿が副鼻腔内に溜まってしまい蓄膿症になってしまいます。

蓄膿症になると、呼吸しづらくなり、口を開けて呼吸したり、やはり匂いが嗅げなくなるので、より食欲不振が顕著に表れ、猫に元気がなくなってしまうことも。

副鼻腔炎の治療は基礎疾患となる鼻炎や歯周病の治療、副鼻腔に膿がたまっている場合には、チューブなどを使って膿を洗い流します。ただ、副鼻腔は鼻の奥にあるため治療しづらく、場合によっては治療出来なかったり後遺症が残ることもあるそうです。

結膜炎

鼻炎から副鼻腔炎、そして副鼻腔炎から結膜炎や角膜炎を引き起こしてしまう可能性もあります。

結膜炎とは、猫の目に白目からまぶたの裏側を覆っている結膜が炎症しているような状態のこと。

角膜炎とは、猫の目の黒目部分を覆っている角膜に炎症を起こしているような状態のこと。

症状としては以下のようになります。

[結膜炎の症状]

  • 白目の充血
  • 目が腫れたようになる
  • 涙や目やにが増える
  • 手や床や壁などでやたらと目をこすろうとする
  • まばたきの回数が増える

[角膜炎の症状]

  • 目(角膜)が白くにごる
  • 激痛を伴う
  • 涙や目やにが増える
  • 手や床や壁などでやたらと目をこすろうとする
  • まばたきの回数が増える

結膜炎や角膜炎の症状が見られる場合には、その原因が副鼻腔炎であり、そもそもの原因は猫の鼻炎であるという可能性も。

猫の結膜炎や角膜炎は、もちろん外傷など他にも原因はあるのですが、鼻炎の原因で最も多いとされる猫風邪が原因である場合もあります。

猫の鼻炎が重篤化してしまうと、鼻の奥にまで炎症が進み、さらには目にまで影響を与えてしまうこともあるので、たかが鼻水と侮らずに、まだ鼻炎が軽度な内に適切な治療をしてあげることが大切です。

猫の鼻炎の原因

猫の鼻炎/モコ

猫の鼻炎は原因が様々にあり、治療する上ではこれらの原因を特定することが最も重要となります。

猫の鼻炎の原因となるのは以下のようなものが考えられます。

  • ウイルス:ヘルペスウイルス、カリシウイルス
  • 真菌:クラミジア、クリプトコッカス、アスペルギルス、アオカビなど
  • 細菌:ボルデテラ、パスツレラ
  • 寄生虫:ダニ、一部の線虫
  • 先天性:口蓋裂、繊毛運動障害など
  • 腫瘍:良性のポリープ、軟骨肉腫、骨肉腫、リンパ腫など
  • アレルギー:植物の種子、花粉、ハウスダスト、イエダニなど

猫の鼻は呼吸などにより直接空気に触れる場所でもあり、ウイルスや真菌など病原菌に侵入を許しやすい部位です。

猫の鼻炎は、約90%が猫風邪(ヘルペスウイルス・カリシウイルスといったウイルス感染症)が原因だと言われています。

老猫の場合なんかだと、腫瘍が原因となる場合もあり注意が必要ですね。

腫瘍は猫の鼻(鼻腔)の両方に出来ているのは考えずづらく、片方に出来る場合がほとんどですので、猫の鼻の片方から鼻炎の症状に当てはまるような鼻水や鼻血が出ている場合には、腫瘍が出来ている可能性が出て来ます。

アレルギーによる鼻炎はアレルギー性鼻炎と呼ばれます。

人間同様にアレルゲンとなる物質は猫によって様々であり、花粉やハウスダスト、イエダニなどが考えられますが、猫の場合には植物の種など異物が鼻に入ってしまい鼻炎を起こすことが多いそうです。

猫の鼻炎の治療

猫の鼻炎/モコ

猫の鼻炎を治療するには、その症状や原因によって方法が異なりますので、まずは原因を特定することが第一。

原因をしっかりと見極めないと、いつまで経っても猫の鼻炎が治らないなんてことにもなりかねませんからねorz

さて、鼻炎の治療は内科療法が一般的で、原因に合わせて抗生物質や消炎剤などを投与して治療します。

鼻炎の原因がウイルス性感染症の場合には抗生物質、真菌が原因であれば抗真菌薬を投与。炎症に対処する為にインターフェロン注射やステロイドなどを使用する場合もあるようです。

軽度な鼻炎は数日(7~10日)で治るそうですが、体力低下や免疫力の低下によって慢性化していたりすると完治するまでに時間を要することになるとのこと。

慢性化していて、呼吸困難ぎみになっている猫には、ネブライザーと呼ばれる吸入器(霧状にした薬剤を器官内に入れる機器)を使って、鼻やのどに薬剤を噴霧して直接炎症を抑えます。

アレルギー性鼻炎の場合は抗ヒスタミン剤やステロイド剤、原因がダニなど寄生虫の場合は駆除薬を使います。

鼻炎が腫瘍性や異物が原因とされる場合には、主に内視鏡を使ってそれらを取り除く外科手術が施される場合もあり、腫瘍の種類によっては、放射線療法など腫瘍に合わせた治療が行なわれます。

鼻炎が慢性化している場合の対策

猫の鼻炎が慢性化していたり重篤化し蓄膿症になっていたりすると、治療に長い時間がかかったり、もしくは治療自体が困難になってしまうこともあります。

また、鼻先が短い短頭種(ペルシャ、ヒマラヤン、エキゾチック・ショートヘア等)は、鼻炎が慢性化する傾向にもあります。

もちろん完治を目指して根気強く治療を続ける必要がありますが、そういった場合どうしても猫の鼻炎と向き合う必要が出て来ます。

鼻炎で苦しんでいる猫の為に飼い主がしてあげられる対策(症状を和らげる工夫)を、体験談などを参考にいくつか挙げてみましたので、参考にしてみてください。

  • 特に冬場となりますが、室内温度を寒くない温度にする。
  • 部屋が乾燥しなように加湿器などを設置する。
  • 猫の目の下から鼻の横あたりに指を当ててクチュクチュとマッサージしてあげる。
  • 鼻水が酷く呼吸がしづらいような場合には、人間の赤ちゃんに使う鼻水吸引器を用いて吸い出してあげる。
  • 扱い方には注意が必要だし獣医さんとちゃんと相談する必要もありますが、上記しましたネプライザーや液体を購入し自宅で行なう。
  • 鼻水で鼻のまわりがカピカピになっている場合、ぬるま湯で濡らしたガーゼやティッシュ、ペット用のウェットティッシュなどを使いこまめに拭き取ってあげる。目やになどが出る場合も同様。
  • 鼻の中に水を一滴(気管に入るとよくないので量には注意!)を垂らし、ドロドロの鼻水を湿らせて呼吸しやすくする。
  • 食欲不振に対しては、そもそもが香りの強いキャットフードに替えたり、ドライフードであれば鰹節など香りの強いものをふりかけてあげたり、ウェットフードであればレンジなどで少し温める(温めすぎ注意)と香りが増しますので試してみる。

猫の慢性鼻炎や蓄膿症で悩んでいる飼い主さんは多いようで、皆さん愛猫の為に色々と工夫して頑張って鼻炎と向き合っているようです。

これらをご自身で行なう場合、治療の妨げや症状を悪化させてはいけませんので、必ず獣医さんと相談の上で行なうようにしてくださいね

猫の鼻炎を予防するには?

猫の鼻炎/モコミミ

猫の鼻炎、鼻水を垂らしていたり、目に違和感があると人間でも辛い、猫がそんな状態であるのを見ているのも辛い。

ここまで書いて来ましたように、猫の鼻炎は重篤化してしまう場合もありますし、出来れば猫が鼻炎にならないように予防してあげたいですよね。

また、鼻炎が再発しない為、症状が悪化しない為にも、対策や予防することは大切です。

ここでは猫の鼻炎を予防する方法を書いていきたいと思います。

ワクチン接種

先ほども書きましたが、猫の鼻炎の原因の約90%が、猫風邪とされるヘルペスウイルス(ウイルス性鼻気管炎)やカリシウイルスといったウイルス性の感染症であると言われています。

ゆえに、猫が風邪を引かないようにしてやることが、猫の鼻炎を防ぐ最たる方法とも言えます。

猫が猫風邪にならないようにするには、まずなんと言ってもワクチン接種。

例え猫を室内で飼っていたとしても、空気・飛沫による感染は完全に防いでやるのは難しいですからね。

念には念をという意味でもワクチン接種はしておいた方がよいです。

完全室内飼いの猫であれば3種混合ワクチン(猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症)、外にお出かけする猫の場合であれば4種混合~7種混合ワクチンを摂取することが望ましいとされています。

ワクチンを接種することで、猫風邪の感染予防になるのはもちろんのこと、もし鼻炎になってしまっても症状を和らげてくれますよ。

【猫のくしゃみ・鼻水】止らない?猫風邪?鼻炎?良し悪しの見分け方
猫がくしゃみをしたり、鼻水が出ていたりすると、ひょっとして猫風邪なんじゃないかと心配になってくるもの。どういった「くしゃみ、鼻水」が良くないのか、それぞれその見分け方や、考えられる病気、原因・症状・治療・予防方法について書いています。

完全室内飼い

猫にとって外には危険がいっぱい。

交通事故、猫を見つけては虐待する輩、野良猫と間違われて保健所に保護されてしまう等々・・・そして、様々な感染症も然りです。

猫風邪、猫エイズなどに感染している猫との接触、ノミやダニなどの寄生虫、はたまたあちらこちらに落ちているハトの糞から感染する病気だってあります。

完全室内飼いにすることで、そういった様々な危険との遭遇(接触)や、猫の鼻炎の原因ともなる猫風邪にかかる確率を格段に減らすことが出来るのです。

ただ、室内飼いにしても、空気・飛沫感染もあり、完全に防げるわけではありません。

ゆえに、飼い主である我々が外出し帰宅した際には、ちゃんと手洗い(外猫に触れた時は尚更)したり、服を着替える、靴を下駄箱に入れるなどすると尚良しです。

そしてもし、多頭飼いをしていて、そのうち一匹に猫風邪、鼻炎などの症状が見られるのであれば、その症状が治まって完治するまでの間、他の猫と接触しないように心を鬼にして隔離するようにしましょう。

【猫の室内飼い】室内飼いはかわいそう?ストレス?ケージ飼いはあり?
猫を閉じ込めるのはストレス過多となり、かわいそうだと思うかもしれませんが、猫を飼う場合には「完全室内飼い」が推奨されています。「室内飼い」と「外飼い」の平均寿命、外飼いの危険性、室内飼いのメリット、室内におけるケージ飼いについて書いてみます。

生活環境に留意

猫のアレルゲンとなるダニや様々なアレルギー物質は部屋の中にも存在しています。

こまめに掃除・洗濯をしたり、または空気清浄機を置いたりして、日頃から室内や猫の居場所をなるべく清潔に保つようにしてげましょう。

また、寒さや乾燥はウイルスや細菌が繁殖しやすくしますので、寒くなりすぎない適切な室温にすること、そして加湿器(アロマ加湿器は猫に良くないのでNG)などを使って乾燥を防いであげるのも大切。

【猫のアレルギー】種類と皮膚炎などの症状や原因、検査と治療の方法
愛猫がいつも同じようなタイミングで、くしゃみや鼻水、目に涙を溜めていたり、嘔吐、咳、体を掻いていませんか?猫にもアレルギーがあります。そんな猫のアレルギーについて、種類や症状、検査や治療方法、そして重要なアレルゲン対策について書いてみます。

免疫力の維持

体外から侵入したウイルスや細菌などから猫の体を守ってくれる免疫力の維持も重要です。

免疫力がちゃんと維持されていないと、ウイルスや細菌の侵入を容易に許すことになり、鼻炎の原因となる猫風邪や寄生虫による感染症にかかりやすくなってしまいます。

特に、まだ免疫システムが構築されていない子猫や、年を重ねるにつれてどんどん免疫力が弱ってくる老猫には注意が必要。

免疫力を維持させるには、無添加で消化吸収の良い食事を心がけること、腸内環境を整えること、活性酸素の過剰な増加やストレスに注意してあげることになります。

【猫の免疫力】猫風邪や癌を撃退!猫の免疫力を高める3つの方法!
免疫力は、猫を猫風邪など感染症から癌まで様々な病気から守る。免疫力アップは猫に長生きしてもらうには必須。その免疫力が弱いとどうなるのか、その原因は何なのか、免疫力を上げるにはどうすれば良いのかなど、猫の免疫力を高める方法を書いています。

歯周病・口内炎予防

副鼻腔炎は歯周病や口内炎から引き起こされる場合もあります。

歯周病である歯肉炎から口内炎へと発展するおそれもありますので、まずは歯周病への対策が重要となります。

歯周病は、歯に付着した細菌が集まって出来る歯垢や歯石が原因となりますので、それらを取り除いてやらねばなりません。

猫は虫歯ができいくい動物ではりますが、歯周病を防いでやるには歯磨きをしてあげる必要があります。

なかなか難しいとは思いますが、猫の歯磨きにチャレンジしてみましょう。

【猫の歯磨き】しないで良い?歯磨きのやり方や頻度、嫌がる場合には?
虫歯にならないと言われる猫なので、猫には歯磨きなんて必要ないと思いがちですが、歯磨きすることで猫にとっては厄介な歯周病や口内炎を予防することが出来ます。そんな猫の歯磨きについて、必要性や歯磨きのやり方、嫌がる場合のグッズなどを紹介してます。

猫の鼻炎まとめ

猫の鼻炎/モコミミ

たかが鼻水されど鼻水、たかが鼻炎されど鼻炎です。

猫にとって鼻、嗅覚はとても大切な役割を担っているもの。

キャットフードなど食べ物の匂いを嗅いで安全性の確認、飼い主や一緒に住む仲間の匂いを嗅いで情報(安心)を得る、縄張りについている自分の匂いを嗅いで安全や安心を得る、涼しいところや暖かいところを嗅ぎ分けるのも鼻です。

そんな大切な役割をもっている鼻がもし効かないともなれば、安心して暮らしていけなってしまう。

猫にとって鼻炎は人間以上に死活問題となってしまう。

猫の鼻炎が慢性化してしまうと治療に時間がかかったり、または治療が困難となる場合もあり、症状を緩和させるぐらいしか出来なくなることもあります。

猫に安心して暮らして貰えるように、定期的なワクチン接種や生活環境の見直しなどの対策をして、猫が鼻炎になってしまうのを予防してあげましょう

また、鼻水が慢性化している、息が荒い、その他にくしゃみなどを伴っているなど、鼻炎や猫風邪の兆候が見られたら、なるべく早く動物病院へ行き、獣医さんに診て貰うようにしましょう

鼻水がサラサラな内であれば、適切な治療をすることで悪化(慢性化)する前に治してあげることも出来ますし、その他の病気が原因だとしても早期発見、早期治療に繋がります。

もし慢性鼻炎となってしまっている場合には、言うは易しで・・・大変かと思いますが、しっかりと猫の鼻炎と向き合い、少しでも鼻炎の症状を和らげてあげて、愛猫たちが過ごしやすくなるよう工夫をしてみてください。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする