猫と彼女。

猫と彼女/モコ

今回のねこ録は、猫と彼女と題しまして記事を書かせて貰います。

検索エンジンに引っかかりそうも無くアクセス数伸びなさそうなタイトルやけど、なんかこのフレーズが気に入ったので、これで行こうと思うww

色々と考えたんだけどね。

“人見知りの猫と彼女”とか、“人に懐かない猫と人見知りの彼女”とか、“猫と彼女、猫に懐かれる方法とは?”(←っぽいねコレ)とかww

もしも(もしもね)別れてしまうようなことになった場合のことを考えると、こんな記事書くのもちょっとアレかもしれんとも思いつつ・・・。

では、経緯から・・・

って言っても、猫(モコミミ)との出会いはもう書いた↓ので、彼女との経緯をね。

ねこ録:モコの幼少期、少ないけど子猫時代の写真ありったけ全部ww
ねこ録:モコの幼少期、少ないけど子猫時代の写真ありったけ全部ww
今回は小さい頃・幼少期のモコ、忘れもしない出会いについて書いてみました。 当時はスマホを持っていない頃(っていうかスマホなんてあったっけ?)、デジカメも持ってませんでしたので、カメラ付き携帯で撮影してた写真となります。 ...
ねこ録:皮膚糸状菌症を患っていたミミの幼少期、そしてモコとの初顔合わせ!
ねこ録:皮膚糸状菌症を患っていたミミの幼少期、そしてモコとの初顔合わせ!
今回は小さい頃・幼少期の感染症を患っていたミミについて書いてみました。 当時はスマホを持っていない頃で、デジカメも持ってませんでしたので、ほとんどがカメラ付き携帯で撮影してた写真となります。 画像が少々荒かったり小さかっ...

猫好きな彼女と出会うまで

猫と俺/モコ

俺はずっと人間(女性)不信でした。

今でもまだちょっとそうなのかもしれないけど、女性の言うことは信じていませんでした。そうは言ってもどうせ・・・みたいな。

俺には10年間(うち5年間は同棲)一緒に居た女性(元カノ)がいました。

猫たち(モコミミ)とはその元カノと一緒に生活する中で出会ったのです。

ですが、ある日、元カノは他の男を作り、俺とモコミミを置いて出て行ってしまいました。

結婚も考えていた矢先の話です。

その後、何も信じられなくなっちゃってね俺。

ただ勘違いしないでほしいのは、もちろん俺にも責任があったのだろうと思っています・・・なので、元カノだけが悪いのではありませんよ。

それでもね・・・信じられなくなっちゃって。

全部ウソだったのか・・・この10年は何だったのか・・・行き場の無くなった俺の想いはどうすれば良いのか・・・君の為に君の勧めた仕事に変えたのに。

情けない話ですねまったく。

そこから今に至るまで俺と猫たちだけの四苦八苦な生活が始まるわけですww

猫と彼女/モコミミ

そのまま4年が過ぎ去り、世間よりも遅かったのですが、長らくガラケーだったのをスマホに替えてから始めたTwitter。

そこで出会った一人の猫繋がりのフォロワーさん。

俺と似たような境遇、10年付き合っていた彼氏と別れ、精神的に不安定だと言う。

まぁ最近になって色々なことが分かってきて、俺とはちょっと違う感じのようですが・・・。

そのフォロワーさんと会話を重ねることで、そのフォロワーさんは俺にまた人を信じてみようかと思わせてくれました。

それが今の彼女ってわけです。遠距離ですハイ。

ちなみに、今は彼女からフォローを外されちゃっていますww気にしちゃうからだそうですが・・・。

ザザッとですが、こんな感じww

初めて我が家にやって来る彼女と人見知りの猫(モコ)

猫と彼女/モコ

彼女が初めてうちにやって来る日。

元カノと住んでいたところだし色々と大変でした。におわせるようなモノは全て捨てて買い換えたww

彼女は猫たちと会うことに対して緊張していましたね。

それというのも、会ってショックを受けないように、前もってモコはもの凄い人見知りだってことを話していましたから。

どれだけ猫に馴れていようが関係ないのです。うちのオカンがそうですからね(最近少し馴れて来たような感じですが)。

ほんと俺以外の人間には誰にも懐かない。

そのくせ興味はあって隠れるようなことはせず近寄って来る。で、こちらからアクションを起こすと怒濤のように怒るっていうね。

難しいヤツなのです。

案の定・・・彼女に対しても同じ対応。

彼女が我慢できずに手を出すとシャーっと言って猫パンチ、彼女一人でトイレや風呂に移動しようものなら、ウーっと唸って足に猫パンチです。

せっかくお土産(蹴りぐるみ&おやつ)買って来てくれたのにね。

その蹴りぐるみではしっかり遊んでたけどね・・・てめぇ!

猫と彼女/モコミミ

猫と彼女/モコ

おやつもしっかり食べていたけどね・・・しかも彼女の手から・・・てんめぇ!

猫と彼女/モコミミ

猫と彼女/モコ

ちなみにミミは最初は隠れて出て来なくなるのですが、一度出てくれば特に問題なく人と接してくれます。スイーツ女子ミミですので、一緒にスイーツ食べたりもしてましたね。

猫と彼女/ミミ

猫と彼女/ミミ

はじめて来た時は3日間うちに居た彼女ですが、あまりにもモコが馴れてくれずに凹み、自分の家の猫さんに早く会いたいとホームシックぎみになるっていう終わり方orz

どうしたものか・・・。

彼女と猫(モコ)のその後

その後も彼女は4回ほどうちに来たのかな。

なかなか馴れてくれないモコに対して、それでも早く仲良くなりたいと諦めずに頑張ってくれています。

猫たちへの食事も彼女が与えてみたり

遠めから話しかけてみたり

猫と彼女/モコ

食事を作ってくれる時なんかは、ずっと見張っているモコに話かけながら料理してみたり

猫と彼女/モコ

猫と彼女/モコ

プレゼントや買い物して買って来たものを開けている時にだって話しかけてみたり

猫と彼女/モコミミ

猫と彼女/ミミ

たまに愚痴みたいなのが聴こえてくることもあるけどね・・・。

そんな状況をツイートした時に、ある猫繋がりのフォロワーさんに一生無理だと言われたこともある。

基本的にいつも食事をくれる人にしか懐かないと・・・。

もしもそうだとしても・・・俺は首を縦には振らず、それは寂しいことだからそうでは無いと思いたいです!と言い返したら、フォローを外されちゃいました。

もしもそうだとしても・・・猫にだってちゃんと感情があり気持ちだって理解してくれていると俺は思いたいし、彼女が頑張っているのを近くで見ていて・・・あの時は凄く寂しいというか悲しいというか、そんな気持ちになったなぁ・・・。

もちろん応援してくれているフォロワーさんも多いので気にはしていませんし、俺は猫を信じています。

最近うちのオカンには、少し馴れて来たのか、触られてもモコが怒って手を出すこともなくなっていますので!

猫と彼女

彼女とは遠距離なので、会えるのも2~4ヶ月に一度ぐらい。

当然その全てがウチに来るってことにはならず、俺が向こうに行ったり旅行したりってこともあるので、彼女とモコが顔を合わせる回数はかなり限られています。

そこへきてモコが超がつく人見知り・・・かなり厳しい状況なのは間違いない。

ですが、彼女が部屋に入るなりモコが怒るってことも無くなりましたし、ん?なんとなく見覚えがあるぞ?ってぐらいには来ているかと思っています。ミミも隠れている時間が短くなっている。

お互いに色々と事情があってまだまだ先になりそうですが、彼女と一緒に住むことになれば、猫と彼女の関係は一気に好転するだろうと勝手に思っていますww

猫と彼女/モコミミ

今の俺にとって猫(モコミミ)と彼女が最も大事な存在。

猫たちには歩き続ける力を貰い、彼女には暗闇をひたすらに歩くような状態だった俺を救ってくれた光のような存在。

大事な猫と彼女、みんなが楽しく暮らせる日を夢見て・・・。

いつの日かきっと。

猫と彼女/モコミミ

猫と彼女については、きっとこれからも色々とあるだろうし、その時にまたこのブログもしくはTwitterにてお話したいと思います。

以上、そんな猫と彼女でした。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする