猫の糖尿病について、原因や症状、予防の仕方!肥満を予防・改善すれば一石二鳥にも三鳥にもなる!

猫の糖尿病/ミミ

人も猫もちょっと太って来ると気になる病気の一つである糖尿病。

犬より猫、痩せているより肥満の方が正常体重の猫の5倍も糖尿病になりやすい。そして、オスよりメス、避妊・去勢している猫の方が肥満になりやすいそうです。

また、若くして糖尿病になる場合もありますが、人と同様に中高年以上の猫に発症しやすく、10歳前後から特に注意が必要、まさに成人病というか成猫病なのです。

うちにも一匹、ちょっぴり太り気味の猫がいまして、ちょっと心配になったりもします。ミミもメスやし、もうおばさんやなぁ・・・。

ということで、今回は糖尿病について、その原因と症状、予防するにはどうすれば良いのかを調べてみました。

猫の糖尿病とは?

猫の糖尿病/モコ

糖尿病とは、膵臓から分泌されるインスリンが不足、または膵炎や遺伝などによりその分泌を阻害する要因がある場合、細胞に必要な糖分(ブドウ糖)を取り込めなくなってしまい血糖値が上がってしまい、猫の体に様々な影響を及ぼしてしまう病気。

インスリン分泌が不十分な場合の「インスリン依存型糖尿病」と、インスリンの効果が阻害される場合の「インスリン非依存型糖尿病」、あと、糖尿病予備群とも言える耐糖性障害(IGT)の「ホルモン誘発性の糖尿病」に分けられます。

しっかりと正確な治療を続ければ、命にかかわる危険性は低いものの、その治療は、度重なる通院や症状によってはインスリン投与が必要となり、飼い主はそれなりの覚悟が必要となりますし、正確ではない診断で間違った処置を行うと命に関わってくるので注意が必要です。

糖尿病の原因とは?

猫の糖尿病/ミミ

糖尿病の原因となるのは、人と同様に食べ過ぎ(早食い)や運動不足などからくる肥満、ストレスが主な原因とされていて、そういったところから上記のような状況(インスリン不足による血糖値が上昇)となり糖尿病になってしまうようです。

食事内容には特に注意が必要であり、肉食動物である猫にとっては高タンパク、低炭水化物がよしとされていて、そうではない食事を与えているのことも影響している可能性もあるとのこと。

慢性膵炎、遺伝的素因などによって起こる糖尿病は「インスリン依存型」、また、肥満や運動不足、ストレスといった環境的要因、クッシング症候群、慢性的な炎症性疾患で起こる糖尿病が「インスリン非依存型」とされています。

糖尿病になると、どんな症状が出る?

猫の糖尿病/ミミ

[初期症状]
・水をよく飲み、排尿の量が増える。(多飲多尿)
・食欲が増えてよく食べているにも関わらず体重が増えない。
[症状が進んだ場合]
・毛艶が悪くなる。
・元気消失。
・食欲が低下し体重が減る。
・黄疸が見られる。
・膀胱炎や皮膚炎など感染症を起こす。
[末期症状]
・かかとを地面につけて歩くなど、歩き方がおかしくなる。
・低体温となり震える。
・白内障が進行し、黒目が白く濁っている。
・腎臓障害や脂肪肝など合併症を起こす。
・体液が酸性に傾くケトアシドーシスという状態になる。
 (嘔吐・下痢、意識障害を起こし、ふらついたりする。)
・インスリンが効かない場合、昏睡状態に陥って死に至る。

慢性腎不全と同様に初期症状に見られるのは「多飲多尿」になります。腎臓病の併発も怖いですが、重傷化してしまい、その上でインスリンが効かないともなると死に至る可能性がありますので、なるべく早く猫の状態に気付いてあげることが大切です。

普段よりも水をよく飲み、尿の量が多い、急激に食べる量が増えるなどした場合は、糖尿病のおそれがありますので、動物病院へ行き診察してもらってください。その為には普段から愛猫がどれぐらい水を飲むのか、その量をしっかりと把握しておくことが大切ですね。

また、糖尿病が進行すると、体液が酸性に傾くケトアシドーシスという状態(他の病気でも起こりうる)があるそうで、そうなっている場合には、緊急入院になることもあるようです。

ただ、末期症状と記しましたが、それには語弊があるのかもしれません・・・。

末期症状でも回復したという例は多々あるようです。猫の糖尿病は一時的な場合もあるようですし、回復の見込みが消えたわけではありませんので、もしもこれらの症状が見られたとしても、絶対に諦めるようなことはしないでくださいね。

猫の糖尿病は診断が難しい?

猫の糖尿病/ミミ

猫の腎臓病は、犬などよりも診断が難しいとされています。

診断は通常、血液検査と尿検査にて行われますが、猫はちょっとしたことでも血糖値が上がってしまう。病院なんて連れて行った日にゃそれこそ血糖値は上がった状態だと容易に想像できますよね。

なので血糖値が重要となる糖尿病の診断では、それが興奮状態のものなのか、糖尿病によるものなのか、獣医師さんは判断しづらいというわけです。

そんなことは無いとは思いますが、簡単に糖尿病だと判断されて、インスリン投与なんてされると低血糖となってしまいます。その後の治療によっては命にかかわってくるようなことも起こりかねません。

なので、もしも一度の検査だけで簡単に糖尿病と判断された場合には、治療を行う前に他の病院にも行って診て貰いましょう。セカンドオピニオンってヤツです。

糖尿病の治療方法

猫の糖尿病/ミミ

糖尿病の治療は、血糖値のコントロールが主体となります。

ただ、猫の糖尿病は、人または犬とはちょっと違っています。

人の場合は、脳梗塞、心筋梗塞、腎不全、盲目、脚の壊死などの合併症が怖いのですが、猫の場合には、それらは通常起こらない(ただ上記症状のところでも書きましたように、末期になると、腎臓病や白内障などの合併症を起こすことはあります。)とされていますので、人の場合ほど、厳格は血糖値の管理は不要とされています。

とは言えやはり血糖値のコントロールが重要ですので、インスリン不足を補う適切な量のインスリン注射を毎日行います。通院はストレスなどで血糖値が上昇しかねないので、注射はリラックス出来る自宅で飼い主自らが行います。

食事前にインスリン注射をし、その後に適切な食事を行うことで血糖値をコントロールするとのこと。また、インスリン注射を打ち過ぎることで起こってしまう低血糖を防ぐため、猫の場合の血糖値管理は通常よりも少し高めで維持することが多いようです。

インスリン注射を必要としない「インスリン非依存型糖尿病」の場合は、原因となる病気、肥満、ストレスを取り除いてやれば、インスリン注射の必要がなくなる場合もあります。

その場合は、血糖値が急激に上昇しないように、徹底した食事管理や糖質の少ない糖尿病用の療法食を用いるなどの食事療法を行ったり、経口血糖降下剤などの薬が用いられます。

インスリン注射を必要とする場合も、食事で血糖値のコントロールが上手く出来るようになれば、インスリン注射はしなくてよくなる場合もあるとのことですよ。

必要なインスリンの量は変動しますので勝手な判断は禁物!定期検診を受けて獣医師さんと相談しながら、しっかりと血糖値コントロールをしてあげましょう。

そして、これら治療は飼い主の負担も大きくとても大変ですが、糖尿病はちゃんと治療さえしていれば、猫は普段通りに生活し、最後の時までしっかりと生き抜くことが出来る病気でもありますので、愛猫のために希望を持って頑張りましょう!!

猫の糖尿病を予防するには?

猫の糖尿病/ミミ

猫の糖尿病を予防するには、血糖値が上がってしまうようなストレスを溜めさせない穏やかに過ごせる環境作りと、とにもかくにも食事の管理、肥満解消(ダイエット)が重要となります。

基本的に、食事(キャットフード)は高タンパク、低炭水化物とした方が良く、肥満ぎみの猫であれば低脂肪・低カロリーなものが良いですね。

オススメ出来る厳選したキャットフードのみではありますが、重要な成分が解る比較表を作っていますので、良かったら参考にしてください。

安全性とグレインフリー中心&安くても安全な厳選おすすめキャットフード比較
安全性とグレインフリー中心&安くても安全な厳選おすすめキャットフード比較
高級なプレミアムキャットフードはグレインフリー中心に、比較的お安いキャットフードは最低限の安全性と栄養素で厳選したプレミアムキャットフードの比較表を作ってみました。ランキングなどはしていませんが、キャットフード選びの参考になれば幸いです。

うちの場合は、俺の生活スタイル(長時間うちを留守にする・・・)に合わせて、いつの間にか猫たち自身で食事の量を調節することが出来るようになっていたりしますが、ほとんどの猫は与えられた分を一気に全て食べてしまいますので、食事の回数を増やしてやるのも肥満には効果的。

一日の分を一日6~7回と小分けにして与えると肥満には良いそうです。厳しいようならもう少し回数は減らしても良いと思いますが。

当然のことながら、適度な運動をさせること。愛猫の好みに合ったおもちゃで遊んであげたりすれば良いかと。ストレス発散にもなりますしね。ストレスには猫が使うモノ、トイレなどはいつも綺麗にしてあげて、声をかけてやったり出来るだけスキンシップを取るようにするのも良いでしょう。

猫のストレス、モコがストレスで薄毛になった時のことですが記事にしてありますので良かった読んでみてください。

猫のストレス?モコの過度なグルーミングによる薄毛(ハゲ)に悩まされた日々・・・
猫のストレス?モコの過度なグルーミングによる薄毛(ハゲ)に悩まされた日々・・・
猫のストレスによる薄毛(ハゲ)、モコも過剰なグルーミングにより毛を噛みちぎってお腹や両手足が薄毛になった頃がありました。当時のことを振り返りながら猫の薄毛(ハゲ)について調べてみました。

また、避妊・去勢を行った猫は太りやすい傾向にあるので、より注意が必要です。

肥満を予防・改善すれば、糖尿病だけではなく、猫下部尿路対策や膀胱炎などの予防にもなりますので、言い方はおかしいかもですが、一石二鳥、三鳥ですよ。

猫の糖尿病についてまとめ

猫の糖尿病/モコミミ

猫の糖尿病について色々と調べてみました。

それが全てではありませんが、猫にとって肥満は糖尿病を含めて健康を害する一つの要因であることや、糖尿病になってしまうと、治療など色々と大変だということが解ったかと思います。

ぽっちゃりした猫って、コロコロしていて、足リ方もボテボテしして、とても可愛いですよね。

もの凄くよく解ります・・・うちにも一匹太り気味の猫がいますので・・・。でも、それが一見健康そうに見えても、体は悲鳴をあげている場合もあるのです。

猫が欲しがるとついつい食べ物を与えてしまいがちですが、日々の食事(キャットフード)の量も含めて、グッと堪えて我慢し、猫にも我慢してもらいましょう。そうすることで猫が長生きしてくれると思えばこそ・・・それこそ愛情です。

また、時間が無いと言い訳せずに、猫たちと遊んだり、スキンシップはしっかりと取るようにしましょう・・・それが飼い主の責任でもありますよ。その一つ一つが、猫を病気から守り、長生きしてもらう為だと思えば、それぐらい楽勝ですよね!


糖尿病になると、検査に日々のインスリン注射、時には手術など、とてもお金がかかります。備えとしてペット保険をお考えの方もいるのではないでしょうか?猫の保険についても色々調べて記事にしていますので、必要に応じて読んでいただければと思います。

猫のペット保険“おすすめ”は危険!保険の必要性、加入条件など注意点、比較と選び方!
猫のペット保険“おすすめ”は危険!保険の必要性、加入条件など注意点、比較と選び方!
愛猫の健康には皆さん気を遣われていかと思います。 小さな病気から命に関わる大きな病気まで、大事に想えば想うほど、いろいろ不安はつきまとうものですよね。 うちの子は元気だから大丈夫って思っていても、病気は突然にやって来るも...


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ