比較的安全でバランスの良い栄養素が含まれるANF(タミアミ アダルト)キャットフードの詳細データや口コミ評価

ANF/モコ

ANFは、ADVANCE:先進、NUTRITION:栄養学、FORMURA:製法の略、つまりは最新の栄養学に基づいた製法で作られたキャットフードという意味となります。

テキサス州の豊かな自然をいかして、高品質な食材を、新鮮なまま調理、高品質な鶏肉や魚、卵をたんぱく源とし、栄養バランスのよいレシピであり、消化吸収もよく、嗜好性の高キャットフードであるとのことです。

ANFキャットフードには、スタンダードとなる「タミアミ」には、離乳期から9〜12カ月までの子猫および、妊娠授乳期の母猫に最適な「キトン」、一般成猫用バランス食の「アダルト」、肥満体質の成猫および運動量の少ない高齢猫用バランス栄養食の「シニア」の3ランナップからなります。

また、ホリスティックケアのコンセプトに基づく『ホリスティック』には、予防こそ最善の治療という考えをベースにした「フィーラインホリスティック」があります。

当ブログでは、ANFキャットフードの標準的シリーズのとなる「タミアミ アダルト」を取り上げます。

それでは、そんなANF タミアミ アダルトの詳細データや口コミを見ていきましょう。

ANF タミアミ アダルトの詳細データ

ANF

ANF タミアミ アダルト
価格(税別) 500g / 約850円、1.5kg / 約2,400円、7.5kg / 約7,700円
生産国 アメリカ
メイン食材 鶏肉粉
穀物 ひき割り玄米
酸化防止剤 不使用
着色料・保存料 不使用
対応年齢 成猫(1歳以上)
原材料 鶏肉粉、ひき割り玄米、鶏脂肪、ビートパルプ、ひき割りオーツ麦、
乾燥卵製品、魚粉、醸造用酵母、天然香料、レシチン、魚油、塩、
炭酸カルシウム、塩化カリウム、L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、
ユッカエキス、硫酸鉄、パントテン酸カルシウム、硫酸亜鉛、ビタミンE、
硫酸マンガン、ナイアシン、硫酸銅、ビオチン、硝酸チアミン、
ビタミンA、塩酸ピリドキシン、リボフラビン、ビタミンB12、
アスコルビン酸、ビタミンD3、葉酸、ヨウ素酸カルシウム、
メナジオン亜硫酸水素ナトリウム、亜セレン酸ナトリウム、
酸化防止剤(ミックストコフェロール、
アスコルビン酸パルミチン酸エステル)
成分 たんぱく質32%以上、粗脂肪20%以上、粗繊維3.0%以下、
粗灰分6.5%以下、水分10.0%以下
カロリー 381.7kcal/100g
約8mm
賞味期限 開封後:1ヶ月
ANF タミアミ アダルトの給与量
体重 一日の給与量
1~3kg 21~42g
3~6kg 42~77g
6~9kg 77~112g

※個体差があり、年齢・環境などに応じて、適切な給与量は異なりますので、あくまでも目安に。
※キャットフード切り替え時は、旧90%:新10%から始めて10日ほどかけて徐々に切り替えましょう。

良い点
・鶏、魚、卵をタンパク源としバランス良く配合され健康維持サポート。
・数値は非表記だが低マグネシウムで尿路結石対策がされている。
・ビタミンとミネラルがバランス良く配合されている。
・消臭作用のある植物ユッカエキスが配合され便臭が抑えられる。
・無添加・無着色
悪い点
・新鮮な肉や魚ではなく鶏肉粉が使われている。
・栄養価がほとんどなく、かさ増しの可能性があるビートパルプは便秘に注意。
・過剰に摂取すると心臓や腎臓に負担のある塩が含まれている。
・ひき割り玄米は比較的安全ではあるものの穀物が使用されている。

タンパク質、ミネラルやビタミンといった栄養素のバランスも良く、4Dミートなど危険な副産物も含まれていらず、無添加・無着色、大きな特徴はないものの栄養と安全性は確保されていると思われるキャットフードのANF タミアミ アダルト。

穀物が使用されグレインフリーとはならないものの、ひき割り玄米は白米よりも糖分が低く、トウモロコシや小麦などよりもアレルギーの危険性も低いので、そこまで気にする必要はないほぼグレインフリーのように感じますね。

第2原材料にひき割り玄米、第3原材料にビートパルプが表記されている為、その割合が多くなっていることが少々気になるところで、特にビートパルプは良い方向に作用されれば良いですが、便秘のしやすい猫には注意が必要になるかもしれません。

また、含まれるナトリウムの値が表記されていないので、原材料に含まれる塩がどのように影響してくるかも心配要素の一つでしょうか。まったく必要がないというワケではないのですし、水を飲むようにさせるためってのもありますが、猫にとって塩分の過剰摂取は心臓や腎臓によくないですので・・・。

っていうか、ユーザーが知りたいであろう成分や割合に関しては、メーカーに問い合わせなくとも分かるように記載しておいてほしいですよねぇ。

ANF タミアミ アダルトの口コミ評判

ANF/ミミ

良い口コミ・猫笑アイコン

3匹中3匹の一番のお気に入りのようで食べるのをためらったり、他のものをねだったりは見られません。購入のきっかけは3匹のうち1匹がお姫様で、良くも悪くも食べ方が上品で下手くそ。小さい粒のものだと舐め回すだけで飲み込めない、飲めても丸呑みで吐きやすくなる状態でした。

このANFだと粒が大きいのと、三角という舐めにくい形状なので噛まざるを得ないらしく、また本人も味や歯ざわりを気に入ったようでよく食べ、健康的な体型と毛艶になってくれました。

猫によってこの大きさのものは恐らく好みが分かれると思いますが、うちの子のように舐め回すだけ、丸呑みで吐きやすい、という子がいる方は一考してみてもよいかもしれません。

また書かれている方がいらっしゃいましたが、フード自体の匂いも他のものに比べて少なく臭くもないです。他のもの、と言うのがあまりにも匂いがキツすぎたのかもしれませんが・・・。

いつもあげてるフードCNがサルモネラ菌でリコールになったので、以前の定番のこれを主にあげてます。CNをやってた時より毛艶が良く、フケがなくなったように思います。

思い返せば曖昧な記憶ですがCNをやり始めてからフケが出るようになったような・・・・・こちらの方がうちの子の体質に合ってるのかも。プレミアムフードの中では安いけど、過去にリコールとかもないようですし、おすすめです。

以前調べたところ、アメリカではなかなか評判の良いフードだということでローテーションに加えています。

うちの猫は一般的な小粒のものだとガツガツ丸飲みしてあげく戻してしまうことが多いのですが、これはやや平たく三角形のけっこう大きい粒のおかげできちんと噛まなくてはならないようで結果がっつき食いせず戻すこともほとんどないです。

もともとロイカナのオーラルやシャム用、メインクーン用など大きい粒を非常に好んで食べるので、こちらもかなり気に入っているようです。

ヨカッた、吐かない!
【食いつき】ウマイ、ウマイ
【栄養バランス】肥満の元のトウモロコシが入っていない
【安全性】企業を信用するしかないーーー小袋だから開封後の劣化は回避できる
【価格】おぉ、安い!

ウチのコは(3匹共)粒が大きめのカリカリが好きで、このくらいの大きさが丁度良いようです。カリカリの好みが激しいコ(元々カリカリが苦手なコ)でも食べてくれてます。

1種類だけだと飽きて食べなくなるので、今はこれとアズミラと他1~2種をミックスしてあげています。(混合内容はローテして変化させております⇒飽きやすいため)

それと、ウェットフード数種類も欠かせません。ますます贅沢息子に成長しております(1歳)

悪い口コミ・猫泣アイコン

以前はなかったのですが、最近はこれを食べると確実に吐きますので、違うフードに数粒混ぜて上げています。においが少々きついです。

アカナのグラスランドキャットをあげていましたが、飽きるだろうと違う餌もローテーションに加えたかったのですが、うちの猫2匹共 吐きました。うちの猫には合いませんでした。

原材料のビートパルプと塩が気になりましたが、レビューが良かったので購入してしまいました。餌選びは難しいです。

うちの猫たちは最近好き嫌いが激しくなってきて、色々試していますがこれもダメした。全く食べずにクサイクサイしちゃいます。

一日目は食べましたが、2日目からは食べず、食べなくなり、残念です。

粒は大きく食べやすそうでした。しかし、下痢嘔吐がとまらなくなり、うちの子には合いませんでした・・・猫ちゃんには申し訳ないことをしました。。

口コミを調べて
公平を期するために善し悪し5つずつ口コミを貼っていますが、全体的に高評価でした。

良い口コミで最も多かったように思うのは、粒の形状や大きさに関してですね。ちゃんと噛んで食べなきゃならず慌てて食べて嘔吐してしまうことがなくなり良かったという意見が多かったです。

猫は基本的に噛まないで丸呑みする種の動物ですので、噛まなくても問題はないのですが、一気に食べて嘔吐してしまうような子(うちのミミそうかも・・・)には良いかと思いましたね。

あとは、よく食べる、毛艶が良くなった、プレミアムキャットフードの中ではお安い、といった感じ。

悪い口コミは比較的少なかったのですが、吐いてしまう、食べないというものがほとんどでしたね。また良い口コミとは逆に粒が大きすぎるというものも・・・。

どのキャットフードにも良い口コミと悪い口コミとでは真逆のことが言われている場合が多く、いったいどうすりゃいいんだコンチキショー!と思われるかもしれませんが、人間がそうであるように、そこはもう猫の好みや体質によってガラッと変わって来てしまいますので致し方ありません。

愛猫に最適なキャットフードをお探しの場合は、口コミは参考までとして、成分表などしっかり確認して気になるキャットフーから順にチャレンジしてみる他無いと改めて思いました。

ANF タミアミ アダルト まとめ

ANF/ミミ

グレインフリーではないが危険性の低いものしか使っておらず、無添加・無着色、メインが新鮮な肉ではなく粉ではあるもののタンパク質量もしっかり確保されていますので、比較的安全性が高く十分な栄養素を含むキャットフードであるANF タミアミ アダルト。

マグネシウム量などの表記はされていないのですが、低マグネシウムで尿路結石対策もちゃんとされているようです。ちなみにそのマグネシウム量は、口コミからですが0.08%のようですので、真実であれば適切な量となっています。

第3原材料にビートパルプが表記されていることと、塩に関しては水を飲ませる工夫として含まれているようですが、ナトリウムの数値が不明なので少々不安が残るものの、他の高品質なプレミアムキャットフードよりも価格が安く、これだけの内容であれば申し分ないかと。

口コミなどにありますように、小粒のキャットフードでは一気に食べ過ぎて嘔吐してしまうというお悩みをかかえる猫には、さらに良いのではないでしょうか。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ