グレインフリーって何?穀物は危険?穀物不使用なキャットフードのメリットとデメリット

グレインフリー(穀物不使用)/モコ

「グレインフリー」という言葉、どこかしらで耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ちなみに俺はキャットフード関係の記事を書くまで知らなかった情弱ヤローですハイorz

情けないことですが、キャットフードの各メーカーの謳い文句だけを見ていて、成分表までは目がいっていませんでした。

ってことで、ここ数年注目されつつあるグレインフリーについて、猫ブログですのでキャットフードの視点から調べてみました。

グレインフリーとは?

グレインフリー(穀物不使用)/ミミ

グレインは米、麦、トウモロコシなどの穀物を意味し、グレインフリーとは日本語で“穀物不使用”ということです。

もう少し大きめに言うと、ペットフードにおいてのグレインフリーとは“穀物完全不使用”となります。

少しでも穀物が入っていたりすれば、グレインフリーとは言えないことになります。

ちなみに、グルテンフリーとはタンパク質であるグルテンが入っていないという意味で、“麦類不使用”を意味しますのでまた違ったものになります。

猫にとって重要なのはグレインフリーとなります。

猫にとって穀物は危険?グレインフリーの必要性とは?

グレインフリー(穀物不使用)/モコ

人間や犬は雑食ですが、猫は完全なる肉食動物となり、本来は他の動物を捕獲し食べていました。同じ猫科のトラとかライオンとかがそうですもんね。

猫は肉食動物なので、体もそれに適したものになっており、消化器官も他の動物よりも短くタンパク質や脂質の消化吸収に優れています。

逆に猫の短い腸には盲腸がなく穀物に多く含まれる炭水化物を消化するのには適していません。穀物を食べても栄養がうまく消化吸収出来ないのです。

それどころか消化不良を起こし下痢なんかを引き起こしてしますし、そういった状況が続くと消化器官が劣化したり、穀物アレルギーを引き起こしたりしてしまう。

特にトウモロコシ粉や小麦などといったイネ科の穀物は猫の体に合っておらずアレルギー症状を起こしやすい。

また、猫にとってエネルギー代謝も悪く体に残りやすい炭水化物は、肥満の原因にもなり、最悪の場合は人間同様に糖尿病に繋がる恐れもあります。

猫にとって、穀物に多く含まれる炭水化物は基本的に必要としないのです。

なので、キャットフードを選ぶ時には、完全穀物不使用となるグレインフリーのキャットフード、もしくは、なるべく穀物の割合が少ない(せめて穀物がメイン食材となっていない)キャットフードがオススメというワケなのです。

格安のキャットフードは穀物メイン

グレインフリー(穀物不使用)/ミミ

残念ながら安価なキャットフードには、穀物がふんだんに使用されています。

一度手にとってパッケージ裏側(側面)の成分表を見て頂ければ分りますように、スーパーやホームセンターで安く売られているキャットフードのほとんどは、穀物が使用されているのです。

それどころかメイン食材に位置付けされている場合が多い。(メイン食材とは原材料の右上に書かれている食材で、最も割合が多いことを示しています。)

ではなぜ格安のキャットフードがそのようになっているのかというと、穀物を使用しないとなれば肉や魚を使用せねばならずその分コストが掛ってしまう、よってどしても価格が上がってしまうからなくなるのです。ユーザーのお求めやすい価格には収まらない。

結果、安く大量に仕入れられる穀物を多く使用し、穀物によって水かさを上げる形でキャットフードの価格を落としているということなのです。

グレインフリーだからって必ずしも良いわけではない!?

グレインフリー(穀物不使用)/ミミ

グレインフリーであるものの、植物性タンパク質の割合が多いものが結構あったりもします。必要なのは動物性タンパク質です。

それらは穀類の代わりとなる芋や豆が使われていることが多く、穀物よりは消化に良いものの結局炭水化物が多く含まれているというものです。しかもグレインフリー以外のキャットフードよりもその割合が多い場合も・・・。

グレインフリーと記載されていても、やはり成分表はしっかりと確認するべきです。

当然のことながら、猫によって向き不向きもありますしね。

あと、ここは議論中だそうで、ハッキリとは断言出来ないところでもあるのですが、一般的には猫のかかりやすい病気でもある腎不全など腎機能に問題のある猫の場合、グレインフリーは穀物を使用しない分どうしても高タンパクとなりますので、症状を悪化させるおそれもあります。

特に腎臓が弱って来る高齢の猫に与える場合には注意が必要。

ただし、健康で元気な猫であれば問題ありません。あくまでも腎臓に不安のある猫に限ります。

その辺が心配な猫であれば、グレインフリーのキャットフードではなく、獣医師さんに相談の上、療法食などにした方が良いかと思います

また、穀物にも含まれる食物繊維は毛玉排出や便の排泄に役立ちますよね。猫草とかもありますもんね。

肉食の猫たちであり炭水化物はほとんど必要ないとしても、適宜草や穀物を摂取することで食物繊維を取り込み不必要なものを排出する必要はありますので、一概にグレインフリーが良いとは言いきれない。

もちろん、グレインフリーのキャットフードの中にも排出の手助けするような成分や、他の食材(サツマイモなど)から食物繊維が摂取出来るよう工夫されているキャットフード、年齢も全年齢オールステージで与えることが出来るキャットフードもあります。

グレインフリーだからなんでも良いというわけではなく、バランスが重要だということは忘れないでください。

そういった部分もしっかりと確認して、愛猫に最適なキャットフードを選んであげましょう!

・・・と成分表を確認せずにキャットフードを選んでいた俺が言うのもどうかと思いつつ・・・。

グレインフリー(穀物不使用)についてのまとめ

グレインフリー(穀物不使用)/モコミミ

キャットフードにおけるグレインフリー(穀物不使用)について調べてみましたが、最後にグレインフリーのキャットフードにメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

[メリット]
・肉食である猫本来の食生活に近づけられ、毛艶が良くなり、たくましくなる。
・消化不良の解消。
・穀物アレルギーへのリスク軽減。
・動物性タンパク質が多くなるので、食いつきが良い。
・肥満の予防にもなる。
[デメリット]
・腎臓に不安のある猫の場合、高タンパクになりがちなので注意が必要。
・消化吸収が良く腹持ちが良くない。
・良質なグレインフリーキャットフードは海外のものが多く、コストもかかる為に価格が高い。

ここ数年、猫にはグレインフリーなキャットフードが良いとされつつあるようですが、メリットは多いけど当然ながらデメリットもあります。

安全面で考えれば、もちろんグレインフリーであることが望ましいのですが、特に価格面は悩ましいところですよね。

俺個人の見解としては、愛猫が酷い穀物アレルギーなどをもっていなければ、グレインフリーとまでいかなくとも、メイン食材が穀物になっていなかったり、その割合が多くなければ良いのではないかと思っていたりもします。

そういったキャットフードをメインにし、グレインフリーなどのプレミアムキャットフードはトッピングとして与えるのも良いのではないでしょうか?そうやって色々工夫をして、愛猫にご自身がしてあげられる範囲内で考えてあげましょう。

あと、どのキャットフードでも言えることですが、特にグレインフリーなどこれまでのキャットフードと性質がガラリと変わる場合、切り替え時は7~10日ほどかけてゆっくり、これまで与えていたキャットフードを混ぜながら徐々に行い、猫の様子を伺いながら切り替えることが重要です。

何よりも大切なのは、あなたの目の前にいる愛猫です。愛猫をしっかりと見てあげて、その体質や好みに合わせてキャットフードは選んであげてくださいね。


キャットフードに潜む危険性やキャットフード選びのポイント、切り替え方法についてはこちら↓

キャットフードに潜む危険性とは?キャットフード選び6つのポイントと適切な切り替え方法
キャットフードに潜む危険性とは?キャットフード選び6つのポイントと適切な切り替え方法
猫のおもちゃを選ぶ時ぐらいキャットフード選びもほんと迷いますよねぇ。 物凄い数のキャットフードが世に出回っていますからねぇ。 いやマジで・・・。 猫たちもちゃんと食べているし、考えるのも面倒だから、ずっと同じフード...

グレインフリー中心で厳選したプレミアムキャットフード比較表はこちら↓

安全性とグレインフリー中心&安くても安全な厳選おすすめキャットフード比較
安全性とグレインフリー中心&安くても安全な厳選おすすめキャットフード比較
高級なプレミアムキャットフードはグレインフリー中心に、比較的お安いキャットフードは最低限の安全性と栄養素で厳選したプレミアムキャットフードの比較表を作ってみました。ランキングなどはしていませんが、キャットフード選びの参考になれば幸いです。


最後まで読んでくれてありがとう♪よろしくお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする