プロバイオティクスと酵素含有クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフードの詳細と口コミ評価

クプレラ/ミミ

クプレラは、猫が捕食する草食動物と共生状態にある菌類や他の生物、草食動物に食べられた草木、成長するのに必要であった大地の栄養、それら全てを考慮しフード何で擬似的に再現されているとのこと。

肉食動物は草食動物を捕食することによりプロバイオティクスや酵素を得ているが、熱に弱く、高温下では効力を持たなくなっていまう。またビタミンやミネラルも加熱するとビタミンが失われバランスが崩れてしまう。

そこで、製品自体にプロバイオティクスの餌、棲家を用意し、その活動を補助することで有用に活用。また、ミネラル量は補正せず、自然に含まれるミネラルの量を実現、加熱することで失われるビタミンをペットフードの焼成後の工程で復元するといった手間をかけて製造されているのです。

クプレラのキャットフードは、この「ホリスティックグレインフリーキャットフード」、その他「ベニソン&スイートポテト・キャットフード」、「ラム&ミレット・キャット」があります。

クプレラのペットフードは基本はグルテンフリーとなっているのですが、このクプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフードに関しては完全穀物不使用のグレインフリーであり、そして全年齢対応となっていますので、当ブログではチョイスさせてもらいました。

それでは、クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフードについて詳細なデータと口コミを確認してみましょう。

クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフード詳細データ

クプレラ

クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフード
価格(税別) 900g / 2,550円、1.81kg / 4,080円、4.54kg / 8,730円
生産国 オーストラリア
メイン食材 魚類(ギンヒラス・シロギス・豪州真ダイ)
穀物 完全不使用(グレインフリー)
酸化防止剤 不使用
着色料・保存料 不使用
対応年齢 全年齢(オールステージ)
原材料 魚類(ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ)、サツマイモ、魚油、
藻類(昆布)、モンモリロナイト、ユッカ、白菜、アルファルファ、
炭酸カルシウム、チコリ、※活性酵素、
※プロバイオティクス(好酸性乳酸桿菌、機能性酵母、陽性桿菌)、
※多糖類、必須アミノ酸(タウリン、アルギニン、ヒスチジン、
ロイシン、イソロイシン、バリン、リジン、メチオニン、
フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン)、
ビタミン&キレートミネラル(カロチン、塩化コリン、ビタミンE、
鉄、ビタミンA、亜鉛、ナイアシン、葉酸、チアミン、ビタミンB6、
マンガン、ビタミンK群、ヨウ素)
※印の原材料は、オーガニックです。
成分 粗タンパク質31%以上、脂質12%以上、粗繊維5%以下、
粗灰分9%以下、水分10%以下、
炭水化物19.21%、水分7%、オメガ6脂肪酸2.99%、オメガ3脂肪酸0.82%、
リン1.40%、マグネシウム0.09%、カルシウム1.58%
カロリー 395kcal/100g
1~1.2cm
賞味期限 開封前:12ヶ月
開封後:1ヵ月
クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフードの給与量(成猫)
体重 一日の給与量
~2kg 28~55g
2~5kg 55~110g
5~7kg 110~165g

※個体差があり、年齢・環境などに応じて、適切な給与量は異なりますので、あくまでも目安に。
※キャットフード切り替え時は、旧90%:新10%から始めて10日ほどかけて徐々に切り替えましょう。

良い点
・メインを魚類とし「オメガ3脂肪酸」を多く含むので免疫力を高める効果。
・良質なプロバイオティクスや酵素により、消化不良、軟便、便秘リスク低減。
・グレインフリーでアレルギー対策。
・ヒューマングレード&一部の食材がオーガニックで安心。
・無添加無・無着色。
・三層構造パッケージを使用し、フードの酸化を防いでいる。
悪い点
・魚メインなので猫によっては好みが分かれ食いつきが悪い場合もある。
・プレミアムキャットフードにつきもので、やはりお値段がお高い。

クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフード、俺は聞いたこの無いキャットフードだったのですが、見てみると原材料に特に危険なものも使われていませんし、グレインフリーでありヒューマングレード、一部にはオーガニック食材が使われてて、安心安全でかなり良質。

ただし、この他のラインナップでは、グルテンフリーではあるものの穀物が使用されている為、グレインフリーにこだわるのであれば注意が必要です。

特徴としては、プロバイオティクスや酵素が含まれているところですね。

プレバイオティクスは善玉菌の餌ともなりますので、腸内環境を整え軟便や便秘の改善になるかと思います。お腹の弱い猫にはもってこいです。酵素は生命活動を維持に必要な物で年齢とともに減少するもの、酵素を取り入れることでその減少を抑えてくれます。

ただ、魚類をメインとして油脂が少なめなので、好き嫌いもありますし嗜好性が良いとは言い切れないかも。魚が好きな猫ならば何の問題もありませんが。

あとは、他の高タンパクを謳っているプレミアムキャットフードよりは、基準はクリアしているもののタンパク質量が少し低めになっていますかね。

で、やっぱり安くはないと・・・。

クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフードの口コミ

クプレラ/ミミ

良い口コミ・猫笑アイコン

美味しく食べてくれます毛づやも毛並みも良いですよ。下痢も便秘も全くしないです。体に良いご飯を日々食べさせてあげる事が一番大切だと思っています。これからも利用させて頂きます。

穀物を受け付けない猫ですが良く食べます。グレインフリーのサンプルを並べた中でで最初に食べたので決めました。

猫10匹ですが、ロイヤルカナンでアレルギーを発症してピュリナワンのサーモンで少し落ち着いてたのですが、ビューティプロに変えて酷い状態になり日本のメーカーにまともなフードは1つもない事に気づき、モグニャン、カナガン、シンプリー、オリジンと8月は家計を圧迫して最後に行き着いたのがこのホリスティックグレインフリーでした!

穀物だけでなく鶏肉もアレルゲンみたいで又、食べてくれないと意味もなく彷徨いました!モグニャンは全く口もつけてくれずカナガンは食べたのでしが鶏肉が引っかかり、シンプリーはマグネシウムもナトリウムも高値でオリジンは全く口をつけてくれませんでした!

ホリスティックグレインフリーはオリジンの半分ぐらいのお値段で家計にも優しいので今後は大袋で購入して小分け真空パックして冷蔵庫保管で新鮮な物を食べさせて行きたいですm(_ _)m

追記。グレインフリーに替えて全匹身体を掻くのが治り、嘔吐もしなくなり、顎ニキビまで綺麗になり筋肉が引き締まって、毛並みが柔らかくなりました!今は駈け回り方も迫力が出てきました♪元気に病院知らずで20歳以上生きて欲しいですm(_ _)m

猫のダイエットのためフードを探していました。他ショップで勧められて900g試したところ、初めの食いつきは良くないですが、気に入ってくれた(計量などカロリー計算もちゃんとした分、少し体重が減ってきました)ので今回1.81kg注文させていただきました。

成分など猫のカラダに安心してあげられるものをお探しの方には(好き嫌いはあるかと思いますが)勧められると思います。

初めてこちらのメーカーを頼みました。我が家のミックス猫二匹とも喜んで食べています。一匹は元の餌があわなかったのか咳やくしゃみがあったり、吐き戻しが多い子でしたが、こちらの餌にしてから少しおさまりました

悪い口コミ・猫泣アイコン

高齢猫なので美味しいものをたくさん食べて欲しかったのですが、全く食べてくれませんでした。残念でした。

なんでも基本的には食べる猫なのに、6匹中4匹が拒否しました。

3匹中1匹しか食べませんでした、残念。大きさも食べやすそうだなぁ と思ったのですが…定番食入りならず本当に残念。

味に飽きたのかなと思っていたら、どうやら炭水化物多めなのを嫌がっているらしいと気付きました。老齢期に入り、肝臓が弱って、最近は脂質も炭水化物もひかえめにしないと代謝がうまくまわらず、すぐ食欲不振におちいります。

さつまいも好きの猫は食べますが、そうでない猫は食べませんでした

口コミを調べて

口コミの内容は、どのキャットフードの口コミにもよくある食べる食べない、嘔吐や下痢に関してがほとんどでしたね。食べる食べないが大半を占めていました。

やはり、魚類がメインのキャットフードは好き嫌いがあるようで、食べる子と食べない子にハッキリ分かれる模様。

ただし、もし食べてくれたなら、下痢・便秘・嘔吐や痒み、ニキビ、咳などなど、アレルギー系やお腹関係に改善が見られた(もしくは異常が無かった)とのことですね!

グレインフリーであることやプロバイオティクスが効いているのかな。

あと、毛並みがよくなったというのもチラホラ。

で、悪い方の口コミは、ほぼほぼ“食べてくれない”というものでした・・・いくらハンガーストライキと戦っても徐々に切り替えても、やっぱり食べてくれない場合は、残念ですが他のキャットフードを試すしかないのかな。

クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフード まとめ

クプレラ/モコ

グレインフリーにて穀物アレルギー対策、一部の食材がオーガニックなので安全性を確保、プロバイオティクスによりお腹の調子と整え、酵素を取り込みその減少を抑える、クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフード。

メイン食材が魚類なので、猫の好き嫌いがハッキリと分かれ食べてくれない猫もいるようですが、もし愛猫が魚好きで食べてさえくれれば、上記のような恩恵が受けられる!そんな感じのキャットフードですね。

お値段はプレミアムキャットフードですのでそこそこしますが、他のに比べてベラボーに高い訳でも無いですので、お財布そして愛猫と相談(実際に猫と話せるとええっみゃけど・・・)の上、キャットフードに迷われているのであれば一度試してみるのもありかと。


最後まで読んでくれてありがとう♪よろしくお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ