魚好き、アレルギー持ち、高齢猫にもってこい!モグニャン キャットフードの詳細と口コミ評価

モグニャン/モコ

モグニャンは、日本でカナガンを販売しているレティシアンと国際規格SAI GLOBALの最高ランクAを取得したイギリスのフード生産工場の専門家と何度も打ち合わせをし、猫にとって必要な原材料だけを選定、粒の固さ調整など徹底的に考慮されたプレミアムキャットフード。

質に拘った白身魚の割合が63%の高タンパクフード、無添加・無着色で穀物は一切使用しないグレインフードレシピ、白身魚そのものの香ばしい匂いで食欲をそそる。

また、厳選した食材でバランス良く栄養がとれるように配慮されつつレシピはいたってシンプルなので、色々とトッピングして与えることも出来るとのことです。

それでは、モグニャン キャットフードの詳細データや口コミを見ていきましょう!

モグニャン キャットフードの詳細データ

モグニャン

モグニャン キャットフード
価格(税別) 1.5kg / 3,960円 ※定期コース・まとめ買い割(10%~20%OFF)
生産国 イギリス
メイン食材 白身魚(スケトウダラ)
穀物 完全不使用(グレインフリー)
酸化防止剤 ビタミンE
着色料・保存料 不使用
対応年齢 全年齢(オールステージ)
原材料 白身魚63%、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、
レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、
ビタミン、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、
バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、ダンデライオン
成分 粗タンパク質30%以上、粗脂肪16%以上、粗繊維3%以下、
粗灰分6%以下、水分7%以下、水分7%、カルシウム0.62%、
リン0.53%、ナトリウム0.30%、マグネシウム0.12%、
オメガ6脂肪酸2.95%、オメガ3脂肪酸2.08%
カロリー 374kcal/100g
7mm
賞味期限 開封前:18ヶ月
開封後:3ヶ月(注:冷暗所保存)
モグニャンの給与量(成猫)
体重 一日の給与量
~2.5kg 35~45g
2.5~3.5kg 45~55g
3.5~5kg 55~70g
5~6.5kg 70~85g
6.5~8kg 85~110g
8~10kg 110~130g
モグニャンの給与量(子猫)
年齢 一日の給与量
~2ヶ月 35~50g
2~3ヶ月 50~60g
3~4ヶ月 60~70g
4~6ヶ月 70~80g
6~10ヶ月 80~90g
10~12ヶ月 90~100g

※個体差があり、年齢・環境などに応じて、適切な給与量は異なりますので、あくまでも目安に。
※キャットフード切り替え時は、旧90%:新10%から始めて10日ほどかけて徐々に切り替えましょう。

良い点
・チキンやサーモンよりもアレルギーになりにくい高タンパク白身魚を使用。
・グレインフリーで穀物アレルギー対策。
・pHを一定に保ち、尿路結石、膀胱炎予防が期待出来るグランベリー。
・フルーツや野菜など、ミネラル、食物繊維など無駄なくバランスが良い。
・無添加・無着色で人間が食べられるレベルの食材使用のヒューマングレード。
・ジッパー付きのパッケージで品質が保てる。
悪い点
・良いとされている基準よりマグネシウム量が少し多め。
・賛否両論あるが、えんどう豆が下痢や嘔吐の原因になる可能性がある。
・市販の物よりお値段はお高い。

ほとんどのキャットフードがメインにチキンやサーモンを使用してる中、珍しく白身魚をメインとし、非常にシンプルで無駄のないヒューマングレードで安全でバランスの良い原材料で作られている印象のモグニャン キャットフードです。

グレインフリーで穀物アレルギー、チキンやサーモンよりもアレルギーになりにくい白身魚がメインってことで、これでもかってぐらいにアレルギー対策がなされています。

穀物の代わりに使われているのが、じゃがいもよりもこれまたアレルギーになりにくいさつまいもが使用されているのも〇

ただ、カルシウムやリンの数値とも関係してくるので一概には言えませんが、猫にとって適切なマグネシウム量は0.08~0.1%とされていますので、モグニャンのマグネシウム量は少々多めかな。

また、えんどう豆が使われているのですが、これはビタミン、ミネラルといった栄養素や食物繊維が豊富に含まれ胃腸の弱い猫には良いという説と、下痢や嘔吐を誘発するって真逆の説とがあって、その真相はわかりません。

全てのキャットフードに言えることですが、猫の様子を見ながら徐々にって基本を守りながら切り替えた方がよいかと。

袋にジッパーが付いているのは何気に嬉しいところ。この手のものは、小分けにされていませんし、新鮮さを重視しているのでなるべくその品質を維持したいですからね。

矢印・赤
公式通販サイトはこちら

モグニャン キャットフードの口コミ

モグニャン/ミミ

良い口コミ・猫笑アイコン

便の状態も良く、安心しています!切り替えも順調で2日目からモグニャン100%で完食しました。香りも食欲をそそるようで、自宅に持ち帰った直後に匂いをかいでいました。

もぐにゃんを購入し、良く食べるので姉の家の猫ちゃんにも分けてあげたら、長年悩んでいた皮膚病が綺麗に治ったので本当にビックリしました!早速注文して分けています。きっと今までのキャットフードの成分にアレルギー反応を起こしてたんでしょうね。もぐにゃんに出会って本当に良かったです!

うちの猫ちゃんも白身魚の風味が気に入ってもぐにゃん喜んでたべています!成分が安心ですし、うちの猫ちゃんも姉の猫ちゃんも毛艶も良くなり大変満足しております。皮膚病で悩んでる猫ちゃんに是非試してあげてくださいね。

レビューがないし、サンプルもないので、購入、不安〜でしたが、開けた時の、香りも良く、臭くないです。すぐに喜んで食べてくれました。いい感じです。粒の大きさも、小粒で、ちゃんと、カリッカリ噛んでます。

13歳の猫に、ファインペッツと、アカナからのモグニャンですが、全く、吐かなくなりました。毛玉ではない、頻繁な嘔吐に悩んでました。それ以外の毛艶、体調はもともと良かったので、今のところは、特に変化はないようです。

あと、袋の口が、マジックテープで、とても締めやすいです。暫く続けてみます。どなたかの参考になれば・・・

うちの猫(1歳)は魚系のフードが好みですので、グレインフリーで高品質で安心素材なモグニャンを見つけたときは大変うれしかったです。

最初からトッピングとして利用を考えていました。3種類を混ぜて準備しており、メインはニュートロナチュラルチョイス去勢用で、それにオリジンとモグニャンを混ぜています。割合を調整して変化を作っています。

やはり一番は安心できる内容表示であり、うちの猫も食べてくれることでしょうか。下痢もしておらず体調変化もないです。

星が4個なのは、形状が小さいので咀嚼しにくそうなのと、アメリカのAAFCOのような基準が見当たらないことからこの評価となりました。でもトータルにて良い印象を持っています。

アレルギーにもならないみたいだよ。調べまくって医者にもOKもらったからちょっと安心かな?(゜Д゜)モグニャンは人間も食べて大丈夫なぐらいちゃんとした物使ってるらしい!味見していいよ!って言われたwww遠慮するけどwww

悪い口コミ・猫泣アイコン

1歳の猫が2匹おります。普段はオリジン、ニュートロのチキン系をあげていますが、魚系の味をローテーションで入れたく、初めて購入してみました。

パッケージは女性が好きな感じでいいですね。ジップがマジックテープっぽくなっているのも便利。香りはお魚系で、美味しそうでした。粒の大きさは俵型でほどよい大きさ。

ただ、肝心の食いつきは、残念ながらぜんぜん良くなかったです。チキンの味に慣れてるからでしょうか?もう少し、チキン系と混ぜて与えてみる予定ですが、食べないようならリピはなしですね。

ローテ用にと試してみましたが、3-4日目位に数頭が下痢になってしまい、そのうちの1匹が悪化したため病院に連れていき、餌を元に戻しました。他の猫達もいつもは残さないのに残していたので、好みでは無かったようです。残念ながら、うちではこちらは無理でした。

ロイヤルカナンから変えて2ヶ月よく食べるし此処の悪評は信じていませんでしたが、トイレ(おしっこ)回数が急激に増えたので病院へ、高いアルカリ性数値・リン・尿石が。先生が直ぐに「餌を変えたのでは」、早めに病院へ行ったので良かったです猫の体質で違うのかもしれませんが、猫を飼ってる人の参考になればと思い。

血便が出ました。うちの子には合わなかったようです。アレルギー源が入ってるのかな。個体によるので仕方のないことかと思います。

カナガン・シンプリーといった粗悪ペットフードを販売し続けている会社の製品です。各サイトで同社商品が好評価なのは、アフィリエイトによるものです。

フードはにおいがきつく、食いつきはよくないはず。もし、食べてくれてもネコちゃんが軟便になり、中長期的には尿路結石になるおそれのある成分が含まれています。愛猫を長生きさせたいなら絶対にやめたほうがいいです。

わたしは、カナガン・シンプリーにひっかかり、愛猫の一匹を下痢で入院させてしまいました。被害にあうネコちゃんを減らすためにもコメントさせていただきました。

口コミを調べて

公平を期する為善し悪し5つずつ口コミをチョイスしています。

このモグニャンもカナガン同様にアマゾンでのレビューは悪い口コミが多かった印象、Twitterなどではけっこう好評だったりするんだけど・・・。

食べる食べないは、どのキャットフードにもあることですね。下痢や嘔吐も同様です。

この辺りの問題は切り替え時に注意するのが第一。一気に切り替えるのではなく、7日から10日ほどかけて猫の様子を見ながら徐々にが基本です。普通に食べてくれる猫であってもそうした方が良いです間違い無く。そして面倒くさがらずに給与量を守ること。

それでも食べてくれない、調子が悪くなった(様子を見ながら少しずつ与えれば、そんなことにはならないと思いますが)というのであれば、残念ながら他のキャットフードに切り替える。愛猫に合うキャットフード選びは基本これの繰り返しですからね・・・。

それ以外の良い評価は、皮膚病が治った、毛艶が良くなった等々、アレルギー持ちの猫にそれなりの効果があったと思われます。Twitterではお医者さんに許可をもらったともありました。

またその他の悪い評価は、カナガン同様にアフィリエイト云々、ステマ云々と取り憑かれたかのようなものばかり・・・事実ですし否定するつもりはありませんが、やはり違和感は感じましたね。

案の定、購入者のみのフィルターをかければほとんどが消えてなくなりました。ってか、そういう人たちの他のレビューを見てみると、同じメーカーのキャットフード名がづらり・・・もし一度、愛猫に異常を来したのであれば、同じメーカーのもの買わないでしょ普通。

あと、根拠が微妙だったりねorz逆にアフィリエイトサイトを作成されている方のほうが、よっぽど勉強しているように思っちゃいました。

そういう手法をよく取るのがステマってヤツ。逆になっちゃってます。絶賛サイトにもですが、これら悪評に関しても違和感しかないです。

ですが、カナガンのように、ならば本場での評価は?ってのが、このモグニャンは海外で発売されておらず、そこを根拠にすることが出来ないので、成分表を見ての発言はともかく、口コミに関して書いたことは俺の推測でしかないって話

・・・これまた違和感ですよねww・・・すみません。

モグニャン キャットフード まとめ

モグニャン/モコ

白身魚を贅沢に使用し動物性の高タンパクを実現、グレインフリーで、無添加・無着色のヒューマングレード、栄養バランスも良いってなモグニャン キャットフード。

高タンパクを謳う他のプレミアムキャットフードよりはタンパク質は少なめ設定ですが、その分低脂肪で消化吸収がよい食材なので高齢な猫にも与えやすい、そしてアレルギー対策に特化しているって印象です。

ただ、マグネシウムの量とえんどう豆が少し気になるところかな。マグネシウムの量は多いといっても許容範囲内ですし、えんどう豆も猫にとって本当に悪いものなのかもわかりません。

カナガンやシンプリーもそうですが、モグニャンについても購入してにみようとかなぁって思ったのであれば、一度試してみる価値はあると思いますよ。特に魚がお好きな猫や高齢な猫には良いかと。公式サイトでは定期購入&まとめ買いで最大20%割引になりますし。

どういしても口コミが気になるというのであれば、他にも同等のプレミアムキャットフードもありますので、そちらを先に試してみてダメだったらって形を取っても良いかと思います。

選択肢を減らしてしまうのは勿体ないですのでね。

矢印・赤
公式通販サイトはこちら


最後まで読んでくれてありがとう♪よろしくお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ