猫との避難に適しゲージにもなるおしゃれなリュック型ペットキャリー「GRAMP」

ペットキャリー/モコミミ

こんにちは!レウです。

今回は、「これは是非とも知ってもらいたい!!

っていう、とても良さげなゲージにもなるリュック型ペットキャリーバッグを見付けたので、ご紹介したいと思います。


まず見た目が大事ってことで、「俺好み!とてもオシャレだしかっこいい!」(ぶっちゃけ猫たちはそんなのどうでも良かろうがww)

もちろん、それだけではありません。

車が無いので、重たい猫を遠い病院まで連れて行くのが困難
遠出する時、猫を長時間キャリーに入れておくのはストレスになるんじゃないか・・・
もしも災害が起きた時に、愛猫たちをどうやって連れて行ったら良いのだろう

・・・とかって悩んだり考えたことはありませんか?


もしも病気や怪我など猫に何かあった時、病院へと連れて行く手段が無い、もしくは病院が遠いといった場合に猫を連れて行くのが簡単ではない、そういった状態だと病院に連れて行くのが遅れ、悪化させてしまい兼ねません

帰省や引っ越しなどやむを得ず遠出(長時間移動)をする際にも、まず人目にさらされてしまいますし、窮屈なペットキャリーに押し込められていては、猫に負担がかかってしまう。そもそもオシッコやウンチの問題もあります。

また、大きな災害が起こってしまった場合には、ペットキャリーの強度の問題や、避難所等での様々な問題にもぶち当たってしまい、避難所では猫と一緒に居れなくなる可能性だってあります。


そんなあらゆる状況が想定された無駄の無い機能が秀逸過ぎるペットキャリーなんです!


まぁ正直言ってしまうと、商品サイト内に貼ってあった“ペット防災を考える”という動画で・・・

「一緒に逃げてもいいのかな?」

「一緒に逃げてもいいんだよ」

っていうフレーズに鳥肌が立ってしまったのが、このペットキャリーを紹介しようと思った一番の理由だったりするんですが(苦笑)


ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、俺が一目惚れしたのはコレ!リュック型ペットキャリー「GRAMP」です。

リュック型ペットキャリー「GRAMP」

ね?カジュアルでしょ?おしゃれでしょ?でも、それだけじゃないんです・・・ってもう書いたかww

※本記事で使用している愛猫モコミミ以外の画像や動画はアイソシアル aisocial ブランド公式オンラインショップさんよりお借りしたものです。

災害時の避難を想定して設計されたペットキャリー

まずは上記しました自分の心を掴んだwwその“ペット防災を考える”という動画をご覧ください。

一緒に逃げていいのかな?・・・なんて動物と一緒に暮らす者にとっては「いいに決まってんじゃん!」

って話なんだけど、災害時に駆け込む避難所には様々な人々が集うわけで、その中には「動物が嫌い!苦手!」って人もたくさんいる。


または、防災グッズが多くてそれらを携えて逃げるのが精一杯だったり、ペットを連れて出るゲージなどの道具が無くて一緒に行きたくても連れていけなかったり・・・。

そんなペットどころでは無いような状況に陥ってしまうことも多々あるでしょう。

大きな災害が起こる度に、ペットの問題も色々と報道で取り上げられますので、皆さんもご存知かと思いますし、同じ動物と一緒に暮らす者として心を痛めた覚えもあるのではないでしょうか?


また、大きな災害に見舞われると多くの防災グッズを携えて行動(避難)することになります

避難所に避難した場合、ペットは長時間に渡り狭いところに居なくてはいけなくなり、そもそもキャリーやゲージの強度の問題も出てきますよね。

このペットキャリー「GRAMP」では、そんな災害時を想定して設計されているのです。


災害時でもペットを思いやれるペットキャリーは、日常的に使用する場合においても、ペットにとって居心地の良い空間にできるのではないか?というのがコンセプト。

ですので、災害時だけではなく、もちろん日常的に使う場合にも長けているということ。

あとこれも良い言葉なんだけど、

大切なペットとの「いつも」の暮らしを、「もしも」の時も守っていきたい。

なのです。

ペットキャリー「GRAMP」の3つの特徴・機能

ペットキャリー/モコ

ゲージ機能を含む室内空間

「GRAMP」内の空間は、猫で言えば、香箱座りはもちろんのこと座った状態、体を丸めたり、バッグの中でくるりと体の向きを変えるのに十分な大きさ♪

ペットにとって最適な室内空間となっています。

猫を入れるのに重要となる開閉口は2箇所。

ペットが自分から入りやすいようにマジックテープで固定出来るサイドの開閉口と、出し入れしやすく脱走防止のフックが付いた上部の開閉口があります。

上部はメッシュになっている上に、中敷きにはメディカルホワイト(白色)が使用され、もしも中でペットに異変が起こった場合にも視認しやすくされています

これなら、移動中に猫の顔(状態)がいつでも見れるので、飼い主であるあなたにとっても、猫にとっても安心できる環境であると言えます。

もちろん中敷きは中材を取り出して洗濯することが可能ですよ。

リュック型ペットキャリー「GRAMP」

そして何より嬉しいポイントとなるのがこれ!

この「GRAMP」は側面を開くと簡易ゲージとしても機能するというところです!

ゲージ部分は、そのまま猫の空間としても使用出来ますし、災害時などの場合には猫トイレ(シート)なんかを敷いてトイレとして活用しても良いのです。

給水ボトルを設置出来る給水口も備え付けられているので、「GRAMP」内だけで猫の居住空間が完成するっていう仕組み。

これであれば、避難所での長時間滞在や、新幹線などを使っての長距離移動時でも、対応出来ますね。


キャリー時や簡易ゲージ時のサイズはこんな感じ。

リュック型ペットキャリー「GRAMP」

また、「GRAMP」には150x150cmの大きめの布が付属しています。

これけっこうポイントですよ。

それを被せることで、人の多い場所(交通機関を利用する際や避難所)でも、なるべくストレスを感じさせないように出来る。これは猫に対しても周囲の人(動物が苦手な人とか)に対しても有効ですよね。

そんな視線コントロールだけでなく、防寒だったり雨を防いだりと様々な用途に使えるので有りがたい。

リュック型ペットキャリー「GRAMP」

4WAY

これも大きなポイントとなるのですが、「GRAMP」は手提げ、ショルダー、リュックサック、前向き抱っこが出来る4WAY仕様となっています。

リュック型ペットキャリー「GRAMP」

先ほども書きましたように、上部がメッシュとなっているので、手提げ、ショルダー、前向き抱っこ時には、ちゃんとペットを確認出来ますし、ペットも飼い主の顔が見られるようになってます♪

また、ボックス型ではなく少し傾斜のついた形状になっているので、前向き抱っこしても階段を使う際に足元が見えなくなっちゃうなんてことがありません。

併せて強度もあるので持ち上げた際にペットの足場を崩すこともありませんよ。

裏面の生地やメッシュ部分には耐久性に優れたPVC素材を採用し頑丈な設計になっているので、これなら猫が内側から引っ掻いたとしても大丈夫

ただ、そのことで少し重たくなってしまったとのことですが・・・

そんな飼い主の負担軽減の為、アウトドアバックパックをベースに背負った時に軽く感じられるような形状になっているとのことですよ。

災害が発生し避難するともなるとどうしても荷物が多くなってしまいます。

一人で持ち運べる物には限界がありますし、他の荷物で両手が塞がってしまうのならリュックで、人間用の防災リュックをしているのなら手提げに、その両方がダメならショルダーや前向き抱っこといった感じで、その時の状況に応じて持ち方を変更出来るのは大きいのです。

収納力

収納は、収納ポケットを4つ内蔵し、餌など必要なペット用品がなるべくペットキャリー1つで収まるようになっています。

これは特に災害時に活きてくる機能ですよね。

何度も書いていますが、避難する時には荷物が増えてしましますので、猫用品はこのリュック型ペットキャリー「GRAMP」一つで済むのならそれに越したことはありません。

また、普段から災害に備えて必要な避難用品を入れておくと良いかもしれませんね~。

リュック型ペットキャリー「GRAMP」

リュック型ペットキャリー「GRAMP」取説動画

「GRAMP」の広げ方と畳み方の動画です。

そんなに難しくはないので、「大丈夫大丈夫、そんなの簡単に出来るよ!」って思うかもしれませんが(汗)

取説というよりも実際に動画で見た方が分りやすいし、「GRAMP」のサイズ感や質感なども把握しやすいかと思いますので、そういった意味でも見てみると良いかと思いますよ。

使用上の注意点

ペットキャリー/ミミ

夏場や冬場を想定した環境で、「GRAMP」の内気温と外気温を比較した結果・・・

夏場の利用では、「GRAMP」内気温が外気温よりも約5℃高くなってしまい、かなり暑い状態となりますので、必ずペットの様子を確認しつつ利用しましょう。

冬場の利用では、「GRAMP」内気温が外気温よりも約1℃高い状態となります。決してペットキャリー内だから暖かいというわけでは無いので、タオルや毛布などで調節してあげましょう。

また、「GRAMP」に限らず、ペットに限らずですが、車の中にペットキャリーに入れたまま(でなくても)ペットを置き去りにするのは絶対ダメ!

よく人間の子供が車の中に置き去りにされて亡くなってしまうというような事件を耳にするかと思いますがペットも同様です。ちょっとだけ・・・が、悲惨な事故に繋がりますので、絶対にしないように。

おしゃれで高性能だがお値段も凄い・・・

ペットキャリー/モコ

高い!!!!

これだけの性能なのだから、きっとお安くはないんだろうなぁって漠然と思っていましたが・・・

とても軽い気持ちじゃ買えないお値段ですコレ!!

これがリュック型ペットキャリー「GRAMP」を購入する上で最大のネックになるかなぁ・・・。

[リュック型ペットキャリー「GRAMP」商品情報]

  • 品名:LEONIMALリュック型ペットキャリー GRAMP
  • 成分:ポリエステル100%、PVCコーティング
  • 商品サイズ:(折りたたみ時)W41.5×L30×H42㎝
  • 重量:約3.3㎏
  • 耐荷重:10kgまで(荷物含む)
  • セット内容:取扱い説明書 ※ペット用給水ボトルは付属ではありません。
  • 原産国:中国
  • 販売価格:45,000円(税抜)

やっぱお高いっ!!!!

ただ、これだけの機能を有しているペットキャリーはなかなか存在しないのも事実ですもんね・・・。

しかもおしゃれ・・・。

耐久性に優れた素材を使っている4WAYなペットキャリーと、折りたためるゲージがセットになっている点。

そして、このペットキャリーであれば、10年以上、ペット一生分は十分に使えると考えれば・・・そんなに高くはないのかもしれませんね。

しつこいようだけど、おしゃれだし。

車が無くてペットを病院に連れて行くのさえ躊躇してしまう
強度が心配だから電車に乗ったり人混みを歩くのが困難
ファッションの一部としてはちょっとダサい」等々・・・

そんな今までのペットキャリーに抱いていた不満や悩みが解消されるのであれば十分に試す価値はある。

何よりも、

いつ起こるか分からない災害時にペットを安全に連れ出せる
避難所へ一緒に連れて行ってあげられる

という安心感が得られる。

そういったことを考えた場合には、このお値段であってもちゃんと元が取れると思うので、損をすることはまずないよね。

と、書きながら自分に言い聞かせている自分。モコミミの為、モコミミの為・・・。

リュック型ペットキャリー「GRAMP」の口コミ・評判は?

では、そんな「GRAMP」を実際に購入した方々は、どのように評価しているのでしょうか?

自分自身も気になったので、ついでに少し調べてみました。

もしもの時の為に

「もしもの時の為」にと購入しました。

リュックは常に拡げた状態で部屋に置いてあります。

うちの子は猫(ノルウェージャンフォレストキャット)で体重5kg超えていますが、気が向いた時に広がった空間(メッシュの所)で気持ち良さそうに眠ったりしています。

コンパクトにして置いておくと窮屈に見えるのか入りません。猫の体が大きいので、もしかしたらリュックとしては使えないような気がします。

高いけど高くない

5ヶ月使用しての感想です。

一般的なキャリーバッグより重いので、女性が手提げタイプとして使うのは辛いと思います。ただリュックタイプの場合は重さを感じ難い設計になっているので、年末年始の帰省時に連続3時間使用しても苦痛にはなりませんでした。

今まで安価だけれども難アリなペットキャリーを幾つも無駄にしてきたので、ペットキャリー難民に終止符が打てたのは良かったです。かかりつけの獣医さんにも良いキャリーバッグだと褒められました。

正直安くはないですが、リュックキャリー+簡易ケージ、そして災害が起きてもペットと同行避難が出来るという安心代としては妥当な価格なのではないでしょうか。本当に良い買い物をしたと思っています。

さすがに手提げ状態だと少し重いようですが、リュックとして背負うとかなり軽減されるようですね。

また、やはりこの機能性を考えた場合に、少し高価に思える価格設定にも納得されているようです。

う~ん・・・。

いつ起こるか分らない災害、避難に備えて

ペットキャリー/モコ

リュック型ペットキャリー「GRAMP」の特徴をまとめます。

  • 災害時の同行避難を想定した設計
  • 最適な室内空間
  • 簡易ゲージとしても機能し居住空間にもなる
  • 給水ボトルを設置できる
  • 大きめの布が付属していて視線コントロールが可能
  • 手提げ、ショルダー、リュックサック、前向き抱っこが出来る4WAY仕様
  • 耐久性に優れた頑丈な設計
  • 必要なペット用品を収納できる
  • カジュアルでオシャレ

改めて見ても、これだけの機能を有したペットキャリーバックはなかなか無いのではないでしょうか。

普段の通院から、やむを得ない遠出(長距離移動)、そしてもしもの災害時に「GRAMP」はきっと役に立ってくれる。またそう思うと所有しているだけでも安心感を得られますね。・・・もちろん使ってなんぼですが(笑)


ちなみに、ペットキャリーというものに、うちの愛猫たちモコミミはなかなか入りたがりません。

「いやぁ!病院に連れて行かれる!」とかって思うのでしょうね(汗)

この「GRAMP」を扱うアイソシアル(リオニマル)では、普段から部屋にペットキャリー「GRAMP」を設置して、ペットに慣れさせることを推奨しています。

リュック型ペットキャリー「GRAMP」

確かに、おしゃれだから部屋に常時設置してても良さそう。

簡易ゲージ化させて置いておけば、勝手に入って中で寝ちゃうかもしれないね。上のモコの写真もしばらく放置してようやく入った時のものです(汗)

そうやって普段からペットキャリーに慣れてくれれば、いざという時スムーズに入って貰える

「GRAMP」が本領を発揮するのは、そのいざという時ですから、入ってくれなきゃ意味が無い。

もしも災害が起きて避難所に行くようなことになった場合にも、普段から「GRAMP」に慣れていればストレスも軽減されるってもんです。


俺としては、前の彼女と別れる際に車を手放しちゃっているので、猫たちを病院に連れて行くのがとても厳しい・・・。

なのでこの「GRAMP」であれば、頑丈に出来ているし、リュックにして自転車で通院するっていうのが理想なのです。

リュック型ペットキャリー「GRAMP」

そうそう!これこれ!こういうの!おしゃれ!!

室内飼いの猫の場合は、あまり外出させるのはオススメ出来ませんが、これならば通院であっても、猫と一緒にお出かけするのが楽しくなるかもしれません。

病気や怪我など猫たちに何かあった時でも、車が無くたって躊躇せず、すぐ病院に連れて行ってやることが出来る!

災害が起きても2匹ともリュックに突っ込んで一緒に逃げることが出来る!!

まぁ入るだろうけど2匹ではさすがに狭いだろうから、早く簡易ゲージにしてやらないといけないけど(汗)ゲージ状態にしてやれば、避難所での長期滞在になってしまっても安心ですからね。

猫の数だけキャリーを準備するような場合にも、その一つがリュック型(4WAY)であれば、一度に持ち運ぶには便利ですよね。


ってことで、今回は自分が次にペットキャリーを買うならこれしかない!と思わされたリュック型ペットキャリー「GRAMP」をご紹介しました。

少々お高いですが、それだけに機能性は抜群ですので、特に災害時の避難用アイテムとして、備えておいても良いのではないでしょうか。

もっと詳しく知りたい!って方は販売元であるリオニマルの公式サイトを覗いてみてくださいね~。ペットに対するメーカーの想いが伝わって来ますよ。

矢印・赤
公式オンラインショップはこちら

ちなみに、売上の一部は動物愛護活動のために寄附されるそうです。そこんところも抜かりなしに素敵ですね~♪

まぁ、だったらもうちょい安くしてくれ・・・とゲスなことを思ってもしまいますがorz


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする