【猫アレルギー】諦めないで!原因と対策を知って上手に猫と暮らそう

猫アレルギー/ミミ

猫に近づくとく目が痒くなったり、猫を飼っている家に行くとくしゃみが出たりって経験をされたことはないでしょうか?

そういった方は、猫アレルギーの可能性が大きい。


猫を飼っている方でも、そういった症状のある方はいるかと思います。


ちなみに長年猫を飼っている俺ですが、猫のモフモフにいざなわれて、そこに顔を埋めると十中八九、目が痒くなってしまいます。

実は猫アレルギーなんですよねぇ俺orz

こんなに猫が好きなのに・・・っていうか、愛猫モコミミを愛してやまないのにww


ただ、猫アレルギーにも色々とあって、俺のは軽度なモノ、それほど辛いってわけでもないのです。

喘息持ちだけど、喘息の発作が猫アレルギーによって引き起こされたこともありません。

ただただ目が痒くなってしまうだけ。


だけど重度になってくると、その喘息のような症状が起こったりもするようで、呼吸困難になって最悪の場合は死亡に繋がる可能性も否定はできないようです。


それはいかん!

猫飼い、喘息持ち、軽度な猫アレルギー持ちとしては、見過ごせない!

ってことで、今回は猫アレルギーについてちょいと調べてみることにした次第です。

猫アレルギーの原因

猫アレルギー/ミミ

アレルギーとは、異物が体内に入り込んだ時に免疫力が働き過ぎた結果起こる症状のこと。

その異物を抗原(アレルゲン)と呼びます。

人によっては、免疫がそのアレルゲンを異物だと判断しない場合もある為、花粉症や猫アレルギーにならない人もいるってわけ。体質ってやつですね。


今回のテーマである猫アレルギーのアレルゲンは、 猫のフケ、唾液、涙、肛門腺分泌液などに含まれる 「Fel d(フェルディ)」と呼ばれるたんぱく質です。

この「Fel d」は、花粉の10分の1の大きさで顕微鏡でも確認できないほどの細かさだそうです。

そんな小さなものが猫の毛に付着していたり、空気中を浮遊していて、それを触ったり吸い込んだりすることで猫アレルギーを引き起こします。

現在までに「Fel d1」から「Fel d8」まで8種類の猫アレルギーのアレルゲンが確認されているようですが、その中でも猫の皮脂腺に含まれる「Fel d1」と、猫の唾液に含まれる「Fel d4」が主な原因になっているとのこと。


どちらにも言えることは、猫の毛やフケに付着してそこから放たれるということ。

皮脂腺はまんま皮膚や毛の表面の保護や保湿の働きをするものだし、唾液はグルーミングした時に毛やフケについてしまいますので。


ちなみに、このアレルゲンを持たない猫はいません。

中には毛があまり抜けなかったり、アレルゲンを多く作り出さない猫もいるようですが、猫がこれらのアレルゲンを持っていることに変わりはないのです。

猫アレルギーの症状

猫アレルギー/モコ

[猫アレルギーの主な症状]
:痒み・涙・腫れ・充血
:痒み・くしゃみ・鼻水・鼻づまり
:咳・喘鳴・痛み
皮膚:痒み・赤み・蕁麻疹
その他:唇の腫れ・喘息のような症状・アナフィラキシーショック

猫アレルギーの症状は、冒頭にも書きましたように軽度なモノから重度なモノまで様々。

だいたいの猫アレルギーは花粉症や風邪の症状のような軽度なモノですが、何らかのアレルギーを持っているアレルギー体質の方なんかは、重度になりやすいそうなので注意が必要です。

特に喘息のような症状、呼吸困難や咳が止まらない等々があった場合には、軽視せずに必ず病院に行くようにしてください。

猫アレルギーの治療

猫アレルギー/ミミ

残念ながら、猫アレルギーを予防したり完治させるような薬は今のところ存在していません。

花粉症などのアレルギー症状と同じく抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤、喘息に似たような症状であれば抗ぜんそく剤といったように対症療法となります。

その他、体質改善として免疫療法、減感作療法というものもあります。

花粉症などでもよく聞くやつですね。

敢えて低濃度のアレルゲン物質を注射などで体内に注入し摂取していき、アレルギー症状に過剰に反応しないように慣れさせる体質改善を試みる方法です。

“試みる方法”と書きましたが、絶対的に有効というわけではないのです。

人によっては改善される人もいるし、そうでない人もいる。それでいてこの治療方法はかなり地道で長引いてしまうので、なかなかに敷居が高い。

猫アレルギー対策

猫アレルギー/モコミミ

猫アレルギーだけど猫を飼っている、猫を飼いたい、猫のいる場所に行かなくてはいけない等々いろんなパターンがあると思います。


まずは、猫のいる場所に行かなくてはならない等、突発的な場合には、上記しました病院でもらえる薬や薬局で売っている薬を使って、猫アレルギーを上手くコントロールしましょう。

またマスクを活用するのも良いですね。花粉症対策と同じかな。

自分(の症状)に合った薬やマスクを常備しておくと良いですね。


次に猫を飼っているお家や猫を飼いたいって場合の対処方法についてです。

ここ大事ですね!

まず、猫を飼っている家とそうでない家とでは、アレルゲン濃度が10~1000倍違うと言われているそうです。また、猫アレルギーのアレルゲンは非常に細かい為、空気中に舞うと、数か月から年単位で部屋にとどまってしまう可能性があります。

まぁもはや猫を飼っていれば常にアレルゲンが存在するってわけですね。

じゃあどうすりゃいいんだよこのバカちんが!ってなってしまいますが、アレルゲンを低減させる方法ならいくつかあります。

猫の抜け毛対策

ここまで読んでいただいていればお分かりのように、猫アレルギーのアレルゲンは毛に付着していることが多いです。

ですので必然的に猫の抜け毛への対策が最も重要となります。

こまめなブラッシング

もはや猫飼いの基本です。

抜け毛を防ぐことによるアレルゲンの緩和もですが、毛玉(毛球症)対策、便秘対策、嘔吐軽減、猫とのスキンシップ、毛並みの改善などなど、ブラッシングすることにより、様々な恩恵?が得られます。

面倒くさがらずにブラッシングしてあげましょう!これはもう日課にしちゃいましょう!

猫の換毛期に優しくブラッシング!嫌がる猫にも効果あり、グローブ・ハンド型ブラシ!
猫の換毛期に優しくブラッシング!嫌がる猫にも効果あり、グローブ・ハンド型ブラシ!
猫の換毛期は年に2回、季節の変わり目、春から夏にかけて、または秋から冬にかけて起こります。 特に春から夏にかけての換毛期はもの凄く毛が抜けますよね。 抜けてもちゃんと生えてくるあたり、薄毛や抜け毛予防に奔走している俺にと...

掃除

そもそも猫の抜け毛を放っておくとダニの発生にも繋がり、ハウスダストなど他のアレルゲンになってしまう可能性もありますので、こまめに掃除して取り除いた方がよいです。

ただ、普通の掃除機だと排気口から逆にアレルゲンをまき散らしてしまう場合がありますので、水拭きやコロコロなどを併用すると良いかと思います。

また、空気中からゴミや埃、細かい粒子をしっかりと取り除くことの出来るHEPAフィルター付きの掃除機なんかを活用すると良いそうです。

衣類など洗えるものはこまめに洗濯

アレルゲンは水に溶けやすい傾向にありますので、衣類はもちろんのこと、猫ベッド、ちょっと大変ですが猫の毛が付きやすいカーペットやカーテンなど、布製品で洗える物はこまめに洗濯しましょう。

ちなみにカーテンを選択すると室内のアレルゲンを約7分の1までカットできるそうですよ!

洗濯機を使用する時、水面に浮遊した猫の毛をしっかりと絡め取るスポンジなんかもありますので、そういったものを活用すると更に効果的です。

洗濯機で猫の毛を絡め取るスポンジ、縦型・ドラム式どちらでも使える
洗濯機で猫の毛を絡め取るスポンジ、縦型・ドラム式どちらでも使える
衣類などに付着する猫の抜け毛、自分は良くても周囲の人には迷惑をかけているかもしれないし、ダニやノミの発生を促している可能性も。そこで、縦型・ドラム式どちらの洗濯機でも放り込むだけで猫の毛を絡め取ってくれるスポンジのご紹介です。

また、猫の毛の付きやすい布・羊毛・羽毛製品はなるべく置かないようにするのも手ですね。

カーペットを敷かない、カーテンはブラインドに変える、ソファや椅子なんかは革製のもにする、布団なんかもシーツなどアレルギー対策がされたものもありますので、そういったものを試してみるとかね。

これもまた敷居が高いですが、猫アレルギーが酷い方なんかは、少しづつでも部屋の環境を変えていくとアレルギーを和らげられるかと思います。

まぁ、やらなきゃいけないと思うとしんどくなるので、模様替えだと思って、ちょっとずつちょっとずつ楽しくやれたら良いですね。

猫に触れたりお世話をしたら手を洗う

猫に触れたらその手で目や鼻を触ってしまう前に、なるべく手を洗うように心がけましょう。

猫を飼っている身としては、なんとなく猫に失礼な感じもちょっとしてしまいますが、そこは猫と一緒に暮らす為、共同生活する上でのルールだと思ってやりましょう。

また、アレルゲンは尿にも含まれていますので、トイレ掃除も大切ですし、トイレの掃除をしたら必ず洗剤で手を洗いましょう。

これらは猫から人に感染してしまう人獣共通感染症の対策と同じになりますね。

【人獣共通感染症】猫から人へ感染する病気、感染ルートと予防方法
【人獣共通感染症】猫から人へ感染する病気、感染ルートと予防方法
猫の病気は色々とありますが、 猫から人間へと感染してしまう病気もいくつかあります。 人獣共通感染症というヤツです。 ニュースなどでもやっていたりするのでご存知の方もいるでしょう。 そういったニュースを見掛...

空気清浄機を活用する

最近ではPM2.5の件などでもその活躍の場が広がっていますが、空気中に舞っているようなアレルゲンには、空気清浄機が有効です。

この空気清浄機にも掃除機のところでも書きましたHEPAフィルターを装着させると効果的。

また、各メーカー競ってウイルス対策や花粉やハウスダストなどのアレルゲン対策、微粒子除去が出来る製品を出してくれていますので、そういった製品を活用すると良いでしょう。

猫をシャンプーする

綺麗好きな猫にはお風呂は必要ないとも言われていますしその通りでもあるんですが、実は猫のシャンプーは空気中の「Fel d1」を大幅に減少させる効果があるとのこと。

ただ、その効果時間は短く、空気中の「Fel d1」が復活するまでもって一週間・・・「Fel d1」自体は48時間で元に戻ってしまうそうです。

つまり週に2回シャンプーしないと効果が持続しないとのこと。

これはなかなか厳しいですねぇ・・・洗う側の体力的な面、猫のストレス、時間的問題・・・障害が多すぎです。

ただ、猫にシャンプーするのはノミやダニの対策にもなりますし、そこまでとは言わないまでも、お風呂にいれてあげるのは必要かと思っています。

出来れば月に一回ぐらい、厳しいなら濡れたタオルで体を吹いてあげるだけでも、アレルゲンを緩和させることはできるようです。

オス猫は去勢する

アレルゲンを作り出す量が多いのはメス猫よりもオス猫だとされています。

オス猫を去勢してメス猫の体質に近づけることで、幾分アレルゲンの量が抑えられる可能性があるとのこと。

男性ホルモンがなんらかの要因になっているのではないかと推測されていますが、確かなことは分かっていません。

まぁそもそも去勢することは大切で、他の病気のこともありますし、なるべく処置しておくことをおすすめします。

まとめ

猫アレルギー/モコミミ

猫と暮らすには避けては通れない猫アレルギー・・・と言いますかそのアレルゲン。

漠然と猫アレルギーのことは知っていましたが、猫からアレルゲン「Fel d」というたんぱく質が放出されているとは知りませんでした。

しかも、それが花粉よりも細かい微粒子だとは露知らず・・・。


ですが、だからといって猫との暮らしを諦めないでください。

猫アレルギーであっても、しっかりと向き合って上記したような対策をしていれば、ちゃんと猫と暮らしていけます。


また、ずっと猫と一緒に暮らしていれば、人間というものは環境に適応する能力を備えてもいますので、減感作療法と同じような免疫がついてアレルゲンに慣れてくる「減感作」という状態になることもあるそうです。

軽度なモノなら自然と体が慣れちゃう可能性もあるってことですね。

ただし、上記した対策はしっかり行うべきだし、重度な猫アレルギーの場合はちゃんとお医者さんに診てもらって、薬を処方してもらいましょう。


花粉症、猫アレルギー、喘息持ちのアレルギー三昧の俺ですが、それぞれある程度の対策をしつつ、猫たちと楽しく暮らしています。

毎月喘息の薬をもらいに通院していますが、お医者さんに猫を飼うことがいけないとは一度も言われていません。まぁもし言われても猫との暮らしを諦めるつもりはこれっぽっちも無いですけどもね。

俺は、かけがえのない大切なものを猫たちからたくさん貰っていますから。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする