【猫の人獣共通感染症】猫から人に感染する病気、感染ルートと予防方法

猫から人へ感染する病気/モコ

こんにちは!レウです。

猫の病気は色々とありますが、猫から人間へとうつって(感染して)しまう病気があることをご存知でしょうか?

人と猫(その他の動物)が双方に感染する人獣共通感染症というヤツです。

人獣共通感染症が原因で死亡された方が出てしまったとかって、ニュースなどでもやっていたりするのでご存知の方も多いのではないでしょうか。


そういったニュースを見掛けると、猫が風評被害を受けてしまうのではないかと、猫好きとしては逆に猫のことが心配になってしまいますが・・・。


ですが、実際にある話なので、過剰に気にすることはないと思いますが、万が一に備えて人獣共通感染症の感染ルートなどを知っておくと良いかと思います。

そして出来る限りの予防対策はとるようにしましょう

特に小さいお子さんや妊婦さんと一緒に暮らす場合には注意が必要になりますので。

この記事では、猫から人にうつる病気、人獣共通感染症の3つ感染ルートとそれぞれの病気、また予防方法について書いてみたいと思います。

人獣共通感染症とは?

猫から人へ感染する病気/モコ

人獣共通感染症とは、人が他の動物との間から感染する病気のことを指します。

人も猫も、どちらもが発症するものもあれば、片方だけが発症するものも。

つまり、猫には何の異常も見当たらなくても、猫が持つ何らかの菌から人が病気になってしまうことだってあるんです。


野良猫など外猫の方が危険は大きいものの、完全に室内で飼っていたとしても、猫が持つ常駐菌によって人にうつってしまう病気もあるので、安心はできません。

また、ワクチン接種していても、今のところワクチンでは人獣共通感染症を防いではくれませんので、予防とはなりません。


逆に人から猫にうつる病気があるのかどうか。

猫にとっては無症状という病気が多いこと、人間の方がはるかに衛生的な生活をしていること、ウイルスは種を越えて感染することがほとんどないこと、そういった点からあまり問題視されていません。

ただ、皮膚糸状菌症のように人間の水虫から猫に感染する可能性もあると言われていたり、確率はかなり低いのですが突然変異などもありますので、無いとは言いきれません。

自分が人獣共通感染症にかかった時には、なるべく猫に近づかないようにしてあげた方が無難ですね。

猫から人への感染ルートは3つ

猫から人へ感染する病気/モコ

猫から人にうつる病気には、口や爪・皮膚・排泄物(糞尿、嘔吐物)といったこれら3つの感染ルートが存在します。

どういった病気があるのか、その予防はどうすれば良いのか、それぞれのルートを一つずつ見ていきましょう。

猫の口や爪からの感染

人間もそうですが、猫の口や爪には雑菌が多く存在し、とくに病気にかかっていない猫であっっても常駐菌として存在しているのです。

猫と遊んでいれば、噛まれたり引っ掻かれることは日常茶飯事ですよね。

俺もこれまで数多くの傷を猫たちに作っていただきましたwww

ですが、そういった猫との普段のコミュニケーションからも、病気に感染してしまうことがあるのです。

もちろん野良猫でなくても、完全室内猫であってもです。

猫の口や爪から人にうつる主な病気

病名 猫の症状 感染ルート 人に現われる症状
猫ひっかき病 咬傷・掻傷 高熱、痛み、倦怠感、リンパ節の腫れ
パスツレラ症 咬傷、掻傷 発熱、傷口の腫れ、激しい痛み
狂犬病 咬傷、粘膜部を舐められる 発熱、痛み、不安感、興奮性、精神錯乱、全身麻痺
カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症 咬傷、掻傷、粘膜部を舐められる 腹痛、吐き気、発熱、敗血症、脳髄炎、意識混濁
コリネバクテリウム・ウルセランス症 野良猫のくしゃみを浴びる 発熱、喉の痛み、鼻水、咳、くしゃみ
重症熱性血小板減少症候群(SFTS) マダニに咬まれて感染した動物の体液 発熱、嘔吐、下痢、倦怠感、リンパ節誇張、出血

猫の狂犬病は、段階的に性格の変化や異常な行動が猫に見られるようになります。鬱のように暗い場所に引っ込んで隠れる、落ち着きがなくなる、攻撃的になる、破壊行動を行う、筋肉の痙攣、飲食困難、全身麻痺などといった症状が猫に現われます。

コリネバクテリウム・ウルセランス症に感染した猫は、くしゃみ、鼻水、目やに、皮膚の化膿などといった症状が現われます。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、これまでマダニから人への感染だったのが、マダニから猫へうつり猫から人へと感染した例が出て来たことで注目を浴びました。まだ症例数は少ないのですが、猫に発熱、衰弱、白血球と血小板の減少などが見られる可能性があるとのこと。

コリネバクテリウム・ウルセランス症と重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、人にうつってしまった場合の死亡例も報告されていますので要注意。

その他、猫ひっかき病、パスツレラ症、カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症に関しては、猫は多くの場合まったくの無症状なので、知らぬ間に人にうつってしまう可能性もあり日頃から注意が必要となります。

猫の口や爪からの感染ルート予防方法

猫の爪や口には、常に存在する常駐菌によって感染するケースのものもあります。

それは、猫が外に出ようが出まいが、汚れていようがいまいが、何かの病気に感染していようがいまいが、関係ありません。また、猫には発症しないものがあるので、判断もしづらい。

ですので、猫の爪や口の中には、雑菌が多いと考えて、常に対処する必要があります。


猫に引っ掻かれたり噛まれたりして傷が出来たら、この程度なら大丈夫だと高をくくらずに、必ず水で洗い流したり、ひどい傷の場合にはちゃんと消毒することが大切となります。

傷が深くなってしまわないように、爪切りを定期的に行うようにすると良いですね。あばれるくんだと爪切りは大変ですけども(汗)


また、ちゅー(キス)するのもなるべく控えた方が良いです。

男の俺が言うとちょっと気持ち悪いかもですが・・・俺はいつも口の匂いを嗅がせたり、マズルあたりに軽く「ちゅっ」とするにとどめています(苦笑)

あまりムツゴロウさんを見習ってはいけません。あの人は仙人なのですww

くしゃみを浴びた時も良くないので、念のため顔や目を洗ったりうがいをしておいた方が良いでしょう。


人間用と猫の食器は別々にする。

ちょっとおやつをあげる時とか、人が普段使っているものを使いがちですが、完全に分離した方が良いと思います。

もしも、人間用のものを猫に使ってしまった場合には、しっかり洗剤で洗いましょう。漂白剤などにつけ置きすると尚良しですね。

猫の皮膚からの感染

猫の皮膚からの感染の場合は、猫に何らかの異常が見られる場合がほとんどです。

飼い主も異常に気付きやすいので、その時点で病院に連れて行けば、人への感染の有無もちゃんと説明してくれると思います。

猫の皮膚から人にうつる主な病気

病名 猫の症状 感染ルート 人に現われる症状
皮膚糸状菌症 感染猫と接触 皮膚の薄いところが赤くただれる、脱毛
かいせん症 感染猫との接触、感染猫が使った物への接触 発疹

皮膚糸状菌症の場合、痒みは無いものの、猫の皮膚には円形の脱毛が起こりその周囲にフケやかさぶたが出来ます。また分厚いかさぶたに湿疹のような赤いブツブツが出来ることも。

かいせん(疥癬)症は、発疹やフケやかさぶたなどといった症状、そして凄まじい痒みによって患部を掻きむしったり、噛んだりして、出血するといった症状を猫は見せます。

猫の皮膚からの感染ルート予防方法

先ほども書きましたように、

猫の皮膚から人にうつるような病気は、猫に異常が起こっている状態となりますので、見た目に分かりやすく、おそらく病院などへ連れて行くと思いますし、そこでちゃんと対処方法を教えて貰えます。

念の為に書くとすれば、皮膚に疾患のある猫に対しては、猫と接触、または猫の使った物に触れた場合、ちゃんと手を洗う


部屋の掃除をこまめに行う。

猫の抜け毛などから真菌が繁殖したり、どのご家庭にもノミやダニ、それらの卵がカーペットなどには存在しているもの。

そういったところから感染してしまう可能性もあるので、もちろん完璧にとはいきませんが、こまめに掃除をして出来るだけ発生を防ぎましょう。


また、なるべく感染猫に近づかないようにする室内飼いであれば別の部屋に隔離する。

ちなみに他の猫にも感染してしまう場合がありますので、多頭飼いであれば他の猫も近づけさせないようにしましょう。

うちの愛猫ミミも皮膚糸状菌症を患っていた時は、ちょっと可哀想でしたが一つの部屋に隔離して、モコと接触しないようにさせていました。

愛猫ミミの幼少期、真菌(カビ)が原因の皮膚糸状菌症を患い隔離治療
なし崩し的に引き取ることになった愛猫ミミの幼少期。皮膚真菌症を患っていたので隔離生活から始まり、先住猫であるモコとの顔合わせ、そして立派(おデブ)に育つ成長比較。猫の皮膚糸状菌症について、原因や症状、治療、予防方法などと併せてご覧下さい。

猫の糞や尿、嘔吐物からの感染

この猫の排泄物から人にうつる病気の数が、調べてみると最も多かったので注意が必要ですね。

猫の尿や糞から人にうつる主な病気

病名 猫の症状 感染ルート 人に現われる症状
トキソプラズマ症 発熱、倦怠感、リンパ節の腫れ、視力障害、※多くの場合は無症状だが妊婦(胎児)への影響がある
回虫症 発熱、倦怠感、食欲不振、ぶどう膜炎、視力低下、飛蚊症、てんかん様発作
エキノコックス症 黄疸、腹水、皮膚、咳、血痰、胸痛
瓜実条虫症 糞・ノミ 幼児の場合に下痢、腹痛
サルモネラ症 保菌猫・糞 急性胃腸炎、※子供は重傷化しやすい
カンピロバクター症 保菌猫・糞 下痢、腹痛、発熱、悪心、頭痛、悪寒、倦怠感
クリプトスポリジウム症 発熱、腹痛、下痢、吐き気、嘔吐
Q熱 糞・尿 高熱、頭痛、悪寒、肺炎、肝炎
エルシニア症 発熱、嘔吐、腹痛、下痢、腸炎、咽頭痛

猫の尿や糞から人にうつる人獣共通感染症の多くが、基本的に健康な(免疫力が正常に働いている)成猫が感染したとしても無症状であることが多いようです。

ただ、トキソプラズマ症、回虫症、サルモネラ症、カンピロバクター症、クリプトスポリジウム症といった感染症は、子猫であったり免疫力が低下している猫の場合には、症状が現われることがあり、その多くが共通して下痢や嘔吐といった症状が猫に現われます。

エキノコックス症、瓜実条虫症、Q熱、エルシニア症に関しては、ほぼ無症状とのこと。

ゆえに、猫の様子、見た目で判断することが出来ない場合が多いので、猫から人にうつる人獣共通感染症という観点では常日頃から注意する必要があります。

猫の尿や糞からの感染ルート予防方法

猫トイレや嘔吐物の掃除をした後は、必ず洗剤で手を洗うようにしてください。

間違ってもそのままの手で食品、食器などを扱わないように。

まぁ、自分がトレイした後と同じですね。

猫砂などを吸ってしまった感がある場合には、口をゆすいだり、うがいを心がけましょう。

猫はトイレの後などにお尻を舐めたりしますので、こちらも猫とちゅー(キス)するのは控えた方が良いですね。

また、妊婦さんがトキソプラズマに感染してしまうと、お腹の胎児にまで影響が及び、流産、死産、胎児の脳や眼に障害が生じてしまう可能性が出て来てしまいます。

妊娠中の方は、なるべく猫と過剰な触れ合いは控え、トイレ掃除など猫のお世話は他の人にお願いしてやってもらうようにしましょう。

野良猫との接触には注意

人獣共通感染症/モコ

猫を飼っている人であれば基本中の基本とも言えることですが、それでもやはり猫が好きなだけについつい接触してしまう場合もあるでしょう。

俺も人のことは言えないですハイ。

ですが、野良猫(外猫)の方が室内飼いの猫よりも、病気を持っている可能性が確実に高いです。

接触する際には、必ず人獣感染症のことは頭に入れておくようにしてください。

接触した場合には、必ず洗剤での手洗いを行いましょう。引っ掻かれたり噛まれて傷を負ったなら消毒、傷が酷い場合には病院で診て貰うように。

野良猫や捨て猫を保護する場合にも注意するのはもちろんのこと、人獣共通感染症でなくても何かしらの病気を持っている場合がありますので、必ずはじめに動物病院で検査してもらってください。

また、猫を飼ってはいるけど、外にも出掛けさせているという場合も、人獣共通感染症も含め様々な病気へのリスクがあることは、心にとめておいてくださいね。

なるべくなら猫を飼う場合には、室内飼いを徹底した方が良いと思います。

【猫の室内飼い】室内飼いはかわいそう?ストレス?ケージ飼いはあり?
猫を閉じ込めるのはストレス過多となり、かわいそうだと思うかもしれませんが、猫を飼う場合には「完全室内飼い」が推奨されています。「室内飼い」と「外飼い」の平均寿命、外飼いの危険性、室内飼いのメリット、室内におけるケージ飼いについて書いてみます。

人獣共通感染症まとめ

猫から人へ感染する病気/モコミミ

猫から人にうつってしまう病気について調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?

完全室内飼いでも、ワクチンしていても、予防にはならない人獣共通感染症。

ですが、そんなに難しく考える必要はありません。

猫を恐れるなんてもってのほか。

猫でも犬でも人間よりは不衛生だったりするので、口や爪には必ず菌が存在していると思えばいいだけのことです。

そしたら自然と手洗いしたり、噛まれたり引っ掻かれたりしたら水で洗うでしょうし、ちゅー(キス)は控えようって思いますからね。

また、感染症は免疫力の低下が原因となって発病または感染しやすくもなりますので、飼い主さんも猫も健康状態には気をつけて、免疫力を維持するように心がけましょう。

【猫の免疫力】猫風邪や癌を撃退!猫の免疫力を高める3つの方法!
免疫力は、猫を猫風邪など感染症から癌まで様々な病気から守る。免疫力アップは猫に長生きしてもらうには必須。その免疫力が弱いとどうなるのか、その原因は何なのか、免疫力を上げるにはどうすれば良いのかなど、猫の免疫力を高める方法を書いています。

ただ、妊婦さん(胎児)に大きな影響を及ぼす人獣共通感染症(トキソプラズマ症)もありますので、妊婦さんの場合には猫との過剰な接触を避けると共に、猫のお世話も他の方が行うようにするようにしましょう。

また、小さなお子さんがいる場合にも、手を洗ったりするのをサボりがちなので、しっかりと教えてあげてくださいね。


ちなみに、俺は子供の頃から長年猫と一緒に暮らしていますが、一度も猫からうつるような病気に感染したことはありません。

噛まれたり、引っ掻かれたり、散々やられていますが、ここで書いた予防方法なんかは、自然とやっていましたしね。


人獣共通感染症は、ちょっとしたことで予防が出来ますので、野良猫(または外を出歩く猫)には少々注意が必要ですが、室内飼いであれば猫を過剰に怖がる必要はありません。

ほんの少しだけ衛生面に注意して、愛猫との生活を楽しんでくださいね。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする