【猫の尿路結石】ストルバイト尿石とシュウ酸カルシウム結石の違い、原因や予防法とは?

猫の尿路結石/モコ

キャットフードなどでも下部尿路対策がなされているモノも多いので、ご存知の方も多いかと思いますし、またこの下部尿路ケアを重視する方も多いのではないでしょうか?

人間同様に猫の尿路結石とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道の中に数ミリから数センチの石のようなもの結晶、結石が出来て膀胱や尿道を傷つけたり詰まったりし、そのため排尿する際に激痛をともなう病気。

そのままにしておくと腎不全や尿毒症などに発展し、最悪は死に繋がるおそれのある怖い病気なのです。

また、猫は尿路結石になると、必ずそれに伴う兆候が見られ、サインを出します。

このサインにいちはやく気付きケアしてあげることが大切となります。

ここでは、そんな猫のサインも含め、猫の下部尿路に関して尿路結石となってしまう原因や種類、予防方法などアレコレ調べてみました。

あと、猫の泌尿器系でかかりやすい病気には、尿路結石の他に膀胱炎なんかもあります。膀胱炎についてはこちらの記事に書いていますので、よろしければあわせてお読みくださいね。

【猫の膀胱炎】原因と予防方法、繰り返す膀胱炎にはストレス対策?
【猫の膀胱炎】原因と予防方法、繰り返す膀胱炎にはストレス対策?
こんにちは!レウです。 突然ですが、 猫がおしっこする時に鳴いていたりする事ってありませんか? 猫のおしっこの色がいつもと違うと感じたことはありませんか? おしっこの量がいつもより少ないだとか、そもそもしてな...

尿路結石になる原因

猫の尿路結石/ミミ

尿路結石は主に、日々の食事、水を飲まない、トイレなどが汚れ排尿を我慢してしまう、ストレス・・・などといったことが原因で起こり得る病気です。

日々の食事においては、尿の中にはマグネシウム、カルシウム、リンなどといったミネラル成分が含まれており、主にその3種のミネラルバランスが崩れてしまった時や、尿pH値が酸性やアルカリ性へと傾いてしまった際に結石が出来やすくなります。


給水の面では、腎臓病の原因とも同じなのですが、猫はもともと砂漠の生き物であり、あまり水を飲まない傾向にあります。

そのため水分を有効に活用するため猫が濃度の濃い尿を排泄することも原因の一つと言われています。


そういったことからも、猫の尿路結石とは、人間同様にいかに日々の食事、生活習慣が重要なのかが解るかと思います。

尿路結石になりやすい猫とは?

猫の尿路結石/モコ

あくまでも尿路結石に“なりやすい”ということですので、絶対ではないのはもちろんのこと、これら以外の猫がかからないというわけではありませんので、そこは間違えないようにお願いします。

オス猫

尿路結石はオスとメスどちらの猫にも発症する病気ではあるものの、メスよりはオスの方がなりやすいとされています。

オスの尿道は細長い上に曲がっている部分があり、先も細くなっているので、結石が詰まりやすく重傷になりやすいのです。

逆にメスの場合は結石が出来ても重傷化しづらい。

肥満

肥満気味の猫は、運動量が低下してくる上に、トイレに行く回数が減ると言われているので、尿路結石になりやすいといわれています。

3~5歳の猫

最も元気で活発な時期の猫で、食事の量が多く、体内も活発であることから、尿路結石になりやすいとのこと。

長毛種・特定に猫種

短毛種よりも長毛種の方が、はるかに尿路結石の発病率が高いとのこと。

原因は不明ながら、一説によると短毛種よりも水を飲まないそうですが・・・。

また長毛種ではありませんが、スコティッシュフォールド、アメリカンショートヘア、ヒマラヤンなどの純血種に尿路結石になりやすいという統計のデータ結果が出ています。

遺伝や体質、尿路結石経験有り

親猫が尿路結石になっていた場合は、その子供も尿路結石になりやすいとされています。

体質的にも尿路結石になりやすい猫もいるそうですが、それ以外でも一度尿路結石が発症してしまったら、完治してもその後また再発する可能性が高いと言われています。

尿路結石による症状(サイン)

猫の尿路結石/ミミ

猫が尿路結石になっている可能性、症状、猫からのサインです。

冒頭にも書きましたように、尿路結石にかかりそのまま放っておくと重傷化すると、数日で命を落とす場合もあります。

これらの猫の出すサインに気付いてあげることが重要なのです。

  • トイレの回数が異常に増えた
  • トイレでうずくまっている
  • トイレにいる時間が長い
  • トイレ以外の場所で粗相する
  • 排尿時に痛がって鳴く
  • 頻繁にトイレに行くのにおしっこが少ししか出ない
  • 猫砂やシートに結石が排出されキラキラしている
  • 尿の色がおかしい、赤、オレンジ、茶色など血尿が出ている
  • 落ち着きがなくなる
  • お腹や足を触ると痛がって嫌がる
  • 何かを訴えるように鳴く事が多くなる
  • 尿が出なくなる(2日以上出ないのは危険、緊急サイン)

尿路結石、つまり尿道に結石が詰まってしまうと、思うように尿が出なくなる尿道閉塞になり、2日以上・・・いや、24時間以上尿が出ない状態が続くと尿毒症となって、命の危険にさらされることとなってしまいます。

主にトイレ内で何かの異変が起こります。

これら症状(猫のサイン)を感じたら、すぐに動物病院へ連れて行き診てもらって下さいね。

猫の尿路結石の主な種類

猫の尿路結石/モコ

猫がなってしまう尿路結石には、知っておくべき代表的な2種類があります。

ストルバイト尿石

猫のかかる尿路結石の中で最も多く中でも成猫に多い。

マグネシウムの過剰摂取、水分摂取量の減少、尿がアルカリ性に偏ると発症します。

初期の段階であれば、食事(キャットフード)の見直し、療法食や薬によって少しずつ結晶を溶かすことが出来ます。

シュウ酸カルシウム結石

高齢猫に多く、マグネシウムの摂取制限、カルシウムの過剰摂取、ナトリウムの過剰摂取、ビタミンB6不足、尿が酸性に偏ると発症する。

こちらは一度なってしまうと食事療法ではままならず、手術によって結石を取り出さなくてはいけなくなります。

これは人間の業と言いますか・・・猫の尿路結石はもともとそれほど多い病気ではありませんでした。

ところがキャットフードを与えることで、まずストルバイト尿石にかかる猫が増えてしまい、そうすることでキャットフードメーカーがこぞって下部尿路対策に乗り出したわけです。

すると今度は、それまで猫にはほとんど無かったシュウ酸カルシウム結石が増えて来てしまったのです。


皆さんマグネシウム量って気になりますよね?

確かにストルバイト尿石にはマグネシウム制限は有効な手段ではあるのですが、実はそうすることで高齢になった時にシュウ酸カルシウム結石になってしまう可能性が増えてしまうわけです。

つまりマグネシウムもカルシウムもリンも猫にとっては必要なミネラルであり栄養素、そのそれぞれの数値が低ければ良いというのは間違いで、あくまでもバランスが重要ということなのです。

尿路結石になってしまった場合の治療方法

猫の尿路結石/ミミ

初期段階で軽度な場合は、療法食や薬によって結石を溶かす処置を取ります。

点滴で体に水分を入れ、尿の量を一時的に増やして流す治療なんかも。

腎臓や膀胱び大きな結石がある場合には、手術にて取り出すことになります。

結石が尿道に詰まり尿が出にくくなっている場合は、尿道口からカテーテルを挿入して注射器で尿を排出、尿道を洗浄し、詰まっているものを流し出します。

詰まっている結石がうまく取れない場合、オス猫で再発をくり返している場合には、生殖器を整形し尿道を短くするような手術を行うこともあるそうです。

尿路結石は予防が大事

猫の尿路結石/モコミミ

再発も多い尿路結石においては予防することがとても重要で、普段の生活の中で見直すべきところを見直せば、尿路結石に陥る確率は格段に減らせます

上記しました原因の部分とも重なって来ますが、原因となる部分を一つ一つ潰していきましょうね。

日々の食事(キャットフード)の見直し

尿路結石はマグネシウム、カルシウム、リンといったミネラルのバランスが崩れることで発症してしまいます。

ストルバイト尿石にはマグネシウム過剰摂取、シュウ酸カルシウム結石は主にカルシウムの過剰摂取により起こるとされていますが、先にも書きましたように、マグネシウム量を制限し過ぎることで、シュウ酸カルシウム結石になりやすくもなってしまいます。

大事なので何度も言いますが、マグネシウム、カルシウム、リンといったミネラルは猫にとって非常に重要な栄養素でもありますので、その数値が低ければそれで良いというわけではありません

それらが不足し過ぎると良く無いですからね。

何よりもそのバランスが重要なのです。


では、「その比率はどうなんだい!」ってことなのですが、マグネシウム:カルシウム:リンのバランスは0.1:1.2:1が良いとされています。

まぁそこまでガッチリといくものは無いと思いますので、その割合に近いキャットフードを選ぶと良いかと思いますよ。


また、尿内の酸やアルカリの度合いを表す尿pH値が重要で、成猫に多いストルバイトはpH値が6.6以上で結晶化しやすく、高齢猫に多いシュウ酸カルシウムはpH値が6.0以下で結晶化しやすいとされ、成猫と高齢猫では適切な値が違って来ます

適切な尿pH値は6.3とされていますので、キャットフードの成分表記などに尿pH値に関する項目がある場合にはしっかりと確認しておきましょう。


猫の病気・症状・状態別に適した栄養素の解説と、厳選した物の中から尿路結石の予防に適したキャットフードを選んでみましたので、参考にしていただければと思います。

猫の症状別(尿結石・肥満・腎臓・目やに・嘔吐・便秘・下痢)栄養素とキャットフード
猫の症状別(尿結石・肥満・腎臓・目やに・嘔吐・便秘・下痢)栄養素とキャットフード
尿結石・肥満・腎臓・目やに・嘔吐・便秘・下痢など猫の病気や症状そして状態別に、日々の食事において注意すべきことや、どのような栄養素が必要とされるのか、またはどんなキャットフードが適しているのかを数値や特徴を鑑みて各3種ずつ選んでみました。

水分を取らせる工夫をする

猫はもともと水をあまり飲まない動物ですが、そのことが原因で尿路結石へと繋がるおそれがあります。

水分の摂取量を増やすことで、尿を薄め、排尿の回数を増やしてやることが出来ます。

容器に水がまだ残っているからいいや・・・ではなく、一日に水は何度も入れ替えて新鮮な水を与えるようにしましょう

うちのモコミミも水を入れ替えてやるとすぐに飲みはじめます。

っていうか、入れ替えろとうるさいぐらいですww


あとは、ぬるま湯にしてみるのも良いです。

冬場は鬼のように水が冷たいですし、そうすることで飲んでくれる場合も。


なかなか飲んでくれない猫の場合には、ウェットフードを与えるのも手ですね。

ただし、ウェットフードはドライフードに比べて常食としては栄養素が足りていませんので、交互に与えるとか混ぜて与えてやる方が良いかと思います。


これは、うちで気を付けていることの一つですが、容器を洗う際に洗剤の匂いが残らないように徹底して洗ってやることも大切かと。

洗剤の刺激的な匂いが嫌だって猫もいるかと思います。

うちの場合はてんかん持ちのモコに刺激を与えないようにって話なのですが。


ちなみに人間が飲むミネラルウォーターはNGですよ!

人間用のモノは基本的に与えてはいけませんし、硬度の高いミネラルウォーターにはミネラル(カルシウムやマグネシウム)が豊富に含まれているので、逆に尿路結石になるリスクが増えてしまいます。

もし与えるのであればペット用の水にしましょう。

猫の水分補給はとても大事!水道水は大丈夫?猫に水を飲ませる方法とは?
猫の水分補給はとても大事!水道水は大丈夫?猫に水を飲ませる方法とは?
こんにちは!レウです。 うちの愛猫モコは、新鮮な水しか飲まない子・・・3時間ぐらいで取り替えてあげないと、「うなーうなー」訴えて来ます。 それに気付かないと、台所の洗い物に溜まった水を飲もうとする(←水入れ替えろアピール...

トイレを清潔に保つ

ご存知のように猫は潔癖症レベルに綺麗好きです。

トイレが汚れているとそこでおしっこやうんちょすをしなくなり、我慢してしまうかトイレ以外の場所で粗相してしまいます。

もはや尿路結石云々以前の問題ですし、我慢すれば膀胱炎にもなりかねません。

下記ストレスにも繋がります。

猫砂の交換やトイレ自体を定期的に洗浄してあげましょう。

また猫一匹に対してトイレ一つが理想とされていますので、多頭飼いの方は考えてあげてみてください。

と言いつつ、うちは二匹いるけど場所の問題で一応大きめなトイレにしていますが一つしか設置していませんorz・・・考慮しなきゃなぁ。

ストレスを溜めさせない

モコも一時期ストレスによる薄毛で大変でした。

【猫のストレス】モコの過度なグルーミングによる薄毛(ハゲ)に悩まされた日々・・・
【猫のストレス】モコの過度なグルーミングによる薄毛(ハゲ)に悩まされた日々・・・
猫のストレスによる薄毛(ハゲ)、モコも過剰なグルーミングにより毛を噛みちぎってお腹や両手足が薄毛になった頃がありました。当時のことを振り返りながら猫の薄毛(ハゲ)について調べてみました。

・・・そう猫にもストレスがあるのです。

モコの場合は薄毛、過剰なグルーミングとなりましたが、ストレスが溜まると猫は動きたくない!といった状態になる傾向にあり、尿意が生じたとしても我慢してしまいトイレに行こうとしなくなるのです。

神経質な猫のストレスには、引っ越し、模様替え、スキンシップ不足、トイレが汚い、他の猫と相性が悪い等々様々な要因がありますが、ストレス解消には何気に普段のスキンシップで解消されるものです。

忙しいからかまってやれない・・・それは言い訳でしかありません。

ほんの少し名前を呼んであげて撫でてあげる時間ぐらいあるハズです。

それだけでも猫は安心して随分違って来るものですよ。

俺もモコの件で反省しています・・・。

猫の尿路結石まとめ

猫の尿路結石/モコミミ

猫の尿路結石に関して調べて書き綴ってみました。

尿路結石は現代猫にとって非常にかかりやすい病気と言っても過言ではありません。

その上発見が遅れ重傷化すると命を落としてしまう可能性のある病気です。

もしも愛猫がトイレで普段とは違う行動を取っていたり、何かがおかしいと感じたのならば、それは猫が我々飼い主に対して出しているサインだと思って、迷わず動物病院に連れて行ってあげてください。

そして、全てでは無いとは言え、その原因のほとんどが普段の食生活などの生活習慣から来ているのだと言うことが解りました。

ちょっとした工夫で防げる病気でもありますので、もしも猫との生活の中で悪影響を及ぼしそうな事がありましたら、愛猫のために再考してあげてくださいね。


猫の様子がちょっとおかしいとは言え、遠い病院まで連れて行くのが困難だったり、または猫が病気にかかると通院、入院、はたまた手術となり、費用が高額になるおそれもあって、病院へ連れて行くのを躊躇う場合もあるかと思います。

病気は早期発見、早期治療が最も効果的です。

猫を病院まで連れて行く手助けとなもる強度も十分な4WAYリュック型ペットキャリーや、備えとして病気になった時の助けになる猫の保険についても記事にしていますので、そういったお悩みのある方は、参考までにご覧下さいね。

猫との避難に適しゲージにもなるおしゃれなリュック型ペットキャリー「GRAMP」
猫との避難に適しゲージにもなるおしゃれなリュック型ペットキャリー「GRAMP」
お役立ち猫用品をご紹介する猫グッズ。今回は一目惚れしてしまったペットキャリーをご紹介。災害時を想定して丈夫で多機能、おしゃれな上に4WAY(手提げ、ショルダー、リュックサック、前向き抱っこが可能)、これさえあれば通院時も避難時も問題無し!
猫のペット保険“おすすめ”は危険!保険の必要性、加入条件など注意点、比較方法と選び方
猫のペット保険“おすすめ”は危険!保険の必要性、加入条件など注意点、比較方法と選び方
猫の病気や怪我、長期化や手術が必要になることもあり治療費が高額になってしまうことも。そんな時に救いとなる保険の必要性、保険選びの注意点、比較方法など。ちなみにおすすめやランキング、比較はしていません。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ 

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

フォローする